FishMasterのロゴ

TANAKA

【トラウト用ランディングネット決定版!】道具を揃えて釣果アップ!

トラウトフィッシングにはランディングネットが必需品。他の魚種に比べてダメージを負いやすいトラウトは元気な状態でリリースできる素材にもこだわったネットを使いたいです。今回はそんなトラウトフィッシングにおすすめのランディングネットを紹介します。

トラウトフィッシングの必需品!ランディングネットとは?

出典:photoAC

トラウトフィッシングではエリア、ネイティブ問わずランディングネットが必要です。
ここではトラウトフィッシングでなぜランディングネットが必要なのか詳しく見ていきます。

大型トラウトもランディングネットでしっかりキャッチ!

出典:photoAC

トラウトフィッシングでは河川や湖などでウェーディングして魚とのファイトを楽しむシチュエーションも非常に多いです。

そのため不意の大型のトラウトがヒットした場合は陸へのランディングが困難な状況に遭遇することも珍しくありません。
そんな大型のトラウトを確実に取り込む際に大切になるのがランディングネットです。

陸釣りでのランディングはもちろん、河川や湖に立ち込んで釣りをする際も魚をしっかりとキャッチできるため、釣果のアップとファイト時間の短縮にも繋がります。

トラウトへのダメージを抑えることもできる!

出典:photoAC

トラウトは他の魚種に比べて非常に繊細でダメージを負いやすい魚です。
特に素手や陸揚げでのランディングはトラウトに対して致命傷を与えやすく、キャッチ&リリースを心がけるアングラーにとっては厳禁です。

ランディングネットはトラウトを陸に揚げずにランディングできるため、ダメージを与えずにキャッチできるメリットもあります。

またリリースが前提となっているエリアトラウトなどではランディングの際にネットの使用が徹底されている釣り場も珍しくなく、トラウトアングラーにとってはマナーの一つとして認知されています。

トラウトフィッシング用ランディングネットの種類は?

出典:photoAC

トラウトフィッシングではフレームとネット部分でそれぞれ異なる素材が使用されています。
ここではそれぞれの素材が持つ特徴について詳しく見ていきます。

はじめてランディングネットを購入する方はぜひ参考にしてください。

トラウト用ランディングネットの定番は木製!

トラウトフィッシングで使用されているランディングネットは大自然のイメージに溶け込みやすい木製のフレームが定番。
重量も軽く、使い込むことでそれぞれのネットの味わいが増すなど、玄人好みのトラウトフィッシングにマッチした素材です。

安価なモデルはもちろん、こだわりの木製素材をハンドメイドで加工したネットも販売されておりその価格も非常に幅広いです。

エリアトラウトではアルミのランディングネットも人気!

手軽にトラウトフィッシングが楽しめるエリアトラウトではアルミフレームのランディングネットも人気。
木製のランディングネットに比べて価格が安く手軽に購入できるメリットもあります。

バスフィッシングやソルトルアーでのボートゲームなどと兼用するアングラーも多く、木製に比べると汎用性の高いアイテムとなっています。

ランディングネットの素材はラバー?ナイロン?

ランディングネットはネットの素材にラバーとナイロンの2種類が存在します。

ラバーはやや重量があるものの、魚にダメージを与えにくくフックが絡みにくいなど扱いやすい素材。
ナイロンは軽量ですが、フックが絡みやすくランディングに時間をかけていると魚にダメージを与えてしまうデメリットもあります。

どちらの素材を好むかはそれぞれのアングラーのスタイルや対象魚によっても異なるため、自分にあったネットを見極めることも非常に大切です。しかし基本的にはダメージの少ないラバーネットが定番となっています。

初心者におすすめのトラウト用ランディングネットは?

出典:photoAC

ここでははじめてランディングネットを購入する方におすすめの素材とサイズについて見ていきます。
どのようなネットを購入すればよいか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

素材はラバーネットがおすすめ!

トラウトフィッシング用のランディングネットをはじめて購入する方にはやや大きめのサイズ感のラバーネットモデルがおすすめです。

ナイロンネットはフックが絡まりやすく、トラウトにダメージを与える危険性もあるため、初心者にはやや不向きな素材です。
それに対してラバーネットであれば扱いもしやすく、ネイティブからエリアトラウトまで幅広くカバーすることが可能。

フレームの素材は木製、アルミどちらでも問題ないですが、価格帯の幅やサイズのバリエーションが多い木製の素材がおすすめです。

全長50センチ前後のサイズが万能!

