FishMasterのロゴ

TANAKA

フロロ、ナイロン?結束は?PEラインのショックリーダー完全ガイド

ソルトルアーはもちろん、バスやトラウトでも定番となっているPEライン。使用する際はそれぞれの対象魚やフィールドにあったショックリーダーを必ず結束する必要があります。今回はそんなPEラインのショックリーダーについて完全解説していきます。

当サイトおすすめ!
★ ライン人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) PEライン UVFメガセンサー 8ブレイド+Si 150m 1号 マルチカラー

Amazonで詳細を見る

シマノ(SHIMANO) PEライン ピットブル 4本編み 200m PL-M54R

Amazonで詳細を見る

モーリス(MORRIS) ナイロンライン ノガレス デッドオアアライブ ストロング 150m 16lb ストロンググレー

Amazonで詳細を見る

そもそもショックリーダーって何?

出典:photoAC

PEラインはソルトゲームを中心に人気を集めているポリエチレンでできたラインです。
他の素材のラインに比べると細く、感度も高いことから、近年はさまざまなルアーフィッシングでも使用されています。
PEラインは他の素材に比べて根ズレに弱いため、使用する際は必ずメインラインの先端にショックリーダーと呼ばれるラインを結束する必要があります。
ショックリーダーは素材はもちろん、太さや長さ、結束方法などがそれぞれの釣りによって大きく異なるため使用する際は必ず対象魚や自分のスタイルに合わせて適切なリーダーを選ぶことが大切です。

PEラインにおけるショックリーダーの役割とは?

出典:photoAC

ここではPEラインを使用する上で大切なショックリーダーの役割について詳しくみていきます。
はじめてPEラインを使う方はもちろん、これまでなんとなくショックリーダーを結束していた方もぜひその役割をしっかりと理解してくださいね。

傷に弱いPEラインを守る!

PEラインは他の素材のラインに比べて、スレや傷に弱く、ストラクチャーによる根ズレはもちろん、魚の歯やヒレなどによる傷でも簡単に切れてしまいます。
そのためメインラインとなるPEラインを極力ダメージに晒さないために、先端にショックリーダーを結束する必要があるのです。
これは船釣り、陸釣り問わず、重要なショックリーダーの役割とされており、どんな魚をターゲットにした場合でも大切なポイントです。

PEラインの衝撃を和らげる!

PEラインはさまざまな素材の中でも伸びにくいラインとして知られており、引っ張った際の強度が非常に強く、抜群の感度を生む要因にもなっています。
この伸びにくさは、PEラインの武器でもありますが、フッキングした際の合わせ切れ、魚が急に走った際にラインに負担がかかって、ブレイクするなどデメリットにもなり得る要素です。
ショックリーダーはルアーや仕掛けとメインラインの間に結束することで、不意にかかるPEラインへの負担を緩和しラインブレイクを軽減する効果もあるのです。

魚のプレッシャーを和らげる

メジャーフィールドにいる魚はルアーやラインに対しての警戒心が非常に強く、簡単に口を使ってはくれません。
特にPEラインは他のラインに比べて浸透性が少ないため魚に対してのプレッシャーは強くなってしまいがちです。
そこで水への親和性の高い素材のショックリーダーを結束することで、魚からルアーや仕掛けを見切られずらくし、釣果のアップに繋げることができるのです。

PEラインのショックリーダーにおすすめの素材は?

出典:photoAC

PEラインのショックリーダーに使われる素材はターゲットやフィールドに合わせて
ナイロン、フロロの2種類から選ばれることがほとんどです。
ここではそれぞれの素材の特徴を明確にし、どんな釣りに向いているかを見ていきます。

根ズレに強く感度も抜群!フロロカーボン

PEラインのショックリーダーとしてもっとも定番の素材フロロカーボン。
釣り用に販売されているラインの中ではもっとも硬く、摩耗に強いことからPEラインのリーダーとして抜群の人気を誇ります。
また他のラインに比べて高比重であるため、浮力のあるPEラインをしっかりと沈めることができ底をとる釣りにもおすすめ。
ジギングなどの船釣りから、バスフィッシングまでさまざまな釣りで使われていますが、硬く伸びにくい素材であるため、フッキングの際にフックが曲がってしまうなどのデメリットもあります。
またシーバスやトラウトなどの口が柔らかい魚には口切れやバラシの原因にもなるため注意が必要です。

