FishMasterのロゴ

arusu

シーバス釣りはランディングネットが凄く大事!おすすめ商品も紹介!

80cmを超えることがあるシーバス。シーバス釣りの道具は、ランディングネットがタックルの次に大事。これがないと直接シーバスを引き上げることになり、タックルにとって非常に危険です。今回は、シーバス釣りでのランディングネットを紹介します。

シーバスランディングネットはフレームが涙型

ランディングネットは、魚をすくうタモ網の部分であるフレーム・柄の部分になるランディングポール・フレームとランディングポールの間にあり折り曲げを可能にするジョイント・ライフジャケットやバックに差し込むためのタモホルダー・落下防止のためのスパイラルコードの5つから構成されています。

フレームの部分は、涙型になっているのがシーバス用ランディングネットの特徴。網の部分は、シーバス用のものはナイロンとラバーの2種類があります。また全体の特徴としては、大きめであるのが特徴です。持ち運びの際に邪魔になるので、折り曲げのためのジョイントと引っかけるためのホルダーも大事なのです。

フレームには色々な種類がある!よく選ぼう!

記事681の画像50002

出典:Pexels

先程も軽く触れましたが、網の部分の素材はナイロンとラバーの2種類があります。ラバー素材の方が魚が傷つきにくいので、リリースする場合はラバー素材がおすすめ。持ち帰る方はナイロン素材でも構いません。

また、フレーム部分にも丸形の折りたためるタイプとひょうたん型の折りたためないワンピースタイプの2種類があります。折りたためるタイプは読んで字のごとく、柄と繋ぎ目だけでなくフレーム部分も折りたためるのです。コンパクトに収納できる分、折り曲げる部分の繋ぎ目から潮が入り、傷んでしまいやすいです。ワンピースタイプは軽い上に強度も強いです。収納スペースによほどの余裕がない場合でなければ、ワンピースタイプを使用しましょう。

Lサイズが定番!大きめのものを選ぶのが普通

記事681の画像50004

出典:Visual Hunt

シーバスを釣った時、片手でロッドを持ちながら(竿掛けを使う場合は別)もう片方の手でランディングネットを持つ事になります。そうなった時にサイズの大きいものであればシーバスを入れやすいです。また、メーター級のシーバスであればMサイズ以下では役に立たないので、確実にLサイズのランディングネットが必要になります。

フレームの形に合った網を

フレームの網部分も別売りになっていることがあり、自作する場合はフレームの形によって適合する網が違うので、購入する際は確認してください。

ポールは自分の釣り場に応じて長さを選ぶ

さらに、ポールの部分は長さで選びましょう。
例えば、自分がよく行く防波堤釣り場が、海面から足場まで4mのところにあるなら5m程度のポールを選ぶなどです。6mであればどのような防波堤釣り場でも使う事はできますが、海面から足場まで短い場合は使いづらいので、やはり自分の釣り場の足場から海面までの距離に応じて選びましょう。
また、軽いもので且つ硬いものであれば、ポールに関しては問題ないでしょう。

シーバス釣り用ランディングネットのおすすめ商品6選

記事681の画像50007

出典:Foter

ここからは、おすすめしたいシーバスランディングネットを紹介します。
いずれも魅力的な商品ですよ。

1. ジョイント付きでお得!BLUELARCAL ランディング3点セット

BLUELARCAL ランディング3点セット

■ブラックセット
・Mサイズ ネットカラー:ブラック
・ジョイントカラー:ガンメタ
・シャフト長約5.5m

Amazonで詳細を見る

振り出しがスムーズで使いやすいランディングネット。
ジョイント付きで折りたためるので機動性を損ねません。
価格は10,000円前後。

2. いつでもサッと使える、満足装備のランディングネット

プロックスオールインワンソルト500(ブルー)AIOS500

全長:5m
仕舞寸法:72cm
枠サイズ:約52×65cm
継数:8本
先径:15.3mm
元径:34mm
カーボン含有率:92%

Amazonで詳細を見る

収納状態から素早く簡単にランディングモードに切り替えられるので、いつでもサッと使えます。
ネットが45cmと深く、魚へのダメージが少ないです。リリースする方にはおすすめしたい商品です。

