FishMasterのロゴ

unisara

機能性が高いフロロカーボンラインで釣りの幅を広げよう!!

フロロカーボンは、通常のナイロン糸に似て非なるもので、その素材にはナイロンと違った特性があります。今回は、そんなフロロカーボンのメリットを紹介すると同時に、オススメのフロロカーボンラインも紹介していきましょう。

当サイトおすすめ!
★ ライン人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) PEライン UVFメガセンサー 8ブレイド+Si 150m 1号 マルチカラー

Amazonで詳細を見る

シマノ(SHIMANO) PEライン ピットブル 4本編み 200m PL-M54R

Amazonで詳細を見る

モーリス(MORRIS) ナイロンライン ノガレス デッドオアアライブ ストロング 150m 16lb ストロンググレー

Amazonで詳細を見る

フロロカーボンラインとは?

出典:Pixabay

フロロカーボンラインは、いわゆる釣り糸の素材の種類で、通常使われているナイロンラインとは異なる性質を持っています。通常のナイロンラインでは実現出来なかった、耐久性や機能的な部分が、フロロカーボンラインに備わっている事で、多くの釣り人から注目されている人気アテイムです。

フロロカーボンラインを使う事で、障害物の多いスポットや、ロックフィッシュを狙い撃ち出来る可能性が広がります。より釣りの幅を広げる為には、通常のナイロンラインとの使い分けが必要です。この機会に、フロロカーボンラインの特性を徹底的に知る事をお勧めします。

【ここが違う!】フロロカーボンラインのメリット

出典:Pixabay

フロロカーボンラインは、通常のナイロンラインと異なり、独特の特性を持っています。その特性を把握することで、状況に応じたラインの使い分けをする事が可能になり、より有意義な釣りライフを楽しめる事は間違いありません。ここでは、フロロカーボンラインの特性について、具体的にカテゴリに分けて洗い出しながら紹介していきます。

磨耗しにくい

フロロカーボンは、外的要因による摩擦に強く、耐摩耗性が高い事で注目されている素材です。磯釣りやテトラポット釣りにおいて、鋭い岩やテトラポットにラインが擦れる事が良くあります。通常のナイロンラインの場合、激しい摩擦が加わる事で、糸が切れてせっかくヒットした魚を逃してしまう事も少なくありません。

この事から、フロロカーボンは障害物の多い釣り場において、機能を発揮する素材である事が分かります。今まで、障害物により悔しい思いを何度も経験した方には、最適なラインであると言えるでしょう。

ヒットした時の感度が良い

フロロカーボン素材の大きな特徴として挙げられるのが、ナイロンに比べて伸張性が低い点にあります。通常のナイロンラインは、大きな魚を捉えた際に少し糸が伸びる為、その重さや感覚が瞬時に竿に伝わってきません。

それに比べて、フロロカーボン素材は伸張性が低い事から、ラインに重さが加わっても非常に伸びにくい素材になっています。つまり、ヒットした感覚がズレる事なくダイレクトに伝わりやすいので、魚が様子を見ている状況等の微妙な変化に気付きやすいと言えます。

水中で目立たない

各種ラインは、透明な素材である事から、魚も気付きにくいと認識している方が多いかもしれません。しかし海中においては、ラインに光が加わる事で、光が屈折して魚がラインに気づいてしまう事があります。

フロロカーボンラインは、たとえ海中において光が当たっても、屈折する度合いが少なく、魚からラインが見えにくい状況を作ります。釣れる率を上げる為には、魚の警戒心を煽らないのも重要なポイントになってくるので、この様なフロロカーボンの特性が、とても有意義になると言えます。

素早く沈む

水よりも比重が重いフロロカーボンは、ナイロンラインに比べて沈む速度が速く、瞬時に狙った水深に届かせる事が出来ます。潮流が激しい状態においても、比重が重いフロロカーボンを使えば、潮の流れの影響を受けません。どんな状況でも、安定した仕掛けを実現させる事が出来るので、障害物の多いポイントや、穴場に隠れているロックフィッシュを狙うには最適なライン素材です。

それに合わせて、吸水率が低く劣化しにくい点も、フロロカーボンラインの特徴として挙げられます。また、紫外線の影響を受けにくいのも、フロロカーボンラインが劣化しにくいとされる理由の一つです。

