FishMasterのロゴ

x1030ka

メタルジグを使ったアジングの基礎知識とオススメルアー5選

メタルジグとはジャーキングで動かす金属でできたルアーです。比重が高いので、キャストに飛距離が出る、底を早く探れるというメリットがあります。アジングでリアクションバイトを楽しみたい人にはおすすめです!

当サイトおすすめ!
★ メタルジグ人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) メタルジグ アジング メバリング 月下美人 プリズナーTG 7g イワシ ルアー

Amazonで詳細を見る

Jackson(ジャクソン) メタルジグ ギャロップベイビー 41mm 7g ライブベイト ルアー

Amazonで詳細を見る

メジャークラフト ルアー ジグパラ マイクロ JPM

Amazonで詳細を見る

メタルジグは金属性の重いルアー

出典:visual hunt

鉛やタングステンを使って作られた、イワシ等の小魚を模した形のルアーのことを、メタルジグといいます。
このルアーの特筆すべき特徴は、「遠くへ飛ばすことができる」ことと、「早く沈めることができる」ことです。

基本的にルアーは本体の中にバランスをとるための重りが仕込まれており、そのうえでリップやボディの形状で個々のアクションをするように作られているものがほとんどですが、メタルジグは本体そのものが一つの金属でできています。よって、空気抵抗を受けにくいため「遠くにとばすことができる」し、ルアーの重さの分「早く沈めることができる」のです。

メタルジグは主にすばやいしゃくりと巻き取りを繰り返す「ジャーキング」というアクションを主とした、ロッドアクションで動かします。

大きさはアジ等の小型の魚を釣るための数gのものから、沖で大型魚を釣るための数100gのものまで、幅広い種類があります。

メタルジグを使うメリット

メタルジグを使ってアジングをするメリットは以下のとおりです。

遠くに飛ばすことができる

メタルジグは金属でできているため、空気抵抗が少なく、遠くまでキャストすることができます。他のルアーと比べても、飛距離は段違いです。
堤防等、陸からアジングをしていて、もっと沖にキャストできたら、大型のアジが狙えるのでは?そう思うことがありますよね。他のルアーでは、そこまで届きそうにない!そんな時にメタルジグは最高の武器になります。ワーム等では届かない距離の魚を釣ることができる、それがメタルジグを使うメリットの1つです。

リアクションバイトをねらえる

メタルジグはアジの、「動くものに反応してしまう」という本能を刺激し、反射的に食いつかせる能力があるルアーです。
ワームを使ったアジングを経験された方で、今日はワームへのアジの反応が悪いな、そう思ったことがある方は多数いらっしゃるのではないでしょうか。
そんな時に活躍するのが、このメタルジグです。
ワームでのアジングは、アジの食欲を煽って食いつかせることを目的としていますが、アジに食欲がない時は効果がありません。
メタルジグは食欲を煽るのではなく、アジの本能を刺激することを目的としたルアーです。よって、食欲がないアジにも効果的です!
人間が飛んできたボールから反射的に身を守る本能があるように、アジは目の前に現れた素早い動きをするものに反射的に食いついてしまう本能があります。メタルジグを着底させ、ジャーキングすると、目の前を通るメタルジグに反応してアジが反射的に食いついてきます。

その魚独自の本能を刺激し、反射的に食いつかせることを「リアクションバイト」というのですが、メタルジグはリアクションバイトを誘うことが得意なルアーなのです。

だから、アジの食欲とは関係なく釣果が狙えます。これが2つ目のメリットです。

ボトム付近を効率よく探ることができる

金属で出来たルアーなので本体の重さの分沈みます。通常の、重りによってバランスを調節してあるルアーより、早く沈めることができます。
普通ですと、ルアーを沈めるのに時間がかかるため、効率よく海底付近(ボトム)を広範囲に探ることが難しいですが、メタルジグは沈むのが速いため、アジがいる場所を短時間で効率よく見つけることができます。
これが3つ目のメリットです。

流れが速い場所で使いやすい

メタルジグは大きさの割に重く、流れが速い場所でも水流に影響されにくいルアーです。よって、流れが速い場所にキャストしても、狙いたい深さに早く到達し、その深さをキープしながら操作することができます。ワームでは水流に流されてしまって操作が難しい、そんな場所でもメタルジグなら釣ることができます。これが4つ目のメリットです。

