FishMasterのロゴ

everydaypeople

アジ釣りの時間帯いつが最適?釣りやすい季節・潮周りも解説!

堤防などからサビキやルアーなどを使って気軽に狙えるアジ。家族で行う釣りのターゲットとしても人気の魚で、アジフライや南蛮漬けなど種々の味わい方があります。では、アジ釣りのよく釣れる季節や時間帯、潮周りなどいろんな角度から説明します。

当サイトおすすめ!
★ アジングロッド人気ランキング ★

ダイワ スピニング 月下美人 AIR AGS 79L-S

Amazonで詳細を見る

シマノ ソアレ CI4+ アジング S608UL-S

Amazonで詳細を見る

メジャークラフト スピニング ファーストキャスト アジソリッド FCS-S682AJI

Amazonで詳細を見る

アジ釣りには黄金の3つの時間帯がある

出典:pixabay

最初に結論を言うと、「この時間なら必ずアジが釣れる」といった時間帯はありません。しかし、基本となるのはアジが餌を捕食する時間帯。その時間帯を狙えば、他の時間帯よりも釣りやすくなると考えられます。

アジを釣る際は「朝まづめ」「夕まづめ」「夜釣り」という朝・夕・夜の3つの時間帯は見逃せません。この3つの時間帯は、魚の活性が高まり、アジも餌を捕食しやすい時間帯です。

早速、アジを狙いやすいそれぞれの時間帯についてや、季節や潮周りがアジ釣りに及ぼす影響について見ていきましょう。

魚は、朝夕がお食事タイム

出典:pixabay

魚は、特に朝夕の限られた時間に活発に餌を食べると言われています。魚がよく餌を食べる時間帯は、同時に、よく釣れる時間帯でもあります。それはアジも例外ではありません。釣り用語では「朝まづめ」や「夕まづめ」と言って、それぞれの時間に魚が釣れやすくなるため、多くの釣り人が勝負に出る時間帯と言っても過言ではないでしょう。

日照により水温が上がっている夕まづめの方が釣れると考える人もいますが、基本的に朝まづめ・夕まづめには確固たる優劣はなく、どちらも魚の活性が上がるという点で一緒です。朝も夕方もどちらも挑む価値のある時間帯でしょう。

朝まづめ

朝まづめは、だいたい日の昇りきらない時間帯から日が昇りきるまでの時間帯を指します。あたりが薄明るくなって来た頃に、海中のプランクトンが光合成のために海面に浮き始めます。
それを捕食しようと小魚たちの活性が上がり始め、それを狙うアジも活発になるために釣り易いと考えられます。

アジは夜釣りでも釣れる魚ですが、夜行性ではありません。朝になり、活動を始めるためにはやはり、エネルギーを欲するのではないでしょうか。

夕まづめ

夕まづめは、日が落ちるまでのだいたい1時間程度の時間帯を指します。この時間帯に、小魚たちが夜行性のプランクトンを捕食しはじめ、アジを含めた魚たちの活性も上がります。朝まづめ同様、アジが餌を活発に食べる時間帯となり、狙い目の時間帯です。

夜釣り

出典:pixabay

アジは、夜釣りでも比較的良く釣れます。しかし、夜ならどこでも釣れるというわけではなく、夜釣りに挑戦する場合は、いくつかのポイントを抑えておく必要があります。また、前述した通り、アジは夜行性の魚ではありません。夜釣りとは言っても、日が沈んでからの数時間が勝負となることが多いようです。

夜釣りを試そう!

夜にアジを狙う場合は、常夜灯のある堤防などを選びましょう。常夜灯の光にはプランクトンが集まり、餌を求めたアジも集まってきます。
暗い場所でも釣れないことはありませんが、潮の流れがあり、アジの回遊がなければ釣ることはできません。もし暗い場所でアジを狙う場合は、アジの回遊がある時間帯やアジの休むポイントを把握する必要があります。潮の流れが堤防などにぶつかる当て潮のポイントにはアジなどが集まっているかもしれません。

夜間もサビキ釣りで釣ることができますが、ルアーを使ってアジングを楽しむ釣り人は少なくありません。よく使用されるワームに加えて、アピール力に期待のできるジグ、メタルバイブなどがオススメです。

アジを夜に釣る際は、以下のポイントを参考にしてみて下さい!