3. 場所を選ばず活躍する、非常に使いやすいランディングネット

サンライク タモ網 折りたたみ式 5m

5M 収縮時:約65.5CM
タモ網サイズ:約45*59CM
ネット穴サイズ:7*9MM

Amazonで詳細を見る

柄は90%カーボン素材を採用して、軽量でありながら、強度が高くて耐久性と耐腐食性に優れています。
撥水性に優れたラバーコーティングネットを使用し、汚れにくくて海水の付着による重くなることがなく、魚にも優しいです。

4. お手頃価格なのに各パーツの性能が高いランディングネット

ゴールデンミーン(GoldenMean)ウェーディングネットカスタムガンメタ

ネット素材:ナイロン製オリジナルピッチネット(深さ550mm)
自重:307g
ネットフレームサイズ:H570×W480mm
シャフト長:250mm〜420mm(伸縮機能付き)
カラー:ガンメタ

Amazonで詳細を見る

色々なパーツのスペックが高く、フレーム部分の形状がランディングしやすい、信頼性の高いランディングネットです。
値段も手ごろで、コストパフォーマンスがとても良い商品でもあります。

5. 小さくできて持ち運びに便利なランディングネット

メジャークラフトランディングネットファーストキャストランディングセット5mLS-500FC

仕舞寸法:60.5cm
長さ:5m

Amazonで詳細を見る

シーバス用ランディングネットの涙型フレームは当然、この商品の特徴は4つ折りのタモ枠。収納性の高さのおかげで、自転車や歩きでシーバスポイントまで行く方にも扱えるランディングネットです。
値段も高くないので、車を持っていない方はこちらのランディングネットを選んでみては?

6. 大手釣り具メーカーDAIWAから軽量ランディングネットが登場!

ダイワ(Daiwa)ランディングネットシーバスモアザンウェーディングネット

枠サイズ:約70cm×55cm
網深さ:約65cm
カーボンシャフト長さ:約27cm

Amazonで詳細を見る

アルミ製フレームで軽量で女性や子供にも扱えるランディングネットです。
ベストのD管に取り付けて持ち運び可能・落下防止のためのカラビナと尻手ロープ・さらに収納袋も付いており、持ち運び性能に特化したランディングネットと言えます。立ちながらの釣りにここまで快適に使える商品は他にあるでしょうか?

シーバス用ランディングネットの使い方はシンプル

記事681の画像50196

出典:Pexels

ご家族と一緒にシーバス釣りをする場合はともかく、1人でシーバス釣りをする上に初心者の方は、1人でもランディングに不安が残ると思います。初めてシーバスを釣った時のために、シーバスのランディング方法を覚えておきましょう。

ネットは水中で動かさない

初心者の方は、ネットを動かしてシーバスをネットの中に入れると考えているのでは?しかし、動かすのはシーバスの方。ネットは水中で構えたまま動かさないようにしましょう。ネットの中にシーバスを誘導するように動かし、頭からシーバスを入れるようにしてください。

注意点

シーバスを入れた後、そのままネットを横に動かしてしまうとネット破損の原因になります。なので、伸縮機能を使って真上に動かすようにしてください。

また、シーバスを頭から入れないとネットにルアーフックが絡んだりシーバスが暴れて逃げられたりする原因になります。シーバスをネットに入れる時は頭から!これを念頭に入れておいてくださいね。
シーバスが力なく横に倒れるのを見計らい、焦らずゆっくりと誘導するようにしてください。

シーバスにはランディングネットが必要不可欠!

シーバス用のランディングネットはいかがでしたか?シーバスはとても大きい魚で、ランディングネットの存在はタックルの次に重要視するべきなのです。
一口にシーバス用ランディングネットといっても、様々な物があり、フィールドや自分の釣り方に合ったランディングネットを選ぶべきなのです。
自分に合ったランディングネットを選び、針掛けたシーバスを自分のものにしてくださいね。

関連記事