FishMasterのロゴ

mokimoki

ダイワのジギングロッドを徹底解説!おすすめもご紹介します!

力強い青物とのファイトが魅力のジギング。今回は大手釣り具メーカーのダイワから販売されているジギングロッドについて徹底解説します。超有名メーカーだからこそなし得る安定の品質。ダイワのジギングロッドで腕にさらなる磨きをかけましょう。

当サイトおすすめ!
★ ジギングロッド人気ランキング ★

メジャークラフト スピニング ソルパラ ライトジギング SPJ-S60LJ

Amazonで詳細を見る

シマノ スピニング グラップラー BB ジギング S632

Amazonで詳細を見る

アブガルシア ベイト オーシャンフィールド OFLJC-62/120

Amazonで詳細を見る

ダイワのジギングロッドの特徴

記事626の画像39156

出典:foter.com

ダイワのロッドの特徴は、釣り方に合わせた特化性能を極める点にあります。
今回ご紹介するジギングロッドに関しては、遠投性、しゃくりやすさ、そして本体の軽さに特化したロッドばかりです。ダイワのロッド開発は妥協なく、何度も社内テストを繰り返して求める数値を超えた後、現場に出て使用感を確かめる。この繰り返しで開発されます。

こうしてダイワは独自のテクノロジーでX-45や高密度VHFカーボンを開発しました。これによりロッド変形を防ぎ、パワー・操作性・感度の大幅な向上を実現します。メーカーの顔であるロッドは販売価格に関係なく一切の妥協がありません。

ジギングロッドの選び方

記事626の画像39155

出典:foter.com

ジギングは大きく分けて、おかっぱりから行うショアジギングと、船から行うオフショアジギングの2種類に分かれます。
ジギングロッドの選び方としては、自分がメインとするフィールドに合わせて選びましょう。
おかっぱりから釣りをすることが多ければショアジギングのロッド。船からであればオフショアジギングのロッドとなります。

ダイワのおすすめのジギングロッドを紹介

記事626の画像39153

出典:foter.com

以下ではダイワのおすすめのジギングロッドを紹介します。
ジギングはおかっぱりから使うショアジギングと、船から使うオフショアジギングに分かれるので、こちらの2種類のロッドを分けてご紹介します。

ダイワおすすめのショアジギングロッド

記事626の画像39154

出典:foter.com

ダイワのおすすめのショアジギングロッドをランク順に紹介します。
ダイワのショアジギングロッドは、シリーズの中でも長さや対応グラム別に細分化して展開しています。
今回はシリーズの中でも1番ベーシックなモデルを中心に紹介していきます。

ダイワ ワインドX83M

ダイワ ワインドX 83M

全長(m):2.51
継数(本):2
仕舞(cm):131
自重(g):135
先径/元径(mm):1.8/11.7
ルアー重量:7~21g、1/4~3/4oz
適合ライン ナイロン(lb):8-16

Amazonで詳細を見る

「ワインドX83M」はダイワから販売されているワインド釣法専用ロッドです。
ワインド釣法とは、先の尖ったシグヘッドとワームを組み合わせて、しゃくりながらルアーをダートアクションさせる釣り方です。
ロッドを常に上下に振り続けて青物を狙うので、軽さと適度なパワーが必要です。ワインドXはワインド釣法に特化したロッドで、太刀魚やサゴシをメインターゲットに設定しています。
ワインド釣法以外にも、20グラムまでのメタルジグを投げられるので、ライトショアジギングを始めたいと思っている人におすすめのジギングロッドです。
「ワインドX83M」は8.3フィートと8.6フィートのモデルがありますが、釣りに行く防波堤の高さに合わせて選んでください。
8.3フィートでも十分な長さなので、初心者は取り回しのしやすい8.3フィートのモデルが良いでしょう。
ライトショアジギング入門者におすすめの1本です。

ダイワ ジグキャスター 90MH・N

ダイワ ジグキャスター 90MH・N

全長(m):2.74
継数(本):2
仕舞(cm):142
自重(g):225
対応ルアー重量(g):15~65
対応ジグ重量(g):20~80
適合ライン PE(号):1.5~3

Amazonで詳細を見る

「ジグキャスター」はダイワから販売されているショアジギングロッドです。
ジグキャスターシリーズは小・中型青物狙いのライトショアジギングから、重量級ジグで遥か遠くのポイントを狙い撃つスタンダードなショアジギングまで幅広いラインナップで展開しています。
中でも「ジグキャスター90MH・N」は取り回しとしゃくりやすさ、5キロ級の青物に負けないパワーのバランスが良いロッドです。
おかっぱりから大型の青物を狙うショアジギングの入門に特におすすめのロッドです。

