FishMasterのロゴ

shun21

初心者でも釣れる堤防釣り!基本からおすすめの釣り方まで徹底解説!

気軽に楽しめ、最近ではファミリーフィッシングなど幅広い人から人気な堤防釣り。「自分もやってみたいなぁ」という人も多いのではないでしょうか?そんな方のために、初心者におすすめの堤防釣りを基本から徹底的に解説します!

初心者に堤防釣りがおすすめな3つの理由

出典:photo-ac

安全に釣りを楽しめる

まず第一に、堤防からの釣りは他の釣りに比べて、とても安全です。
堤防は足場が広く平らなので小さな子どもでも入ることができ、ファミリーフィッシングにも向いています。
また、磯のように、鋭い岩で手を切る心配がないのも嬉しい点です。

狙える魚が豊富

堤防はとにかく狙える魚の種類が豊富です。
沖に少し出ていることが多く、水深もある程度あるので、小型の魚から大型の魚までたくさんの魚がいます。
また、漁港の隣にある堤防なんかは、船や潮のの通り道が近くにあるので流れに変化ができやすく、そこにも魚が集まります。
いろいろな魚がいてるので、釣りはじめての方でも簡単な仕掛けで魚を釣ることができます!

アクセスがいい

堤防は磯や沖一文字とは違い、渡船で渡してもらう必要がないため、たいていの場合、車で行くことができます。
初心者にとって釣りを始めるときに、アクセスの便利さも重要なポイントではないでしょうか。
最初から渡船を予約して...なんてむずかしいですよね?
だから、簡単に行ける堤防がおすすめなんです。

堤防で釣れる魚の種類

出典:Visual Hunt

堤防では四季折々たくさんの魚が釣れます。
ここでは、堤防から釣れる魚の一例を、季節別にご紹介します。

メバル 春に釣れる魚で煮付けなどにすると美味。
スズキ シーバスとも呼ばれる大型魚。
アジ 春から釣れだす地域もあります。小さいものは唐揚げがおすすめ。
イワシ 回遊魚の一種で群れで行動しているため、釣れると連続して釣れやすい。

アジ 夏の定番ターゲット。サビキ釣りで狙える。
イワシ アジと同じくサビキ釣りの定番ターゲット。
サバ サビキ釣りで釣ることができる。大きいものは引きも強力。
サッパ ニシン科の魚で、これもサビキ釣りの人気ターゲット。
キス ちょい投げ仕掛けで簡単に狙える。

サヨリ 堤防釣りの人気ターゲットで、刺身が美味しい。
ハゼ 河口付近などの汽水域にいることが多い。
メジナ 小さいものはサビキ釣りで、大きいものはフカセ釣り(中上級向き)で狙える。
タチウオ 秋の超人気ターゲット。初心者でもルアーで狙うことができる。
アオリイカ こちらも超人気ターゲット。アオリイカ用のセットタックルも売っていて簡単に始められる。

カレイ キスと並ぶちょい投げの人気ターゲット。煮付けが美味。
アイナメ 冬の定番ターゲットで大きいものは30cm〜40cmにもなる。

年中釣れる魚

カサゴ ガシラとも呼ばれ、煮付けや唐揚げが美味しい。
クロダイ 鯛の一種で、強烈な引きが魅力。
スズメダイ サビキ釣りをしているとよくかかる。エサ取りの代表的な魚。

テトラの隙間にいてるカサゴや、漁港の近くにいるクロダイなどは、そこに居着いているので基本的に1年中釣れます。

堤防で出来る釣りの種類

出典:Visual Hunt

堤防からできる釣りの種類はたくさんあります。
まずは堤防釣りの定番、サビキ釣りです。
アジやイワシなどの小魚を狙う釣りで比較的簡単に魚を釣ることができます。
また、ちょい投げといって、堤防から軽いオモリをつけてキスなどを始め投げ釣りのターゲットをお手軽に狙える釣りもあります。

他にも、ルアーなどを投げてブリなどの大型魚を釣るルアー釣りや、アオリイカが釣れるエギングと呼ばれる釣りも堤防からすることができます。
初心者からベテランまで、あらゆる釣りが可能な堤防ですが、その中でも今回初心者の方に始めやすいおおすすめな釣りを厳選してみました。
それが、サビキ釣り・ちょい投げ・エギングです!