伸びやすい特性を生かす!ナイロン

価格も安く、扱いやすいメインラインとして人気の高い素材ナイロン。
ショックリーダーとしてはフロロカーボンの陰に隠れがちですが、伸びやすい特性を生かすことで活躍するシチュエーションも多いです。
特にシーバスやトラウトなどの口が柔らかい魚に対しては、ショックリーダーが伸びることで口切れを最小限に抑えることができ、バラシのリスクを減らす効果もあります。
またフロロカーボンに比べて結束がしやすいため、リーダーの結束に慣れていない初心者の方にもおすすめ。
もちろんフロロカーボンに比べると強度に不安があるため、ストラクチャー周りでの釣りや大型の魚種をターゲットにする条件には不向きです。

PEラインとショックリーダーの結び方

出典:photoAC

PEラインとショックリーダーを結束するためにはノットと呼ばれるさまざまな結ぶ方が存在します。
ノットは釣り場で簡単に結べるものではないため、はじめて結束に挑戦する方は必ず自宅で練習することをおすすめします。
ここではそんなPEラインとショックリーダーにおすすめの結束方法とノットを簡単に組める裏技アイテムを紹介します。

抜群の強度を誇る人気のノット!FGノット

PEラインとショックリーダーを結束する際にもっとも定番とされるFGノット。
さまざまな結束方法の中でも強度の高さに定評があり、多くの釣りで使用されています。
リーダーをメインラインに編み込んで締め上げ結束しますが、初心者にはやや難しいため自宅での練習が必要です。
またFGノットを簡単に組めるノッターと呼ばれるフィッシングツールも販売されているため、結束に自信がない方はそちらもおすすめです。

第一精工ノットアシスト2.0

Size:105×57×39mm(収納時) 58×149×39mm(使用時)
Weight:50g
Material:CFRP(カーボン繊維強化プラスチック 含有率20%)

Amazonで詳細を見る

FGノットが簡単に完全に出来ます。すっぽ抜けなどの心配もありません。私は岩礁帯の釣りですので、状況により替えスプール2個が使えなくなった時用に携帯してます。持っていると安心ですね。これはもう手放せないです。この商品を考えて頂いた方に感謝です。有難うございます。

出典:https://www.amazon.co.jp/第一精工-ノットアシスト-2-0/dp/B01DEPKYE4

初心者におすすめ!電車結び

初心者にもおすすめの簡単な結束方法が電車結び。
メインラインとショックリーダーを10センチほど重ねてループを作りコブ同士をくっつけることで結束するノットです。
手軽にできるため、ナイトゲームや足場の悪いフィールドにもおすすめですが、FGノットに比べると強度が落ちるため、大型のルアーを扱う釣りや対象魚が大きい場合には不向きです。

人気魚種を完全網羅!ショックリーダーの長さと太さは?

ここではルアーフィッシングを中心に人気の魚種で使用されるショックリーダーの長さと太さを見ていきます。
それぞれのスタイルによって個人差はあるものの、どんな長さ、太さのリーダーを選べば良いかわからない方はぜひ参考にしてくださいね。

ソルトゲームの王道!シーバス

出典:photoAC

ソルトゲームで特に人気の高いシーバス。
遠投が求められるシチュエーションも多くPEラインが使用されることが多い釣りです。
メインラインで0.8号のPEを使用する場合は14lb前後がおすすめ。
ストラクチャーの少ない港内などであれば、1メートル前後の長さで問題ありません。

船釣りの定番!ライトジギング

出典:photoAC

手軽にできる船釣りとして人気の高いライトジギング。
メインラインで使用されるPEラインも2から3号前後と太めであるため使用するショックリーダーも30lb以上の太めのものがおすすめです。
リーダーの長さもオフショアの釣りと比べると長めの3から5メートル前後が定番です。

PEラインが必須!エギング

出典:photoAC

エギを遠投し、しっかりとアクションするためにPEラインを使用するエギング。
PEラインが使われることの多いソルトゲームの中でもPEラインの使用率が非常に高い釣りです。
メインラインに0.8号のPEラインを使用する場合は10lb前後のショックリーダー。
長さは1.5から2メートル前後がおすすめです。