ダイワ ジグキャスターMX 96MH

ダイワロッドジグキャスターMX96MH

標準全長:2.90m
継数:2本
仕舞:150cm
標準自重:260g
先径:2.2mm
元径:14.4mm
ルアー重量:25-90g

Amazonで詳細を見る

「ジグキャスターMX96MH」はダイワから販売されているショアジギングロッドです。
上記の入門用で紹介したジグキャスターシリーズの上位互換モデルで、ショアジギングベテランでも納得できる完成度を誇ります。
ダイワ独自のテクノロジー”X-45”と”HVFカーボン”を搭載し、更なる高みを目指したモデルです。
「ジグキャスターMX96MH」はショアジギングにおけるスタンダードとも言える長さと硬さを兼ね備えたモデルで、90グラムまでのメタルジグを1日中投げ続けても疲れないような設計になっています。細身ながらも10キロクラスの青物ともファイトできるパワーがあるので、ショアジギングに必要な要素を高いレベルで再現しています。
入門用ロッドに物足りなくなった人が更なるランクアップを目指して購入するのが良いですね。

ダイワ ショアスパルタンスタンダード 96H

ダイワ ショアスパルタン スタンダード 96H

全長(m):2.89
仕舞(cm):149
継数(本):2
自重(g):275
ルアー重量 プラグ(g):20-80
ルアー重量 ジグ(g):30-100
適合ライン PE(号):3-5

Amazonで詳細を見る

「ショアスパルタンスタンダード」はダイワから販売されているショアジギングロッドです。
ショアスパルタンシリーズはより本格的なショアジギングのために開発されたシリーズで、繊細なルアーコントロールに特に力を入れています。
紹介している「ショアスパルタンスタンダード96H」は、5キロクラスの青物を狙うのに最適なパワー設定です。
ある程度ショアジギングの経験がある人におすすめのロッドです。

ダイワ ショアスパルタンBT 100HH

ダイワ ショアスパルタンBT 100HH

標準全長(m): 3.05
継数(本): 2
仕舞(cm): 157
標準自重(g): 396
キャスト重量(g): 30-90
ジグ重量(g): 40-120
適合ライン PE(号): 2-4

Amazonで詳細を見る

「ダイワ ショアスパルタンBT」はダイワから販売されているショアジギングロッドです。
ロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造の”X45”
合わせ部のひずみ・突っ張り・パワーロスを極限まで解消し、ワンピースロッドに最も近い性能を発揮させる”V-ジョイントα”
贅肉とも言えるレジンの量を減らして代わりにカーボン繊維の密度を高めた”HVFナノプラス”
これら独自のテクノロジーを全て搭載し、見た目からは想像できない粘強さ・シャープな振り心地を有します。大型青物すらも余裕のバットパワーでリフトが可能で、まさにショアゲームを完全制覇するにふさわしい戦闘力を秘めたロッドです。

紹介しているのはショアスパルタンシリーズの中でもベーシックな100HHです。
プラグは30~90、ジグは40~120グラムまで対応しています。

ダイワおすすめのオフショアジギングロッド

記事626の画像39157

出典:foter.com

ダイワのおすすめのオフショアジギングロッドをランク順に紹介します。
ダイワのオフショアジギングロッドもショアジギングロッドと同様に、シリーズの中で長さや対応グラム別に細分化して展開しています。
今回はシリーズの中でも1番ベーシックなモデルを中心に紹介していきます。

ダイワ ヴァデル J60MHS・Y

ダイワ ヴァデル J60MHS・Y

標準全長(m): 1.83
継数(本): 2
仕舞(cm): 131
標準自重(g): 225
適合ルアー重量(g): 90-210
適合ライン PE(号): 3-4

Amazonで詳細を見る

「ヴァデル」はダイワから販売されているオフショアジギングロッドです。
ヴァデルシリーズはダイワがオフショアジギングを始めてみたい入門者向けに設計したロッドです。
その設計思想はダイワのオフショアトップブランドであるソルティガを受け継いでおり、ジギングロッドに求められる要素を余すことなく取り込んでいます。
ヴァデルシリーズは全長、対応ルアー重量に応じて複数モデル展開していますが、おすすめは紹介している「ヴァデルJ60MHS・Y」です。
ルアー重量が90‐210グラムまで対応しているので、10㎏クラスのブリ、ヒラマサを確実に吊り上げられるパワーを持っています。

ダイワ ヴァデル J60MB・Y

ダイワ ヴァデル J60MB・Y

標準全長(m): 1.83
継数(本): 2
仕舞(cm): 126
標準自重(g): 245
適合ルアー重量(g): 70-180
適合ライン PE(号): 2.5-4

Amazonで詳細を見る

「ヴァデル」はダイワから販売されているオフショアジギングロッドです。
上記で紹介した「ヴァデルJ60MHS・Y」の同シリーズで、より強いパワーを持つベイトモデルのロッドです。
対応ルアー重量は70‐180グラムでブリやヒラマサをメインターゲットにしています。
「ヴァデル60MHS・Y」は、180gクラスのジグで水深100m前後までを狙うジギングで最もオールマイティに使用できる定番ベイトモデルです。
全体的にしなやかなブランクに設定しており、ジャーク時はジグの暴れすぎを適度に抑え自然なアクションを出すことができます。

ダイワ ブラスト J62MS

ダイワ ブラスト J62MS・V

全長(m):1.88
継数(本):2
ジグ・ルアー重量 ジギング(g):70~180
ラインPE(号):2.5~4号
付属品:竿袋
高密度HVFカーボン/ブレーディングX