メタルジグを使うデメリット

メタルジグでのアジングには以下のようなデメリットもあります。

ゆっくり誘う釣りには不向き

メタルジグは重いので、ゆっくりと動かすことができません。
アジがゴカイやアミ類、プランクトン等を捕食している際には、ゆっくり動かすことのできるルアーの方が有効であることが多いです。よって、ゆっくり動かすことができないメタルジグでの釣りは難しいでしょう。

レンジをキープすることが難しい

メタルジグは先述したとおり、金属でできたルアーなので、操作せずに放っておくと沈みます。
また、通常のルアーについているリップのように、一定の層をキープする機能もないので、すべての動きがマニュアル、釣り人の操作次第です。
流れや水深などに応じてレンジ(深さ)をキープするには操作練習が必要になります。

メタルジグの素材となる金属は主に2種類、形は3種類

出典:PEXELS

素材①鉛

もっともオーソドックスな素材になります。鉛は安価で加工もしやすいため、比較的安価な物が多いのが特徴です。
比重が低く、早く沈み過ぎないため、ゆっくりとしたフォールアクションが必要なとき重宝します。
デメリットとしては、比重が低いため、重いものは大型になり、水の抵抗を受けやすいことなどが挙げられます。

素材②タングステン

高比重な素材なので小型でも重く作ることができます。また、硬い素材なので衝撃にも強く強度があります。
その反面加工にコストがかかり、価格も少々高めです。比重が高いため、鉛よりも小形でフォールスビードを早く出来ますが、ゆっくりとしたフォールには不向きです。

作り①標準

最もオーソドックスな形状です。
ジャークへの反応や、フォールスピードも後述する2種類の間となります。まずはこちらから購入してみましょう。

作り②スリム

名前のとおり標準よりもスリム(細身)な作りをしています。ジャーキング等のロッドワークへの反応もよくキビキビ動かすことができます。フォールスピードも細身な分早く、反射的に食わせるための素早いアクションをさせたいときに重宝します。
だだし、フォールスピードが早いため反応しきれない魚もいます。

作り③スロータイプ

標準よりも幅広く作られている形状になります。フォールスピードが前述の2種類よりもゆっくりなので、ジャーキングして素早く動かした後、落ちる間に長い時間バイトチャンスがあります。
ただし、フォールスピードがゆっくりなので、リアクション要素は前述の2種に劣ります。

メタルジグは沖での釣りや、水深の深い場所での釣りに最適!

出典:PEXELS

沖にアジの回遊が見られるとき

いつもアジングをしているポイントで、何だかアジの魚影が薄いと思ったことや、小魚が沖を泳いでいるようなシチュエーションに出くわしたことはありませんか?
そんなときは、アジはが沖を回遊していたり、沖を泳ぐ小魚の下に着いていることが多くあります。メタルジグを使って遠くを探ってみましょう。

特に、朝と夕方のマズメ時には、沖目にアジがボイル(表層付近の小魚等を補食し水面がざわつくこと)することが多々あります。こんなときは遠くに飛ばし、素早く動かすことができるメタルジグの独壇場です。
キャロ等、最近はワームを遠くに飛ばす方法も有りますが、小魚に狂ったアジにはメタルジグが有効です。

深い場所で釣りをしているとき

アジングをしていてもっと深い所を効率よく探りたいことってありますよね?
ワームではゆっくり過ぎて時間がかかる、キャロでは飛ばせても広い水深を探るには時間がかかる、そんなときメタルジグなら早く沈めてテンポよく広い深さを探れます。
早くアジのいる深さを見つけることができれば、あとはワームでもメタルジグでも、その層のアジが好む動きを見つけてあげれば良いだけです。
早くアジの居場所を見つけて、じっくりと釣りができるため、他の釣り人よりも多くの釣果が望めること間違いなしです。

ゆっくりとした釣り方に反応しない時

目の前にアジはいるのにワームでゆっくりさそっても反応が悪い…そんなときはメタルジグを使ったリアクションの釣りが有効な時があります。
目の前で素早くキラキラ動くメタルジグに思わず反応し口を使ってしまう。
食い気のないアジに強制的にスイッチを入れることができる。
これもメタルジグの得意とする芸当です。

ルアーは色と重さで選ぼう!

