FishMasterのロゴ

shombosato

【決定版】アジングをする為に必要な物とは?アジング用品徹底解説!

決定版シリーズ!今回はアジングで使う用品についてまとめてみます。
これは絶対に必要!というものから、あると便利だな~という程度のものまで。
すでにアジングを楽しんでいる人から、これから挑戦しようと思っている人まで、必見です。

アジングの用品とは

記事69の画像1578

ルアーを使う釣りの中でも一番繊細さが求められるのがアジングです。
大荷物を背負って釣り場まで行き、落ち着いて釣りをするというのが海釣りのイメージとして定着していますが、アジングはかなり軽装で身軽さが勝負の、スタイリッシュな釣り方が基本。
本サイトの別記事(下記参照)では詳しくタックルなどについて解説しています。
こちらの記事では、より効率よく、またより安全にアジングを楽しむために揃えた方がよい周辺グッズを解説していきます。
これは絶対に必要だ!という道具から、これはあったら便利というものまでを必要レベルに合わせてみていきましょう。

便利度Sクラスのアジング用品

まずはここから。ライフジャケット

堤防でも磯でも船でも、たとえ川だったとしても、釣りをするうえで竿よりも餌よりも大切なのがライフジャケットです。
必ず自分の体にあったライフジャケットをまず購入するようにしましょう。
以前はライフジャケット=ダサいというイメージもありましたが、最近はオシャレなものも増えてきています。
ポケットが沢山ついた便利なもの、腰巻タイプのかさばらないもの等、自分の釣りスタイルに合わせて良いものを選びましょう。

ヘッドライト

釣りは基本的にデイゲーム(日中に行う釣り)とナイトゲーム(夜間に行う釣り)に分かれます。
アジングをデイで楽しむ人もいますが、基本的にはナイトゲームの釣りとなります。
そのためヘッドライトは必需品!
手元を照らして釣りの準備をするにも魚を針から外すのにも欠かせません。また移動の際の安全のためにもヘッドライトが必須です。
手持ちの懐中電灯ではどうしても手がふさがってしまいますので、ヘッドライトは必ず準備しましょう。

メゴチバサミ

「メゴチバサミ」とは、パッと見は料理にも使うトングのようなものです。
メゴチというヌメヌメした魚を触らずに処理出来るようにと発売されたのが名前の由来。
100均にも売っていそうなレベルのものから、最初の写真に出てくる工具のような形をしたものまで様々で、今では簡単に魚のサイズを測れる補助付きのものまで。
手早く針を外してすぐに魚をバケツやクーラーに入れるためには、これが必需品です。
後述するフィッシュグリップと少し役割が似てると思われるかもしれませんが、基本的にメゴチバサミは小型の魚用、フィッシュグリップは大物用(もしくは魚に極力触りたくない人用)と言えるでしょう。
フィッシュグリップが魚の口を挟むのに対し、メゴチバサミは魚の胴体を固定するので、フィッシュグリップよりも安定した状態で魚を扱うことが可能です。

フィッシュグリップ

フィッシュグリップとは、魚の口をはさんで持ち上げるためのペンチのようなもの。
地獄の閻魔大王が罪人の舌を抜くために使う道具とよく似ていて、先端が丸くなって挟みやすくなっています。
この道具をアジで使うことはまずありません。
では何に使うのでしょうか?
基本的にこの道具は、不意の大物を水から抜き取る場合に有効なもの。
もし釣るのが堤防で、しかも水面に近づける場所がない場合はタモ(玉網)が必要になってきてしまいます。しかしもし船を入水させるようなスロープが近くにある場所で釣りをするなら、タモを持ち歩くよりもフィッシュグリップの方がよっぽど便利です。
不意の大物といえば例えばどんなものがあるでしょうか。
一番多いのはシーバス(スズキ)。特に幼魚にあたるセイゴ、フッコ(幼魚といっても最大で60センチ近くになることも)の類がかかるという話はよく聞きます。
またクロダイや大き目の根魚がかかることもよくあります。
釣ったあとの魚を写真に残す時にもフィッシュグリップがあればとても便利です。持ち上げた瞬間に魚が暴れて海に帰っていったという話も釣りのあるあるですが、フィッシュグリップを使って持ち上げた場合にそれが起こることはほぼありません。携帯性にも優れた道具、ぜひ釣りのお供に使ってください。

ランガンバック

まずランガンとはなんでしょうか。
ランガンとは、ランアンドガンの略。あの伝説のバスケ漫画でも登場したバスケットのスタイルの一つを指す用語にもなっていましたが、釣りでは足を使って移動を繰り返して魚を狙っていくという方法を指します。
だからこそ移動を楽にするためのバックが非常に大切になるのです。
ランガンバックとして一番ポピュラーなのが腰にまくサックスタイルのもの。予備のジグや他の仕掛けなどを収納して、状況に応じて素早くワームやルアーを切り替えるのに非常に便利です。
バックパックのようなスタイルもあれば、小さいタイヤがついていてクーラーボックスと一体化しているものまで。20リットルのクーラーであればとても小さく、移動の際は肩にかけて気軽に持ち運びできる優れものもあります。
アジングであれば釣れた魚をバッカンに入れておいて持ち帰る人も少なくありません。しかし時期によっては(お刺身で食べる予定であれば特に)クーラーに入れておいた方が無難なことも。
より新鮮なアジを家に持ち帰って、家族サービスの一環にするのもありです。

