FishMasterのロゴ

LightHit

【初心者向け】おすすめタイラバリールとベイト・スピニングの選び方

この記事では、タイラバ初心者向けにおすすめのリールをベイト・スピニングにわけて紹介しています。サイズ・ギア・ハンドル・重さ・価格帯など、選ぶポイントがいくつもあるので、ぜひ参考にして自分にぴったりのタイラバ用リールを見つけてください。

タイラバのリールは2種類 〜 ベイトとスピニングの選び方 〜

出典:photoAC

タイラバのリールには、ベイトリールとスピニングリールの2種類があります。しかし、タイラバ釣りに使われるリールは「ベイトリール」が基本となります。

以下でベイトリールとスピニングリールのタイラバにおける特徴・選び方などをまとめます。非常に分かりやすくなっているためタイラバを始めてみたい方必見です。

【基本】タイラバにはベイトリールを!

記事766の画像125691

出典:ダイワ公式

タイラバの基本はベイトリールといわれています。よほどの好みがない限り、初心者の方はベイトリールを選択しましょう。

ではなぜベイトリールなのでしょうか。ベイトリールの特徴からメリットなど紹介していきます。

タイラバの基本をこなせるのは、ベイトリール!

タイラバの基本は等速巻きです。一定のリーリングスピードでタイラバを巻き続けることができるかが、この釣りの釣果を左右するほど重要となる技術です。ベイトリールはその形状から安定した速度で巻くことが可能となっています。

またフォールの際のアタリを感じ、着底後素早く巻取りへ移行できるのもベイトリールの強みです。巻き上げ能力にも優れており不意の大鯛にも主導権を取られることなくキャッチまで持っていけるのがベイトリールです。

正にタイラバの基本となる”等速巻き”・”着底後すぐ巻き始める”・”大鯛との安心したやり取り”をこなせる基本スペックを持っているのがベイトリールなのです。

カウンター付きか否か

記事766の画像125689

出典:シマノ公式

タイラバ用リールには、水深やリーリングスピードを表示してくれるカウンターがついているものがあります。タイラバでは日によって当たるタナ・当たる巻きスピードが変わります。時には一投で状況が変わってしまうこともあり、特に初心者の方はその状況にアジャストさせるだけで一苦労です。

そのため、カウンターは特に初心者の方には補助の一環としてあると重宝する機能になっています。しかし、カウンター付きはやや高価+重量もやや重くなる傾向があるのでお財布と体との相談にしましょう。

安いリールと高いリールの違いは

タイラバ用リールは低価格なものでは1万円を切るものから、高いと4万円を超えるリールまで存在します。価格の違いを以下にまとめてみました。

  • 自重
  • ドラグ性能
  • ギアなどリールの剛性
  • 巻き心地

高いリールになればなるほど、軽くなり、スムーズにドラグが効き、壊れにくくなり、巻いている際にスムーズに巻くことができるようになっています。もし、「タイラバを本気でやってみたい」という初心者の方であれば、2万円弱はするであろうスタンダードなタイラバ専用リールを購入することをオススメします。

【早見表】タイラバのベイトリールの選び方スペックはこれだ!

サイズ PEラインの0.8~1号が200m以上巻ける、100~200番の小型両軸リール。
ギア 等速巻きに適したローギアタイプ
ハンドル 安定した巻き上げができるダブルハンドルタイプ。シングルハンドタイプはよほどの大型が釣れるパワーゲームが求められる場以外では使用しません。
重さ 200gを切るものが理想。1日巻き続けるため軽ければ軽い程集中力を保てます。

【NEWジャンル】キャスティングタイラバにはスピニングリールを!

記事766の画像125692

出典:ダイワ公式

近年、ベイトリール一辺倒だったタイラバリール市場に新たな動きが広まっています。それがスピニングリールを使った”キャスティングタイラバ”というジャンルになります。

一見すると等速巻きに適していないスピニングリールを使うメリットはないように思えますが、ではなぜスピニングリールを使うのでしょうか。

ウリはキャスティング能力とドラグ能力!