メジャーフィールドで活躍!バス

出典:photoAC

フロロカーボンラインをメインラインとして使用する方が多いバスフィッシング。
近年は手つかずのポイントを攻められるため、琵琶湖などのメジャーフィールドを中心にスピニングタックルとPEラインのセッティングも増えてきています。
0.6号のPEラインを使用した場合は8lb前後のショックリーダーがおすすめ。
細いラインを扱う釣りであるため2メートル以上のリーダーが定番です。

湖での大型にはPE!トラウト

出典:Fishing Pro

湖などで大型のトラウトを狙う際は強度が高く遠投が可能なPEラインが人気。
0.8号のPEラインに対して10lb前後のショックリーダーがおすすめ。
長さは1メートル前後が定番です。
トラウトは非常に口が柔らかい魚であるためナイロンリーダーを使いましょう。

長めのリーダーが必須!ロックフィッシュ

出典:Fishing Pro

PEラインの遠投力を活かしたロングスピン釣法が流行中のロックフィッシュ。
ストラクチャー周りをタイトに攻め、根をかわしながらファイトすることが前提であるため長く強目のショックリーダーが定番です。
0.8号のPEラインに対して12lb以上のフロロカーボンリーダー、長さも2から3メートル前後がおすすめです。

PEラインのおすすめショックリーダー7選

PEラインのショックリーダーにおすすめのラインを厳選して紹介します。
ショックリーダーとして販売されているものはもちろん、メインラインとしても活躍するコストパフォーマンス抜群のラインも多数あるため、皆さんぜひ参考にしてください。

ヤマトヨテグス フロロショックリーダー

ヤマトヨテグス(YAMATOYO)ラインフロロショックリーダー20m4号(16LB).

カラー: CLEAR(クリア)
直径(mm):0.330
LB:16

Amazonで詳細を見る

ヤマトヨテグスから販売されているフロロカーボンショックリーダー。
20メートル巻きのコンパクトなサイズ感であるためどんな釣りでも手軽に携帯することが可能。
価格も安く、特別なこだわりを持たない方にはおすすめの定番アイテムです。

サーフがメインのため、PEラインは性能に差が出るけど、リーダーの性能差には気づかない。なのでコスパが優先。

出典:https://www.amazon.co.jp/ヤマトヨテグス-YAMATOYO-ライン-フロロショックリーダー-16LB/dp/B002NPFKG4/

シーガー プレミアムマックス ショックリーダー

クレハ(KUREHA)リーダーシーガープレミアムマックスショックリーダー30m17.5lb4号

素材:フロロカーボン
号数:4号
巻数:30m
実強力lb.:17.5
dia.mm:0.33mm
カラー:クリアー

Amazonで詳細を見る

高品質なフロロカーボンラインに定評があるシーガーのフロロカーボンショックリーダー。
30メートル巻きで1000円前後と価格はやや高めですが、強度やしなやかさなど、非常に使い勝手がよいショックリーダーとしてさまざまな釣りで愛用されています。
やや価格が高価になっても、高品質のリーダーを探している方にはおすすめです。

3年ほどずっとこのリーダーを使ってます。いい商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp/クレハ-KUREHA-プレミアムマックス-ショックリーダー30m-17-5lb/dp/B01B71UMU8/

シーガー グランドマックス ショックリーダー

クレハ(KUREHA)リーダーシーガーグランドマックスショックリーダー30m15lb3号

素材:フロロカーボン
号数:3号
巻き数:30m
実強力lb.:15
dia.mm:0.285mm
カラー:クリアー

Amazonで詳細を見る

同じくシーガーから販売されているプレミアムマックスの強度をさらに高めたフロロカーボンショックリーダー。
価格もやや高くなるものの、強度や耐摩耗性能はショックリーダーの中でもトップクラス。
バランスのよさはプレミアムマックスに劣るものの、ストラクチャーのきついエリアや大型の魚種をターゲットにするオフショアの釣りにおすすめのアイテムです。

タイラバ用に使用。
PE1号にFGノットで接続。
一日中使用し、全くへたることはなく、切れることもありませんでした。
タイは、4匹40cm平均でしたが、全く不安になることはなく、あげられました。

出典:https://www.amazon.co.jp/クレハ-KUREHA-リーダー-シーガー-グランドマックスショックリーダー30m/dp/B01B71UGHM/