【使う前にチェック!】フロロカーボンラインのデメリット

出典:Pixabay

ナイロンラインに比べて、あらゆる点で優れているとされるフロロカーボンラインですが、素材の特性からくるデメリットもあります。フロロカーボンラインは、ナイロンラインに比べて頑丈でしっかりしている分、結束部分において甘くなる傾向にあります。

いわゆる結束強度がナイロンラインに比べて弱く、糸が切れやすい原因となる事も少なくありません。しかし最近では、この性質を見越して各メーカーから結束強度が担保されているフロロカーボンラインが販売されているので、商品選びの際にチェックしてみましょう。

その他にも、巻きグセがつきやすいと言うデメリットも挙げられます。比重が重く頑丈である事から、ラインに一度癖が付いてしまうと、なかなか真っすぐに戻ってくれません。

新しいフロロカーボンラインを使う際には、事前にロングキャストしてテンションをかけながら数回巻き取る事で解消されます。この様にフロロカーボンラインを使う際には、事前の手入れが必要となってくるので、中級者向けであると言えるでしょう。

【こんな釣りに最適!】フロロカーボンラインの使用用途

出典:Pixabay

同じ釣りスポットでも、場所によって様々な環境があり、それによっては通常のナイロンラインで対応しきれない場合もあります。ナイロンラインに比べて、耐久性が強いとされるフロロカーボンラインは、その様な過酷な環境において優れた機能を発揮する素材です。

同時に、ナイロンラインでは積極的に狙えなかった魚を気にせず狙う事ができます。ここでは、具体的にどの様な使用用途があるのかを紹介していきましょう。

フロロカーボンラインはハリスに最適

フロロカーボンラインは、ナイロンラインに比べて比重が重い素材になっています。この事から、フロロカーボンラインをハリスに使う事で水中に沈む早さが増し、瞬時に仕掛けをなじませる事が可能です。また、ナイロンラインに比べて吸水率が低い為、ライン自体が白濁しない点もハリスに向いている理由の一つです。

ラインが白濁する事で、魚に仕掛けを気づかれる可能性が出てくる為、如何にしてラインを透明な状態にしておくかが仕掛けの重要なポイントとなります。

フロロカーボンラインはショックリーダーに最適

ルアー釣り等で使われるショックリーダーでも、フロロカーボンラインが活躍します。ショックリーダーは、道糸とは役割が違い、根ズレや歯ズレによる外的の負荷に耐える必要があります。フロロカーボンラインには、それに耐えうる耐久性があり、耐摩耗性もあるのでショックリーダーには最適なラインです。

また、前述の通り低い吸水性によりラインが水中で目立たないので、そう言った意味でもリーダーに向いている素材である事が伺えます。

あたりを感じたい方にはフロロカーボンがおすすめ

フロロカーボンラインは、ナイロンラインに比べて伸張性が低い事から、魚がヒットした際のあたりをダイレクトに感じる事が出来ます。また、その事により仕掛けに対して魚が反応している感覚も分かる為、合わせるタイミングを逃さず釣果に繋げる事が可能です。微妙なあたりのニュアンスも、逃さず釣り上げていきたい方には、フロロカーボンラインを特にお勧めします。

【必見!】フロロカーボンラインのおすすめ商品

各メーカーから、様々なフロロカーボンラインが販売されている中で、どの様な部分にポイントを絞って選べば良いのか判断に困る場合があります。フロロカーボンラインのデメリットとされている、結束強度の低さや巻きグセのつきやすさを解消させたアイテムも多数出ていて、各メーカーの企業努力によりどんどん技術が向上しています。

今では、優れものアイテムも多いフロロカーボンラインですが、その中から自分に最適な物を見つけていくのには情報量が多するのが現状です。そんな方の為に、特におすすめのフロロカーボンライン10選を紹介していきましょう。

【ハリス編】おすすめのフロロカーボンライン5選

フロロカーボンラインは、素材的に質量があるので、水中へ素早く沈む事が特徴として挙げられます。その事から、ハリスで使われる事が多くナイロンラインに比べて、仕掛けが水中に馴染む速度が早い事で知られています。そんな、ハリス使いに最適なフロロカーボンラインを、5つ紹介していきましょう。

【フロロの基本】サンライン フロロカーボンラインベーシック

サンライン(SUNLINE)フロロカーボンラインベーシックFC300m1号4lb

色 透明
用途 ブラックバス
電池付属または内蔵 いいえ
商品重量 81.6 g
梱包サイズ 7.6 x 7.5 x 4.2 cm

Amazonで詳細を見る

サンラインのフロロカーボンラインベーシックは、投げた時の飛び具合がとても良いと評判のアイテムです。初心者でも、ナイロンラインとの違いが明確に分かると言う口コミも数多く寄せられている事から、初めてでも使いやすいラインである事が伺えます。