マダイの生息域は通常水深のある深場ですが、春の乗っ込み時期や秋の荒食い時は浅場に産卵/捕食のために水深の浅いところへあがってきます。またその他の時期でもベイトの状況や海のコンディション次第では浅場まで上がってくることがあり、そういう時は広い範囲を探れるタイラバをキャスティングして狙うキャスティングタイラバを行うことがあります。

スピニングはそんなときに使用されます。バックフラッシュなどのトラブルが少なく、キャスティング能力に勝るためです。等速巻きには慣れが必要ですが、ベイトリールとは違い、キャスティング能力に勝りベイトリールよりスムーズに効き調整のできるドラグを使い大鯛をキャッチすることができます。

この2つの特徴を活かした釣りであるキャスティングタイラバにはスピニングリールが最適というわけです。

【早見表】タイラバに求められるスピニングリールの基本スペックはこれだ!

サイズ PEライン0.8~1号を200m以上巻くことができる2500番台
ギア 等速巻きを不得手とするハイギアは避け、ローギアがおすすめ。
ハンドル Tタイプは避け、滑りにくい丸タイプを選ぶと良いでしょう。
ドラグ 浅場の魚はサイズ以上に引くためドラグの効きが良いリールを選ぶ必要があります。

【おまけ】タイラバリールに巻くラインとは

メインラインとして、伸びがほぼなく感度・強度に優れているPEラインを使用します。通常0.8号~1号を使用します。初めてのアングラーであれば1号を200m巻いておきましょう。

ベテランアングラーは0.6号以下まで細いものを使い大鯛との一騎打ちを楽しんでいますが、それだけに繊細なやり取りなどが必要となります。まずは1号200mで始めてみましょう。ただ、どんなラインでもいいわけではなく、できれば”8本撚り”で、”ラインマーカー付き”を選択しましょう。

大きいと1m、10kgを超えるタイです。高切れなどで悔しい想いをするくらいであれば、やや値段は張ってもよいラインを使うに越したことはありません。

ダイワ UVF 紅牙 デュラセンサーX8+Si2 1号200m 5カラー(カラーマーキング付)

参考号数:1
強力(lb.):(Ave.) 18
強力(kg):(Ave.) 8.0
巻糸量(m):200
カラー:5カラー (ピンク/グリーン/ブルー/蛍光オレンジ/パープル)

Amazonで詳細を見る

タイラバに求められる”8本撚り”・”強度”・”ラインマーカー”を備えている安心のダイワ製タイラバ用ラインです。
1m毎のラインマーカーがあるのでマダイが当たったタナ・食ったタナが一目瞭然になります。

ショックリーダーは必須!

PEラインにはショックリーダーが必須です。低伸縮で根擦れに強いフロロカーボンを選びましょう。3~4m程をFGノットなど摩擦系ノットで結びます。

太さはPEラインの号数に合わせて、1号のPEラインなら14~16lbあたり、PEラインが0.8号なら10~12lbがおすすめです。

ダイワ 紅牙リーダーEX II タイプF ステルスピンク 4号-35m

巻糸量:35m
号数:4号 (参考ポンド数:16lb)
ラインカラー:ステルスピンク / 付属:スプールバンド (カラー:シルバー)

Amazonで詳細を見る

タイラバ初心者は『ベイトリールのノーマルギア』を選ぼう!