サビキ釣り・ちょい投げ・エギングの釣り方

出典:Visual Hunt

堤防釣りの定番サビキ釣り

【釣れる魚】アジ・イワシ・サバ・サッパ・スズメダイ・メジナ etc.

まずはサビキ釣りです。
サビキ釣りは、アミエビというプランクトンをエサに味やイワシなどの小魚を釣る釣り方です。
5〜6本のハリが付いた仕掛けにカゴをつけ、そのカゴの中にアミエビを入れて海に落とし、仕掛けを上下します。
すると、カゴからアミエビが出てきて、魚はハリについた装飾をアミエビだと思い食い付きます。

とても簡単な釣りで、海釣りの入門中の入門といっても過言ではありません。
はじめてでもほぼ確実に魚を釣ることができるので、ファミリーレジャーや子どもが始めるのにももってこいです。

サビキ釣りの詳しい釣り方はこちら。

ささめ針ボウズのがれサビキ下カゴ式XA003M

いろいろな種類のハリが付いているので、サビキ釣りの定番アジはもちろんあらゆる魚に対応できます。

Amazonで詳細を見る

ちょい投げでいろんな魚種を狙おう

【釣れる魚】キス・カレイ・アイナメ・カサゴ・メバル etc.

ちょい投げは、堤防から手軽に投げ釣りターゲットが狙える人気の釣りです。
専用の仕掛けを糸の先に付け、ハリにアオイソメというエサを付けたら、あとは軽く投げるだけ!
すると、簡単にキスなどが釣れます!
食いが悪い時はときどき、ズルズル巻きながら動かしてやると、魚の反応が良くなります。

ちょい投げに関してはこちらの記事に詳しく書かれていますので、あわせてご覧くださいね。

ささめ針 ちょい投 2本鈎 K-001 7号-1.5

2組入(全長:0.8m 堤防・波止釣り仕掛け)

Amazonで詳細を見る

エギングでルアー釣り入門

【釣れる魚】アオリイカ・コウイカ・(たまに)タコやその他イカ

エギングは初心者、ベテラン問わず大人気の釣りジャンルです。
エギングではPEラインと呼ばれるラインの先に、エギと呼ばれるルアー(疑似餌)を付けてイカを釣ります。
エギを沖に向かって投げ、海底まで沈めたらチョンチョンッとしゃくりあげてきます。
するとイカはそれが弱った小魚だと思い飛びついてきます。
コツを覚えればとても簡単なので、ぜひ試してみてください!

エギングについての詳細はこちらの記事をどうぞ。

encologi エギイカ釣りセット 10本 3.5号

【仕様】encologi 3.5号✖️10本エギ セット+エギング ケース+カラビナフック付
【カラー】:画像参照10種類の多彩なカラーバリエーショ

Amazonで詳細を見る

おすすめ堤防釣りタックル3選!

出典:Visual Hunt

サビキ用入門セット

サビキ釣りに必要ものは、意外と多く全て自分で用意するとなると大変です!
特にはじめて釣りをされる方は何を買っていいか分からないと思います。
そこで便利なのが、サビキ入門セットです。
サビキ釣りに必要な道具から仕掛け、エサまで全てついているので、そのまま釣り場に直行できます。
竿も初心者でも扱いやすい長さで、持っていても疲れにくいです。
「サビキ釣りやってみようかなぁ」って方はぜひこちらのセットをどうぞ!

つり具TEN コンパクトサビキ釣り入門完全釣りセット 1ヶ月保証付 (サビキ釣り竿リールサビキ仕掛けアミ姫他全7点セット)

①堤防釣り竿 全長 1.8m 重さ93g 仕舞寸法 44cm オモリ負荷 5~20号
②リール 堤防用小型リール ナイロンライ3号糸巻き済み
③サビキ仕掛けセット(仕掛け3枚、コマセカゴ、ミニタオル、ハサミ、専用ケース)④コマセエサ「アミ姫」
⑤水汲みバケツ ×1個
⑥魚つかみはさみ
⑦釣り入門ガイドブック1冊

Amazonで詳細を見る

ちょい投げ用入門セット

ちょい投げに使う竿は、2.5m〜3mの短めの竿で大丈夫です。
通常投げ釣りの竿はもっと長いですが、ちょい投げでは遠投しませんので、ちょい投げセットの竿で十分です!
ちょい投げセットには投げ釣りに必要な仕掛けは全て入っています。
ちなみに下の様なちょい投げ仕掛けも、予備として持っていくと安心です。

プロマリン(PROMARINE)ロッドPGわくわくチョイ投げセットDX240

ちょい投げセット。天秤など投げ釣りに必要なものはここに揃っています!