但し、若干巻きグセが強いとのレビューもあるので、使う前に何度かキャスティングしながらラインに負荷をかけてあげましょう。

【しなやかさが売り】デュエル H.D.カーボン船ハリス

デュエル H.D.カーボン 船ハリス 100m

全長:100m
5号
標準直線強力: 9kg
クリアー

Amazonで詳細を見る

デュエルから販売されているフロロカーボンラインは、他のフロロカーボンに比べてラインに張りがあり、且つ巻きグセがつきにくいとの口コミが多く寄せられています。
1.7号と言う絶妙な細さでありながら、80cmのシーバスにも耐える事が出来る優れものです。

【シーバス釣りに最適】クレハ ハリスシーガー

クレハ(KUREHA)ハリスシーガー船ハリス6号

用途 全魚種対応
商品重量 159 g
梱包サイズ 22.7 x 18.9 x 2 cm

Amazonで詳細を見る

こちらの商品は、クレハから出ているフロロカーボンラインで、耐性がありコスパも良いのが特徴です。通常のナイロンラインだと、シーバス釣りでボロボロになってしまう様な場面においても、このアイテムだと軽く白くなるだけで、問題なく使い続ける事ができます。

【機能性抜群!】よつあみ海藻ハリス

よつあみ 海藻ハリス 50m

号数:1.5号
全長:50m
カラー:グリーン
ベロスプール
比重:1.81

Amazonで詳細を見る

このアイテムには、どこでもラインストッパーがついていて、ラインの出しやすさに定評があります。
しなやかで強度も十分にあるので、通常のフロロカーボン以上の機能性があるアイテムとして、重宝している方が多くいます。

また、糸どめ不要のベロスプールを採用している商品なので、ストレスなく釣りを楽しむ事が可能です。

【フカセ釣りに最適】RULAYMAN フロロカーボン釣り糸

RULAYMANフロロカーボン釣り糸ライン高強度高感度高耐久【1.5-10号300M】

号数:1.5 直径:0.210mm 引張り強さ:2.70kg(6LB)
号数:2.0 直径:0.238mm 引張り強さ:3.57kg(8LB)
号数:2.5 直径:0.261mm 引張り強さ:4.31kg(10LB)
号数:3.0 直径:0.293mm 引張り強さ:5.33kg(12LB)
号数:3.5 直径:0.313mm 引張り強さ:6.08kg(13LB)
号数:4.0 直径:0.338mm 引張り強さ:6.74kg(15LB)
号数:5.0 直径:0.378mm 引張り強さ:8.15kg(18LB)
号数:6.0 直径:0.414mm 引張り強さ:8.82kg(20LB)
号数:7.0 直径:0.447mm 引張り強さ:10.26kg(23LB)
号数:8.0 直径:0.478mm 引張り強さ:12.19kg(27LB)
号数:10.0 直径:0.535mm 引張り強さ:14.31kg(30LB)

Amazonで詳細を見る

RULAYMANのフロロカーボンラインは、使いやすさとコスパの良さに定評があるアイテムです。中でもフカセ釣りに向いていると言う声が多く、チヌやグレ狙いで使う場合には、最適なラインと言えます。

【リーダー編】おすすめのフロロカーボンライン5選

フロロカーボンラインは、ルアー釣りにおけるリーダー部分に使う事も非常に多く、根ズレや歯ズレに耐性がある性質が良い仕事をします。耐摩耗性の高さと伸張性の低さから、ルアーの仕掛けには最適なフロロカーボンラインのリーダーを5つ紹介しましょう。

【結束部の弱点を克服】ヤマトヨテグス フロロショックリーダー

ヤマトヨテグス(YAMATOYO)リーダーフロロショックリーダーフロロカーボン30m8号30lbクリア

色 透明
サイズ 8号
素材 フロロカーボン
用途 全魚種対応
性別対象 メンズ, レディース, ガールズ, ボーイズ
商品重量 54.4 g
梱包サイズ 10.8 x 9 x 2.8 cm
釣りの種類 投げ釣り