記事766の画像65467

出典:Visual Hunt

初心者の方がまず1台ということであれば、【ノーマルギアでPE1号が200m入る小型のベイトリール】を選択しましょう。

ここまで書いてきたように、タイラバには”等速巻き”が主に求められます。慣れていないと等速巻きを習得するだけで数釣行無駄にしてしまう可能性があります。そうならないように等速巻きがしやすいベイトリール、そしてPE1号が200m程度入るラインキャパシティを持った小型のベイトリールを選択しましょう。

【初心者】タイラバエントリーに最適な低価格リール

出典:photoAC

ここからは1万円少々で購入できるエントリーに最適なベイトリールを紹介します。低価格ながら他の釣りでも使用実績のあるリールになりタイラバにも使用可能です。

もちろん、使用しているうちにトラブルが起きるリスクが無きにしも非ずであり、中級者の方はおろか初心者の方でも物足りなさを人によっては感じることがあるかもしれません。「まず1台、リールを持ってみたい」という方にオススメです。

1. 軽さを追求したコスパモデル

シマノ ゲンプウXT 150

ギア比:6.3
最大ドラグ力(kg):4.5
自重(g):195
PE[タナトル]糸巻量(号-m):1.5-200、2-150、3-100
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):67
スプール下巻ライン(PE号-m):2-100

Amazonで詳細を見る

シマノより発売されている入門者向け両軸リール、ゲンプウ。
タイラバだけではなくカワハギ、マルイカ、ライトアジなど様々なライト系釣り物に対応しているこのモデルになります。
糸巻きもタイラバには十分なスペックとなっております。
重量も195gと入門機としては軽いものになっているため、色々な釣りに使いまわせるのも見逃せないポイントです。

2.ハイギアモデルで回収が楽になる!

タカミヤ ギガソルトHG 左ハンドル

巻き取り長さ:77cm
ギヤ比:7:1
自重:243g
最大ドラグ力:5.5kg
糸巻量:PE0.8号-260m、1号-200m、1.5号-140m
ベアリング数:(本体)7、(ローラー部)1
巻き手:左専用

Amazonで詳細を見る

タカミヤより発売されている当リール。
重量こそ上の2つに比べやや重いですが、リール1回転で巻ける糸巻き量77㎝は手返しが早くなるため評価できるポイントです。
また1号が200mぴっちり入るため、下巻きなどを考えずに200mの糸を買って巻けるのがストレスないですね。

3.ダイワの入門両軸リール!

ダイワ プリード 150SH-DH

巻取り長さ(ハンドル1回転)(cm):70
ギヤー比:7.0
自重(g):205
最大ドラグ力(kg):4
標準巻糸量 ブライト(号-m):2-150/3-100
標準巻糸量 ナイロン(号-m):3-130/4-100
ベアリング(ボール/ローラー):4/1

Amazonで詳細を見る

ダイワの船釣り入門リールのプリード150SH-DH/150SH-DH-L。
プリードには黒のシングルハンドルの150H、赤のダブルハンドルの150SH-DHの2種類があります。
が、タイラバをやるのであればダブルハンドルの150SH-DHを選ぶと良いでしょう。
重量も205gと入門用にしては軽く、デザインもよいので様々なロッドと組み合わせることができます。
大きすぎない構造の為、お子さんや女性の方でも手にしっくりくるデザインとなっております。
気になる糸巻き量ですが、PE1号であれば200mは巻けるため、タイラバのみならず様々なライトタックルフィッシングにおいて出番があるでしょう。

4.スピニングタイラバの1台に

ダイワ レブロス LT2500D

ギア比: 5.3
1回転巻取り長(cm): 75
標準自重(g): 220
最大ドラグ力(kg): 10.0
標準糸巻量(ナイロン lb-m): 8-220/10-190/12-150
標準糸巻量(ブレイド 号-m): 1.0-360/1.2-300/1.5-230

Amazonで詳細を見る

ダイワより、入門機として名高いレブロスを紹介します。
タイラバにおいて必要とされる巻き心地をサポートするエアローターや、剛性を高めるデジギア2、ドラグ性能にこだわったトーナメントドラグなどを搭載しており、タイラバだけではなく様々な釣りに使えるスペックになっています。
PE1号であれば360m程度入るラインキャパシティを持っています。
スピニングタイラバの1台目にいかがでしょうか。

【初中級者】初めての1台から乗り換えの1台へ!