Amazonで詳細を見る

「ブラストJ62MS」はダイワから販売されているオフショアジギングロッドです。
ブラストシリーズはダイワの中級者向けたオフショアジギングロッドで、”高密度HVFカーボン”や”ブレーディングX”といったダイワ独自のテクノロジーを採用しています。
180gまでのジグで水深100m前後までを狙う近海ジギングにおいてアングラーの体力的な負担を抑えつつ、強力なリフト力を再現しています。
紹介している「ブラストJ62MS」はブラストシリーズの中でも最もベーシックな1本でオールマイティに使えるモデルです。耐久ルアー重量は70~180グラムです。

ダイワ キャタリナ J62MS

ダイワ キャタリナ J62MS・E

ロッド(釣り竿)タイプ:ジギングロッド スピニング
使用可能な釣り方:ジギング ライトジギング
全長(m):1.88
継数(本):1
仕舞(cm):188
自重(g):200

Amazonで詳細を見る

「キャタリナJ62MS」はダイワから販売されているオフショアジギングロッドです。
ダイワ最高峰のジギングロッドであるソルティガシリーズ譲りのタフさ&パワーを備えた実釣第一主義のオフショアロッドシリーズです。
とにかく実釣主義、つまり釣果優先で設計されているので、無駄な装飾や必要のない機能を排除したシンプルな設計になっています。
キャタリナシリーズの特筆すべき点は、どんなアングラーでも満足するような細やかな専用設計がされたシリーズ展開です。
テクニカルモデル、スタンダードモデル、パワーモデル、スピニングモデル、ベイトモデル、キャスティングモデルこれら全てに対応して計13種類展開しています。
キャタリナを使うレベルになると上級クラスといっても過言ではないので、それぞれのアングラーがロッドに求める性能がはっきりしてきます。キャタリナシリーズはどんなアングラーにも対応できるような専用設計したロッドを複数展開しているので、必ず自分が求める1本に出会えるでしょう。
紹介しているのはキャタリナシリーズでも1番ベーシックな、近海スタンダードスピニングロッドのJ62MSです。

ダイワ ソルティガR J60S-3HI

ダイワ ソルティガR J60S-3HI

全長(m):1.83
継数(本):1
仕舞(cm):183
自重(g):145
ジグ・ルアー重量(g):ジギング MAX 210
対応ライン PE(号):MAX 3

Amazonで詳細を見る

「ソルティガR」はダイワから販売されているオフショアジギングロッドです。
ソルティガシリーズ最大の特徴は、驚くほど細くて強いことです。カーボン加工技術において他の追随を許さないダイワならではの新テクノロジー「HVFナノプラス」で、従来のソルティガのイメージはおろかオフショアロッドの既成概念をも覆す、細身軽量でありながら圧倒的なバットパワーを備えたロッドとなっています。

紹介しているのは「ソルティガR J60S-3HI」で、ショートレングスかつ高弾性素材によるハイレスポンスモデルです。
200g前後までのジグで行う丹後ジャークを始め、様々なコンビネーションジャークを軽快にこなすことができます。

ダイワ ソルティガ エビング 62HS

ダイワ ソルティガ エビング 62HS

全長(m):1.88
継数(本):1
仕舞(cm):188
自重(g):203
先径/元径(mm):2.7/9.9
ルアー重量(g):ジギング 110-250
適合ライン PE(号):4-5

Amazonで詳細を見る

「ソルティガエビング 62HS」はダイワから販売されているエビング専用ロッドです。
エビングとは近年確立された手法で、200グラム以上のジグとワームを組み合わせたジギングの一種です。
オフショアからコマセで青物を狙うエサ釣りとオマツリしないで釣果を上げるために編み出され、エサ釣り船でもルアーマンが同船できるようになりました。
ソルティガの高いスペックをエビング専用にチューンしたのが紹介している62HSです。他にもロングタイプの74HSがあり、こちらは足場の高い船や不意に湧いたナブラにキャスティングで対応できる性能です。
「ソルティガエビング62HS」はエサ釣り船に同船したいルアーマンにおすすめの釣法&ロッドです。

ダイワのジギングロッドまとめ

ダイワのジギングロッドについてまとめました。
入門者向けの低価格ロッドでも高いクオリティなので、ジギングに必要な要素は全て兼ね備えています。
しかし更に高いレベルを求めるなら、ダイワ独自のテクノロジーを搭載した中級、上級モデルを使ってみましょう。簡単に購入できるような安い金額ではありませんが、金額以上の性能がそこにはあります。
ダイワは特にアングラーの細かい要望に応えるように、同シリーズでも形状に合わせて複数展開しています。必ずあなたの求める1本が見つかることでしょう。

当サイトおすすめ!
★ ジギングロッド人気ランキング ★

メジャークラフト スピニング ソルパラ ライトジギング SPJ-S60LJ

Amazonで詳細を見る

シマノ スピニング グラップラー BB ジギング S632

Amazonで詳細を見る

アブガルシア ベイト オーシャンフィールド OFLJC-62/120

Amazonで詳細を見る

関連記事