出典:visual hunt

メタルジグには沢山のカラーが存在します。
何十種類もあるメタルジグを全部持っていったらバックが重くて釣りになりません。
いくつかシチュエーションに応じてカラーを用意しましょう。

青系(イワシカラー)

メタルジグなら必ずラインナップされているこのカラーは、アジが小魚を追い回しているときに有効なカラーです。
朝夕方のマズメ時に、魚がボイルしている時には、活躍すること間違いなしです。

ピンク系

こちらもメタルジグなら必ずラインナップされているカラーです。
青系と同様に小魚を追っている時や、少々潮が濁っていても目立ちますので、青系と併用し反応を見分けるときに使いましょう。

シルバー系

メタルジグは基本的にフラッシング効果(キラキラすること)が強いルアーですが、その中でも強烈にフラッシングするのが、このシルバー系です。
遠くから魚を呼べるくらいのフラッシングにアジも思わず口を使ってしまいます。

グロー系

フラッシング効果は少し薄れますが、いわゆる夜行カラーです。暗い時にも光ってアピールします。夜はもちろん、まだ日の明けきらないマズメ時や、光が届きにくい深場を釣るとき、潮が濁っていても存在感を出すことができます。

重さ

メタルジグは何百gもあるものもありますが、アジングで使われるものは1g程度から重くても20g程度のものが陸からの釣りにはむいています。重くても釣ることは出来ますが、口の弱いアジは、ルアー自体の重さに耐えきれず、ばらしにつながりますので、釣り場の状況に応じていくつか重さも用意しましょう。
あくまで目安ですが、参考いただければ幸いです。

出典:visual hunt

1gから3g

主に港湾部で流れも強くなく、水深も3~5m位のエリアで活躍します。表層付近でベイトをおっているアジを一網打尽にしましょう。

5gから10g

1番オーソドックスなアジング用のメタルジグのサイズです。
表層からボトムまで幅広く探るのに適しています。急な流れでなければ10メートル程度まではストレスなく使えます。

15gから20g(またはそれ以上)

流れが強く水深もある場所では、軽いサイズでは底もとれずに何をやっているかわからなくなります。
潮の流れに応じて重いものもあると、より幅広いシチュエーションに対応出来ます。
しかしルアーが大きすぎると、アジもエサとして認識しませんので、重くても小型化できるタングステン素材が良いでしょう。

タックルは自分の釣り方に合わせて

出典:PEXELS

ロッド

最近はアジングブームで各メーカーからメタルジグでのアジング専門のロッドが販売されています。使用するジグの重さに応じて選びましょう。
使いやすいのは7~8フィート程度、21gのルアーが使用可能なロッドであれば大抵のシチュエーションはカバー出来ます。
ただし、専用ロッドは高い為、色んな物と併用したいという方がほとんどかと思います。
そんなときは手持ちのバスロッドやエギングロッドでも十分に対応出来ます。
バスロッドであれば7フィート位のML~Mクラスのもの(ルアーウエイトのMAXが14g程度あれば十分)、エギングロッドであれば7フィートから8フィート前半のL~ML程度のもがおすすめです。柔すぎると操作性が悪く、固すぎるとばらしに繋がります。
最初は、手持ちで丁度のものを見つけ、専用のロッドが欲しくなったら、自分のよく行く釣り場にあわせて選ぶ事が得策かと思います。

ダイワ 月下美人 アジング 78ML-S・R

全長(m):2.34
継数(本):2
仕舞(cm):121
自重(g):81
ルアー重量(g):2~15
適合ライン:ナイロン(lb) 2~6 / PE(号) 0.15~0.6

Amazonで詳細を見る

リール

シマノ社のものであれば2500番まで、ダイワ社のものであれば2000番程度までの小型のスピニングリールが使いやすいでしょう。また、操作して早くラインを巻くため、可能であればハイギアのものがストレスなく釣りができます。

シマノ ソアレCI4+ 2000SHG

ギア比:6
実用ドラグ力(kg):2.5 / 最大ドラグ力(kg):4
自重(g):180
ナイロン糸巻量(lb-m):3-125、4-100、5-75 / フロロ糸巻量(lb-m):3-110、4-85、5-65 / PE糸巻量(号-m):0.6-150、0.8-110、1-80
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):81

Amazonで詳細を見る

ライン

デュエル アーマードF アジ・メバル 100m

全長:100m
0.4号
標準直線強力: 3kg
オレンジ
MAX(Lbs.):6

Amazonで詳細を見る

メタルジグの釣りでは延びの少ないPEラインが圧倒的に使いやすいです。5g程度までのメタルジグであればフロロカーボンでも使えなくはないですが、ラインに伸びがあるので、アタリの伝達が悪い、フッキングが決まらないなど支障がでます。
0.3号~0.6号までのラインが使いやすくおすすめです。細ければ細いほど飛距離は出ますが、メタルジグは不意に大物がかかる可能性が高いルアーです。重いジグに細いライン、太いラインに軽いジグを使うのはライントラブルやばらしに繋がりますので、使うジグの重さや、釣り場の状況に応じて使い分けましょう。
また、PEラインは直結すると岩や魚の体に触れて切れやすいラインです。そのためショックリーダーという別種類のラインを結び、その先にルアーを着けます。リーダーはフロロカーボン素材で、状況にもよりますが、1.5号(6ポンド)~2号(8ポンド)程度の物が、アジにも見切られにくく、ラインブレイクの確率も下がります。