・常夜灯のある釣り場が狙い目。
・常夜灯のない場所では当て潮のポイントを探り、アジの回遊を待ってみる。
・アピール力の高いジグ・メタルバイブを試す。

アジ釣り 夜釣りの注意点

夜にアジを狙う場合、常夜灯のあるポイントが狙い目ではありますが、かといって海面をライトで照らすと魚が驚き、散ってしまう場合もあります。また、常夜灯が人影を作り、それが海面に映っていると、動く影でも魚は驚いてしまうかもしれません。自前のライトや、自分たちの影が海面に落ちていないか気をつけながら挑戦してみて下さい!

また、夜の海は想像以上に危険が潜んでいます。特に、足元が良く見えなかったり、強風にあおられたりして落水してしまう恐れもあります。移動の際にはもちろん、釣りの最中も足元に注意して下さいね。

オールシーズン楽しめるのがアジ釣り!

出典:pixabay

地域によって気温が大きく異なるため一概には言えませんが、アジは一年中釣りを楽しむことのできる魚です。

水温が上昇を始めた春には産卵を控え餌をたっぷりと食べた大型のアジや、夏頃にかけて「豆アジ」と言って小さなアジが釣れはじめます。そのため夏は数釣りが狙え、家族連れでの釣行も楽しめること間違いなしでしょう。

秋にかけては良型のアジを釣って楽しむことのできるハイシーズンとなります。この頃には30cmを超える大型の「尺アジ」が釣れることもあり、大型のアジを狙う釣り人がこぞって竿を振るう季節です。

冬はどの魚も水温の安定する深場へ移動してしまうこともあり、活性が下がってしまうため思うようには釣れないかもしれません。しかしアジは、水温が下がりきらないうちは釣りを楽しめるターゲット。1月を過ぎても、各地で釣り上げられています。

アジは手軽に釣ることができ、春夏秋冬楽しめる魅力溢れる魚ですね!

潮周りにも気を向けるべき?

出典:pixabay

海は、太陽や月の引力、地球の自転や公転によって潮位を変化させています。その潮位の変化を潮汐(ちょうせき)と呼び、1日の潮位の差の大小で決まってきます。
潮汐は概ね一定のサイクルで変化し、ここでは、そのサイクルを潮周りと表現しています。潮汐は、潮の干満さの大きいものから大潮/中潮/小潮/長潮/若潮の5つがあります。

潮汐のサイクルは「大潮」→「中潮」→「小潮」→「長潮」→「若潮」→「中潮」となり、最後の中潮を過ぎるとまた大潮へ向かいます。

回遊魚であるアジは、潮の動きに乗って、広い海を回遊します。そのため、潮の動きの活発な大潮や中潮では比較的釣れやすく、潮が動きにくい小潮や長潮、若潮の日は釣果もあがりにくいと言われます。しかし、アジを釣る上ではあまり考えなくても良いという人や、実際に若潮でも良く釣れたという人もいます。

正解がないのが釣り。アジ釣りでもそれは同じなのかもしれません。

アジを楽しく釣ろう!

出典:photoAC

アジは他の魚種同様、朝・夕のまづめの時間帯はもちろん、夜も狙い目のターゲットです。夜釣りをする際は、可能な限り常夜灯のある釣り場を選ぶと釣り易いでしょう。
夏~秋にかけてがハイシーズンとなり、冬は1月頃まで釣れる地域もあります。1年を通して釣りを楽しむことができるのが、アジの釣りの魅力でもありますね。思うように釣れない時は、時間帯やシーズンの他に、潮周りや潮の動きを意識してみてください。私たちの食卓にとっても身近な魚であるアジを楽しく釣っちゃいましょう!!

当サイトおすすめ!
★ アジングロッド人気ランキング ★

ダイワ スピニング 月下美人 AIR AGS 79L-S

Amazonで詳細を見る

シマノ ソアレ CI4+ アジング S608UL-S

Amazonで詳細を見る

メジャークラフト スピニング ファーストキャスト アジソリッド FCS-S682AJI

Amazonで詳細を見る

関連記事