記事766の画像125788

出典:シマノ公式

乗り換えを検討中のタイラバ経験者の方からタイラバをちゃんと始めたいという方にオススメのクラスになります。
このクラスからはタイラバ専用リールも登場し、基本性能もグッと上がってきているため、どのリールを選んでも後悔がないといってもいいでしょう。
しかしやはり自重や巻き心地の観点から、中上級者の方には満足できない部分も残されており、お財布事情や自身のキャリアなどを考え選択すると良いでしょう。
価格帯は実売価2万円台後半までとなります。

1. 釣果に必要なレンジとスピードをデジタル表示

ダイワ 紅牙IC 150

ギア比:6.3
最大ドラグ力(kg):5
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):70
自重(g):230
標準巻糸量 .PE(号-m):1-400、2-200

Amazonで詳細を見る

ダイワより、タイラバモデル”紅牙”からカウンター付きの1台を紹介します。
ヒットパターンをアシストしてくれる水深+巻きスピードが一目で分かるため、特にタイラバに慣れない初心者の方には強力なアシストになります。

2.初めての1台にもオススメ!シマノのタイラバ専用リール

シマノ 炎月BB 100PG

ギア比:5.5
最大ドラグ力(kg):5.5
自重(g):185
糸巻量 PE(号-m):1-200
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):59

Amazonで詳細を見る

シマノのタイラバモデル”炎月”シリーズより、入門モデルの1台をご紹介します。
自重185gというエントリーモデルとは思えない軽量さは1日巻いているタイラバにおいて強い味方になってくれます。
ただ軽いだけではなくカーボン強化素材CI4+をボディに採用しており剛性も強化。
1巻き59センチというパワーギアタイプのためゆったりとした巻き上げも行えます。
同価格帯で1巻き77センチのハイギアタイプも発売されているため自身の好みによって選ぶことができます。

3.驚きの自重160gがもたらす集中力!

シマノ スティーレSS 150HG 

ギア比:7.2
最大ドラグ力(kg):4.0
自重(g):160
PE[パワープロボートゲーム]糸巻量(号-m):1.5-200、2-150、3-100
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):72
ハンドル長(mm):51

Amazonで詳細を見る

同じくシマノより驚異の自重160gを達成した汎用リール”スティーレ”シリーズの廉価版スティーレSSを紹介します。
タイラバ専用リールではないとはいえ、そのスペックはタイラバに使うにも問題なし!
”HAGANEボディ”・”X-SHIP”がボディの剛性UPを、そして51㎜のハンドル、コアフィットボディが巻き心地向上に寄与、そしてエキサイティングドラグサウンドが釣り味を何倍にも向上させます。
遠心ブレーキであるSVSブレーキシステム搭載のためもちろんキャスティングもばっちこいです。

4.紅牙ブランドがスピニングでも!

ダイワ 紅牙MX 2508PE-H 

スピニングリールサイズ:2500
PE巻糸量(号-m):0.8-200/1-140
自重:210g
巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):84cm
ギア比:5.6
最大ドラグ力:7kg

Amazonで詳細を見る

ダイワより、”カルディア”をベースボディにした紅牙ブランドのスピニングリールを紹介します。
細糸でも大鯛に対抗すべく、ダイワのドラグ技術”ATD(オートマチックドラグシステム)”を採用し、スムーズなドラグの滑り出しを実現。
剛性が高く耐久力に優れる”ZAION”ボディやダイワの防水防塵テクノロジーの”マグシールド”を搭載しているため耐久力にも及第点です。

【上級者】タイラバを極めるならこのリールを!