ちなみに筆者はメインラインにPE0.5号、リーダーに1.75号(7ポンド)を使用しています。アジングのメタルジグ、キャロに加えてエギングにもそのまま使える太さなので御参考になれば幸いです。

メタルジグを使ったアジングはこの5つのルアーで決まり!

メジャークラフト『ジグパラ』

サイズもカラーラインナップも抱負で価格も安価。お財布にも優しい実力者!
フォール、スリムタイプもラインナップされているので、まずばジグパラでアジングメタルジグに入門してみては?

メジャークラフト ジグパラ マイクロ

重量:5g
カラ:ブルーピンク

Amazonで詳細を見る

ブリーデン『バイスライダー』

ソルトライトゲームのエキスパート、レオンこと加来匠さん監修のライトゲーム専用メタルジグ!特筆すべきは前後双方にラインを結ぶアイがあり、それぞれでまったく違ったアクションを出すことができます。ゆったりとした木の葉フォール、方向をかえ急激に落ちるバックスライドフォール。
2つのアクションでデカアジを一網打尽!?
また、アジだけでなくメバルや小型回遊魚にも有効です。ライトゲーマーなら必ず持っておきたいルアー。

ブリーデン バイスライダー 4.5g #03ブルーイワシラメ

全長: 32mm
自重: 4.5g

Amazonで詳細を見る

シマノ『ソアレ メタルショットTG』

シマノのライトゲーム専用器、ソアレシリーズからリリースされているメタルジグ!
タングステン素材で小型ながらもウエイトがあり、アジ攻略の幅を広げてくれます。

シマノ(SHIMANO)メタルジグソアレメタルショットTGルアー

小さい・飛ぶ・釣れるの三拍子揃った小さな巨人!
サイズが豊富でマイクロショアジギングにも対応しています。

サイズ:3g/5g/7g/10g/14g/16g/24g/32g/40g
カラー:全6色

Amazonで詳細を見る

ダイワ『月下美人プリズナー』

ダイワ、ライトゲーム専用ブランド月下美人シリーズからリリースされているメタルジグ。
長きに渡りライトゲームメタルジグと言えばプリズナーと言われているくらい有名なメタルジグです。
ダイワが開発した「サクサスフック」を見にまとい、どんなショートバイトもフッキング!

ダイワ 月下美人 プリズナーCV

自重:5.5g
フックサイズ:#6
色: アカキン

Amazonで詳細を見る

ジャクソン『ギャロップベイビー』

ショアジギングの定番、ギャロップシリーズから出たライトゲーム専用のルアーです。
ジャークあとのヒラヒラアクションにアジも思わずパクリと口を使います。
また、アジだけでなくメバル、カマス、メッキなど海のライトゲーム全般をカバー出来ます。

Jackson(ジャクソン)メタルジグギャロップベイビー41mm7gライブベイトルアー

小さいボディで大きなアピール力!ティンセル付きのアシストフックがアピールをプラス!

サイズ:3g/5g/7g/10g
カラー:全8色

Amazonで詳細を見る

まとめ

出典:PEXELS

メタルジグは金属でできた比重の高いルアー。
沖のアジを狙いたい時、深いところを探りたい時、リアクションバイトを狙いたい時に力を発揮します。
素材は鉛とタングステンがほとんど。
形は大きく分けて3種類、色や重さはもっとバラエティ豊か。釣り方によって使い分けることができます。
各釣りメーカーから、品質のいいメタルジグが発売されていますので、色々試して1番自分に合ったものを見つけてください。

当サイトおすすめ!
★ メタルジグ人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) メタルジグ アジング メバリング 月下美人 プリズナーTG 7g イワシ ルアー

Amazonで詳細を見る

Jackson(ジャクソン) メタルジグ ギャロップベイビー 41mm 7g ライブベイト ルアー

Amazonで詳細を見る

メジャークラフト ルアー ジグパラ マイクロ JPM

Amazonで詳細を見る

関連記事