Amazonで詳細を見る

ハヤブサ かんたん投げ釣りセット 立つ天秤 2本 HA3107-8

入数:2本鈎2セット
オモリ(号):7
カラー:イエロー
鈎(号):8
ハリス(号):1.5
幹糸(号):3

Amazonで詳細を見る

エギング用入門セット

エギングを始めるなら、エギング入門セットがおすすめです。
エギング用のロッドやリールって揃えようと思うと、結構高いんです。
最初からそんなに高価なものを購入するのは気が引けるという方も多いのではないでしょうか?
入門セットならリーズナブルに、エギングに必要なタックルを揃えられます!

Friday 釣り場に直行 エギング入門5点セットA

フルセット内容のエギング入門5点セット

Amazonで詳細を見る

つり具TEN アオリイカエギング入門完全釣りセット PEライン糸巻き済(エギングセット初心者)

セット内容
・ロッド
・リール
・ライン
・リーダー
・スナップ
・エギ
・ケース
・イカ締めピック
・カンナ直し

Amazonで詳細を見る

堤防釣りにあると便利な釣り道具

出典:pixabay

今までご紹介した道具で最低限釣りができます。
しかしせっかく釣りに行くのなら、快適で楽しい釣りにしたいですよね?
ここでは、堤防釣りにあると便利な道具をご紹介します。
持っていて損はないものばかりですので、ぜひ釣りに行かれる際は持って行ってみてくださいね!

ワニグリップ

ワニグリップはできれば必ず持っていくと、釣った魚をつかむのに便利です。
手を汚さずにつかめて、魚をつかむのが苦手な人もこれで大丈夫です!
また、トゲや毒のある魚がかかったときにも安心です。

第一精工ワニグリップMC

ベルトやクーラーボックスに装着できるようになっていて便利です。

Amazonで詳細を見る

ハリ外しプライヤー

魚の中には歯が鋭い魚がいます。
手で直接触ると手を切る恐れもあります。
そういったときは、このプライヤーを使ってハリを外しましょう!

プロックス(PROX)針はずしプライヤーPX752A

ロングノーズ設計で奥に入ったハリも簡単に外せます。

Amazonで詳細を見る

水汲みバケツ

水汲みバケツは堤防釣りに持って行くと、何かと便利です。
釣った魚を入れておいたり、汚れた手を洗ったり、飛び散ったコマセを洗い流すのにも役立ちます。
値段もそんなに高くないので、ぜひ持って行きたい一品です!

シマノ 水汲バッカン BK-053Q

カラー:カーキ
サイズ(cm):17
外寸(cm):17×19×16
素材:EVA

Amazonで詳細を見る

ライフジャケット

これは便利道具というより、必ず持っていくものです。
思わぬところで転んだり、海に落ちる可能性もあります。
大切な命を守るためにも必ず着用しましょう!

SuperSunnyライフジャケット手動膨張式ベルトタイプライフベストCE認証取得済

95キロの体重まで耐えられます。腰に巻いて使うタイプなので上半身が動きやすくおすすめです。

Amazonで詳細を見る

クーラーボックス

釣った魚を持って帰って食べるならクーラーボックスを持って行きましょう!
釣った魚を入れて帰るだけではなく、昼ごはんやペットボトルを入れておくのにも便利です。

Astage(アステージ)クーラーボックスアイセル#10W約29×D約21.9×H約26.9cm

小型タイプでサビキ釣りなどの堤防釣りにぴったり!ベルト付きで持ち運びも楽です。

Amazonで詳細を見る

まとめ

出典:pixabay

いかがだったでしょうか?

四季を通してあらゆる魚が釣れる堤防釣り。
釣り方が簡単なものも多く、初心者の方でも楽しく釣りができます。
足場も安全でカップルやファミリーフィッシングにも最適です!
今度の休日にふらっと出かけてみてはいかがでしょうか?

関連記事