Amazonで詳細を見る

ヤマトヨテグスのフロロカーボンラインは、ショアジギングには最適と言う声が多く、伸縮性の低さが実感できるアイテムとして注目されています。FGノットにおける、結束部分のすっぽ抜けもない事から、フロロカーボンのデメリットである結束部分の甘さが解消された商品である事が伺えます。

【コンパクトが売り】シマノ ショックリーダーエクスセンス

シマノ(SHIMANO)ショックリーダーエクスセンスEXフロロカーボン30m5.0号クリアCL-S23L

製品型番 715067
色 透明
用途 ハリス シーバス セイゴ フッコ ワカシ イナダ ワラサ ツバス ハマチ ヒラメ マゴチ
商品重量 22.7 g
梱包サイズ 10.1 x 7.2 x 1.2 cm

Amazonで詳細を見る

このアイテムは、何と言ってもコンパクトである事が最大の特徴で、同じシリーズで違う種類を持ち運びたい方には最適なアイテムです。

特に、商品におけるスプール部分について定評があり、道具箱のなかでラインが出ている事がないので嬉しいとの声も多数寄せられています。

【ごわつかない】 シマノ ショックリーダーオシアEX

シマノ(SHIMANO)ショックリーダーオシアEXフロロカーボン30m5号20lbクリアCL-O26L

製品型番 776853
色 透明
用途 ワラサ ヒラマサ シイラ カツオ メジ
商品重量 31.8 g
梱包サイズ 8.9 x 7.4 x 1.7 cm

Amazonで詳細を見る

フロロカーボンのデメリットである、ごわつきやラインの巻グセを解消したのが、こちらのショックリーダーです。シマノショックリーダーオシアEXは、リールに巻きつけたクセが、キャスティングの際に残らないとの声が多く寄せられています。その為、ノットが強く、しっかりとした仕掛けを作る事が可能です。

【とにかく強い】デュエル パワーリーダー

デュエル ハードコアパワーリーダーFC

全長:50m
22号
80lbs
標準直線強力: 36kg
ナチュラルクリアー

Amazonで詳細を見る

デュエルから出ているフロロパワーリーダーは、耐摩耗性が強く、根ズレや歯ズレに強い商品として人気があります。またコスパが良い事から、躊躇なく取り替えて使うことが出来るのも魅力の一つで、長さも50mと十分に対応できるラインが巻かれています。

FGノット部分における結束力も、良好と言う声が多く寄せられている事から、フロロカーボンのデメリットでもある硬さを克服したアイテムである事が伺えます。

【伸張性の低さが売り】クレハ フロロショックリーダー

クレハ(KUREHA)リーダーシーガーフロロショックリーダー20m20lb

色 透明
用途 ブラックバス
電池付属または内蔵 いいえ
性別対象 ユニセックス
商品重量 18.1 g
梱包サイズ 10.5 x 7.4 x 0.9 cm

Amazonで詳細を見る

クレハのフロロショックリーダーは、根ズレに強くランカーシーバスにも最適なラインとして注目されています。伸張性が非常に低く、かかった時の感覚がダイレクトに伝わってくるのも、このアイテムの特徴です。また、ショアジギングにも使いやすいと言う声も多く寄せられています。

【道糸編】おすすめのフロロカーボンライン5選

フロロカーボンラインは、主にハリスやリーダーに使われる事が多い素材ですが、道糸に使う場合もあります。道糸にフロロカーボンラインを使う場合は、号数が小さめの物を使う事が多く、その伸張性の低さにより、ナイロンラインの道糸よりもアタリをダイレクトに感じる事が可能です。

ここでは、道糸に使われるフロロカーボンラインを5つ紹介していきましょう。

【たっぷり使える】サンライン シューターFCスナイパー

SUNLINE/サンライン Shooter FC SNIPER/シューターFCスナイパー 300m 3-5lb

●規格:16lb●dia:0.350mm●素材:フロロカーボン●巻き量:300m単品●※300m巻は100mマーキング入り

Amazonで詳細を見る

サンラインから販売されている、こちらのシューターFCスナイパーは、300M巻きと長いラインが特徴で、100M毎にマーキングがされている優れものアイテムです。消耗品であるラインを、100M毎に都度買いに行くのが面倒な方には、最適な商品であると言えるでしょう。