記事766の画像125837

出典:ダイワ公式

中上級者へオススメする、タイラバを極めるなら是非お供にして頂きたいリールを紹介します。
価格帯は実売価3万円以上となりますが、どれもメーカーの技術の粋を結集させた素晴らしいリールばかりです。
それでは至高の1台をご覧ください。

1.【2018年最新】フォールでも食わせる、至高のタイラバリール

シマノ 炎月プレミアム 150HG

ギア比:7.8
最大ドラグ力(kg):5
自重(g):250
糸巻量PE(号-m):0.8-400、1-330、1.5-200
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):78

Amazonで詳細を見る

シマノのタイラバリール最高峰の本リール。その技術はさすがシマノと言わざるを得ない素晴らしいものです。
まずは巻き心地向上を図っている”マイクロモジュールギア”です。ギアから生じる僅かな雑音すらも無くすよう工夫が凝らされたギアは、タイラバを追随するマダイの波すらも捉えるほど。
またこのリール最大の特徴は、フォールスピードを調整できる”フォールレバー”を搭載しています。
いままではサミングや感覚により調整していたこのフォールスピードを、レバーひとつで調整できるようになったのは革新的です。
タイラバにおいてフォールスピードの制御は重要だというのは周知の事実でしたが制御できていなかった部分もありました。
これからはフォールスピードまで極め、巻きだけでなくフォールでも魚を食わせられるようになりましょう。

2.【2018年最新】ダイワの最高峰タイラバリール

ダイワ 紅牙 TW ハイパーカスタム 8.6L

巻取り長さ(cm):91
ギヤー比:8.6
自重(g):205
最大ドラグ力(kg):5
標準巻糸量 PE:1.0-300、1.5-180
ハンドル長さ(mm):100
ベアリング(ボール/:12/1
ハンドルノブS交換可 ソルト対応
マグシールドボールベアリング/ATD/T-ウイングシステム

Amazonで詳細を見る

ダイワより最高峰タイラバリールの紹介です。
本リールは自重こそ205gと重いですが、ベアリングの数・マグシールドにより、スムーズな巻き心地が変わらないようになっています。
もちろん、ATD・ザイオンボディといった基本は備えつつ、T-ウィングによりキャスト性能もUP、まさにタイラバを極めるならの1台になっています。

3.スピニングタイラバに!スムーズな巻き心地に定評のある1台

シマノ ヴァンキッシュ 2500SHG

ギア比:6.0
自重(g):165
実用ドラグ力(kg):2.5 / 最大ドラグ力(kg):4.0
ナイロン糸巻量(lb-m):5-110、6-95、8-70 / フロロ糸巻量(lb-m):4-130、5-100、6-80 / PE糸巻量(号-m):0.6-200、0.8-150、1-120
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):89

Amazonで詳細を見る

スピニングタイラバを極めるなら、この1台をオススメします。
シマノより、巻き心地に定評のある”ヴァンキッシュ”シリーズより、キャスティングタイラバに向いているハイギアモデルを紹介します。
巻き始めに遅れが出てしまいがちなスピニングリールですが、クイックレスポンスシリーズはそんなことお構いなし。
スムーズな巻きに貢献する”マイクロモジュールギア”はもちろんのこと、”マグナムライトローター”・”HAGANEギア”などがリールの剛性・巻き心地をサポート。
コアプロテクトも備わり、巻き心地が購入初期より変わらないような作りとなっています。
スピニングタイラバにはもちろん、様々な釣りに使える1台ですのでマルチアングラーの方は是非1台、持っておくことをオススメします。

タイラバリールは、使用用途を理解し正しい選択を!

タイラバリールは様々な形状・ギア比・モデルがあります。
が、ここで解説したことを頭に入れ、自分に合った1台を見つけ、楽しいタイラバゲームを楽しんでください。
紹介リールはどれもタイラバリールとして評価のあるものですので、選んで間違いはありません。
しかしまずは自分がどんな釣りをしたいのか、するのか、といった釣りのことを第一に考え、納得のいくリールを選んで頂くことを願っています。

関連記事