バリバス ナイロンショックリーダー

モーリス(MORRIS)ショックリーダーバリバスVEPナイロン50m10号35lbナチュラル

素材:ナイロン/全長:50m/10号/35lb
ナチュラル

Amazonで詳細を見る

バリバスから販売されているナイロン製のショックリーダー。
通常のナイロンラインに比べて伸びを抑え、耐摩耗性能を追加したフロロ顔負けの強度が魅力。
シーバスなどを中心にライトジギングなどのソルトゲームにおすすめです。

遠投ジギング、船でのフルパワーでのアクション。
自分はリーダーにはこれしか使いません。

まあ結びに強い。
他のリーダーを使う気にならない。

出典:https://www.amazon.co.jp/モーリス-MORRIS-ショックリーダー-バリバス-ナチュラル/dp/B001HY9OK0/

シーガー R18 フロロリミテッド

クレハ(KUREHA)ラインシーガーR-18フロロリミテッド100m10lb

全長:100m
Test lb:10lb
最大強力:12lb
標準直径:0.260mm
参考号柄:2.5号
素材:フロロカーボン
カラー:クリア

Amazonで詳細を見る

シーガーから販売されているフロロカーボンライン。
主にバスフィッシングやロックフィッシングのメインラインとして使用されることが多いですが、R18シリーズでも抜群の強度を誇るため、ショックリーダーとしてもおすすめ。
100メートル巻きで1000円台とショックリーダーとしてのコストパフォーマンスも高いです。

R18シリーズには幾つか硬さなどの違いがあるけど、フロロリミテッドはその中でも丁度中間に位置していてとても万能。しなやかさと感度が両立されていてとてもいい。しなやかさを選ぶならフロロハンター。感度を選ぶならハード。その間がフロロリミテッド。悩んだりしたらこれを買うといいと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp/クレハ-KUREHA-シーガー-R-18フロロリミテッド-100m/dp/B003OBW4RE/

バリバス ソルトウォーターVEP

モーリス(MORRIS)ナイロンラインバリバスソルトウォーターVEP150mソルティーブルー

素材:ナイロン/全長:150m/12lb
ソルティーブルー
平行巻

Amazonで詳細を見る

バリバスから販売されているナイロンライン。
ソルトゲーム全般に使える汎用性の高いナイロンラインですが、ストラクチャーや橋脚、岩場などに強い抜群の耐摩耗性能を誇ります。
そのためコストパフォーマンスの高いナイロンショックリーダーとして、ソルトゲームにおすすめ。
特にナイロンリーダーが使われることの多いシーバスゲームなどにぴったりです。

シーガー R18 フロロリミテッドハード

クレハ(KUREHA)ラインシーガーR-18フロロリミテッドハードバス80m16lb

フロロカーボン

Amazonで詳細を見る

シーガーから販売されているR18シリーズの中でもっとも強度と耐摩耗性能に優れたハードタイプ。
バスフィッシングでのカバー打ちやフロッグゲーム用として販売されているアイテムですが、強度の高いフロロカーボンリーダーとしても使えます。
特にオフショアの釣りなどで大型の魚を狙う際にはおすすめです。
価格は80メートル巻きのメインラインとしてはやや高めですが、ショックリーダーとしてはコストパフォーマンスも抜群です。

まとめ

今回はPEラインを使用する際のショックリーダーの選び方やおすすめのリーダーについて詳しく見ていきました。
淡水、ソルト、オフショア、使用するフィールドや魚種を問わず、PEラインを使用する際はショックリーダーが必須です。
選ぶ際は価格帯はもちろん、素材、強度、耐摩耗性能、使い勝手の良さなどさまざまな要素を参考にしましょう。
今回紹介したショックリーダーはどれもコストパフォーマンスに優れた人気アイテムであるため、使用する釣りを間違えなければ快適に使えること間違いなしです!

当サイトおすすめ!
★ ライン人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) PEライン UVFメガセンサー 8ブレイド+Si 150m 1号 マルチカラー

Amazonで詳細を見る

シマノ(SHIMANO) PEライン ピットブル 4本編み 200m PL-M54R

Amazonで詳細を見る

モーリス(MORRIS) ナイロンライン ノガレス デッドオアアライブ ストロング 150m 16lb ストロンググレー

Amazonで詳細を見る

関連記事