トラウトフィッシング用のランディングネットを購入する際に悩むポイントの一つがサイズ感。
基本的にはターゲットとなるトラウトのサイズに合わせたモデルが好ましいですが、はじめての一本には全長50センチ前後のモデルがおすすめ。

携帯する際も嵩張らず、最大で50センチ前後のトラウトまでキャッチすることができるため、不意の大物がヒットした際も安心したランディングが可能です。

もちろん20センチ前後の渓流魚を対象とした場合は取り回しのしやすい40センチ以下の小さめのモデル。
60センチを超える大型のトラウトを狙う場合は60センチを超える大型のモデルが必要です。

トラウト用ランディングネットおすすめ5選

プロックス ラバーランディングネット

プロックス ラバーランディングネット 12型/枠赤(ネットクリア)

●枠サイズ:12型(外径)37.8×31cm (内径)37×29.5cm
●枠カラー 赤
●ネットカラー クリア
●全長:56cm

Amazonで詳細を見る

値段が安かったので購入しましたが使いやすかったです、枠の部分はアルミで軽くグリップ部のエバが柔らかめなのも良かった。

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B00NJ0WEN4

プロックスから販売されているアルミタイプのランディングネット。

全長は56センチと渓流から本流まで幅広く対応。
ラバータイプのネットになっているため、トラウトにダメージを与えにくくエリアトラウトなどにも人気のアイテムです。

ゴム付きのナス菅が標準搭載されており、価格も安く手軽に購入できるため、はじめてのランディングネットにもおすすめです。

river peak 木製ランディングネット

リバーピーク 木製ランディングネット Sサイズ

枠サイズ:約25×約15cm
全長:約34cm
重さ:160g
木製ウッドフレーム

Amazonで詳細を見る

20~30cm位がちょうどよい。
懐は案外深いので、40cm超も使えます。
見た目良し。
良い買い物でした。

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B00O2W8V4O

リバーピークから販売されている小型の木製ランディングネット。
フライ用として販売されていますが、ルアーフィッシングにもぴったりのサイズ感となっており、渓流から中流域で活躍する取り回しの良いネットです。
木製であるため自重も軽く、トラウトにも優しいラバーネットであるため、ネイティブ、エリア問わずおすすめです。

また別売りのマグネットリリーサーなどを取り付けることで、より携帯性を高めることができます。

STTS ランディングネット

STTS ランディングネット

全長/幅/深さ:約60cm×28cm×23cm
重さ:381g
ストラップ長さ:約50cm

Amazonで詳細を見る

全長60センチのやや大きめのサイズ感の木製ランディングネット。
主に中流域より大きめの河川での大型のトラウトにぴったりのサイズ感です。
ネットには透明なラバー素材が採用されており、熱を持ちにくく魚にダメージを与えにくい特徴があります。

SETAKO 木製ラバーランディングネット ウッドフレーム

SETAKO 木製ラバーランディングネット ウッドフレーム

全長:約60cm 
幅:約28cm 
重さ:約330g
ネット口径:約37×26cm 
ネット深さ:約20cm 
持ち手:約20cm

Amazonで詳細を見る

全長60センチの大型のランディングネットです。
中流から本流の大型のトラウトにぴったりのサイズ感になっており、ラバーネットなので魚にも優しいです。
ネットに深さがあるため想定外の大物がヒットした際も安心したランディングが可能です。

雅木鐸 木製ランディングネット

雅木鐸 木製ランディングネット 3.5kgネオジウム磁石

枠サイズ:約22×約18cm,深度28cm。
全長:約35cm,重さ:170g。

Amazonで詳細を見る

雅木鐸の木製ランディングネットです。
ラバーコートネットを採用しており、魚へのダメージはもちろんフックが絡まるなどのトラブルを防止する効果もあります。
またトラウトフィッシングと相性のよいコルクグリップで、この価格帯のアイテムの中では機能性が非常に高いアイテムです。

まとめ

今回はトラウトフィッシングにおすすめのランディングネットとして手軽に購入できる5アイテムを紹介していきました。
ランディングネットはトラウトを迅速にランディングできるだけでなく、ダメージを与えずリリースできるという点でも必ず必要なアイテムです。

ロッド、リール、ルアーなどのアイテムと同等の価値がある必需品としてトラウトフィッシングをはじめる際は必ず用意することを忘れずに!

関連記事