便利度Aクラスのアジング用品

タモ網

記事69の画像1610

ここからはあると便利はAクラスのグッズを紹介していきましょう。
まずはタモ網から。
個人的にはフィッシュグリップが好きなためにタモ網をAクラスとしましたが、中にはこちらがSだろ!ということもあるでしょう。
特に足場が高い場所で釣りをする場合にはタモ網は非常に有効。
普通のアジング用の仕掛けだと尺アジと呼ばれる30センチを超えるサイズのアジでも海から引き抜くのは難しい場合があります。
あまりに大きなタモ網だとランガン時に邪魔になってしまうこともありますが、もしもの時用に40センチクラスのタモ網を常備しておくと安心かもしれません。

水汲みバケツ

水汲みバケツといっても、ほとんどの釣り人が使うのは主に布製の折り畳み式のもの。長いひもがついていて、堤防の上からでも水が汲めるようになっています。
釣りの合間に手を洗ったり、もしくは釣ったアジを生かしておくために使ったり。
またはアジの血抜きのために使うこともあります。
アジの首を上方向に折り曲げてからすぐに水につけることで、簡単に血抜きをすることが出来るのです(首折れという血抜きの方法)。
釣った場所でもし血などが路面についてしまった場合、釣りの最後簡単に場所を洗い流すのにも使えるでしょう。

ストリンガー

ストリンガーとは、釣った魚の下顎近辺にキーホルダーのようなものを貫通させて取り付け、紐を伸ばしてまた海の中を泳がせるための道具です。
とりわけアジングでは基本的に魚の保管は小さいクーラー、もしくは水汲みバケツやバッカンといったものに限られ、万が一の大物がかかった場合に入れる場所がない!ということが少なくありません。
その場合にこのストリンガーが活躍するのです。
釣れた大物をまた海に戻して泳がせておき、釣りが終わって帰るときに回収して絞めて血抜きをして持ち帰ることが出来るのです。
シーバスやチヌなどが釣れてしまった場合に有効です。

便利度Bクラスのアジング用品

神経締め用ワイヤー

神経締め用ワイヤーとは、まっすぐピンと張った形状記憶合金などを使って作られたワイヤーのことです。
釣れた魚を神経締めするのに使います。
保管時には丸く輪状にして収納しておくことが可能。
ちなみに神経締めとは何でしょうか?そして何のために行うのでしょうか。
神経締めとは、魚の脳、そして脊髄を破壊すること。簡単な「脳死状態」を作り上げるということです。
魚に限らず生き物は全般に、脳が「自分は死んだ」という情報を体に送るときから劣化がスタートします。死後硬直が始まるのもこの直後。
神経締めは、この死後硬直が始まるのを大幅に遅らせるための方法です。
やり方は(言うのは)簡単。基本どの魚も、そしてアジも、目と目の間に脳があり、その後ろに脊髄があります。そこにワイヤーを打ち込み、尾の方にかけて中に入れていきます。出したり入れたりを2、3回繰り返して神経締め終わりです。
20センチ以下のアジであればここまでやる必要もなく、確実に血抜きが出来ていればOKでしょう。
もしシーバスなどの大物が釣れた場合はぜひ試してみましょう、味が全然違うことに気づくはずです。
ワイヤーを入手できなければ、実は少し固めの針金でも代用はできます。

ワイヤーが中に入っていく時、魚によっては一瞬痙攣したり暴れたりすることがあります。
メゴチバサミなどでしっかり固定して、安全に行いましょう。
ちなみに筆者はチヌを神経締めしたときに暴れられて、背びれが手に突き刺さって大流血したことがありました。初めての神経締めだったのに油断したことが敗北原因。
いつでも安全には一番注意を払って行いましょう。

針はずし

フィッシュグリップやメゴチバサミさえあれば針は簡単に手で外せますが、もし頑なにそれでも絶対に魚には少しも触れたくない!というのであれば針はずしがおすすめ。
パッと見は一体どうやって使うのか迷いますが、慣れれば非常に簡単。糸をひっぱりながらテンションをかけて、針はずしを針にかけて少し喉の奥に押し込むだけ。
値段も100円程度から釣具屋で売っています。

まとめ

ランガンバックが割と小さめだったとしても、(タモ網以外は)これらのグッズはすべて収納することが出来るでしょう。
これらの道具があればあるほど、釣りは安全にそして確実に楽しむことが出来るようになります。
バックのキャパ次第でもっと仕掛けをもっていくか、最低限の道具で楽しむかを決める必要も出てくるでしょう。
とりわけアジングは他の釣りと比べても機動力に優れた釣り。
車にいつでも道具を常備しておいて、お出かけやお仕事のついでに格好よくアジをゲットしてしまいましょう。

関連記事