また、フロロカーボン素材の割には、ごわつきが少ないと言う声も多く、ナイロンラインに近い質感で使用する事が出来るのも魅力の一つです。

【クリアな水質でも安心】バークレイ クリアバニッシュレボリューション

バークレイ(Berkley)フロロカーボンライン150m3lb/0.8号クリアバニッシュレボリューション釣り糸

色 透明
サイズ 3LB
用途 ブラックバス アイナメ アジ イワナ シーバス メバル トラウト カサゴ
商品重量 68 g
梱包サイズ 11.7 x 8.6 x 3 cm

Amazonで詳細を見る

コスパが良いと評判のバークレイは、水質がクリアな天然湖でも活躍できる優れものラインです。価格が安い割に機能性が高いと言う声が全体的に多く、ライン替えも躊躇なく出来る点に人気があります。

【しなやかでコスパが良い】クレハ ラインフロロマイスター

クレハ(KUREHA)ラインフロロマイスター320m3lb

色 透明
サイズ 3lb
素材 フロロカーボン
用途 ブラックバス
電池付属または内蔵 いいえ
性別対象 ユニセックス
商品重量 132 g
梱包サイズ 7.4 x 7.3 x 7 cm
釣りの種類 湖沼フィッシング

Amazonで詳細を見る

クレハのフロロカーボンラインは、通常のベーシックフロロカーボンラインよりも、柔らかくて使いやすいとの声が多く寄せられています。しなやかで操作性が良く、フロロカーボン素材としてはコスパが良いのも特徴です。

但し、フロロカーボンにしては若干柔らかい事から、感度が弱いのでダイレクトなヒット感を得たい方には不向きなアイテムです。

【巻きグセ防止素材】クレハ ラインシーガー

クレハ(KUREHA)ラインシーガーR-18フロロリミテッド100m14lb

全長:100m
Test lb:14lb
最大強力:16.5lb
標準直径:0.310mm
参考号柄:3.5号
素材:フロロカーボン
カラー:クリア
ヨレ・巻グセを防ぐFNT製法採用
整列巻
クレハフロロメインラインで最高レベルの強度・耐性

Amazonで詳細を見る

フロロカーボンラインの中でも、最も口コミレビューが多いアイテムで、価格が比較的高価であるにも関わらず、それをも上回る機能性がある事で注目されています。強度や耐性がありながらも、巻きグセが付きにくい事から、使いやすさも兼ね備えた理想のフロロカーボンラインと言えるでしょう。

【バス釣りに是非】モーリス デッドオアアライブ

モーリス(MORRIS)フロロカーボンラインデッドオアアライブ150m14lbクリスタルクリアー

色 透明
用途 ブラックバス
電池付属または内蔵 いいえ
性別対象 メンズ
商品重量 81.6 g
梱包サイズ 12.6 x 9.1 x 3.6 cm

Amazonで詳細を見る

フロロカーボンラインの中でも、特にバス釣りに最適なのが、モーリスデッドオアアライブです。フロロカーボンラインで発生しやすいバックラッシュ時にも、ほどけやすいとの声が多く寄せられています。名前のインパクトから、エクストリームスポーツ的な雰囲気が出ているのも特徴的なアイテムです。

フロロカーボンラインで釣りの幅を広げよう!

出典:Pixabay

ロックフィッシュを釣りたいけど、障害物が多くて、切れるのが怖いと思っていた方も多いのではないでしょうか。機能的に優れているフロロカーボンラインは、こんなアングラー達の悩みを解消してくれる事が多くあります。

実は、フロロカーボン素材の製造元と言うのは、日本国内において3社しかなく、そこから各メーカーが販売している流れになっています。つまり素材的には3パターンになるわけですが、各メーカーが創意工夫する点として挙げられるのが、ラインの出しやすさやアイテムの収納力です。

アングラーにとって、素材と同じぐらい重要なものに、持ち運びやセッティング面での機能性が挙げられます。購入前には軽視しがちな部分ではありますが、実際に使ってみた使用感が悪いと、今後も使ってみようとは思わないものです。

皆さんも、この機会に色々なフロロカーボンラインを試して、狙えなかったロックフィッシュに挑戦してみてはいかがでしょうか。

当サイトおすすめ!
★ ライン人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) PEライン UVFメガセンサー 8ブレイド+Si 150m 1号 マルチカラー

Amazonで詳細を見る

シマノ(SHIMANO) PEライン ピットブル 4本編み 200m PL-M54R

Amazonで詳細を見る

モーリス(MORRIS) ナイロンライン ノガレス デッドオアアライブ ストロング 150m 16lb ストロンググレー

Amazonで詳細を見る

関連記事