FishMasterのロゴ

garaxypolice29

ベイトフィネスロッドを完全網羅!選び方やオススメの商品まで解説!

数年前からベイトフィネスブームに火が付き各社から様々なベイトフィネスロッドが生み出されているバス釣り業界。今回はそんなベイトフィネスのロッドについて徹底解説していきます!

ベイトフィネス用のロッドってどんなもの?

記事771の画像60275

出典:visual hunt

まず初めにベイトフィネス用のロッドとは一体どのようなものなのか解説していきます。ベイトフィネス用のロッドは軽量のルアーを扱うため繊細なアタリを逃さないよう、一般的に軽くて好感度なものが多いです。
また、マイクロガイドを採用しているロッドが多いですね。マイクロガイドにすることでロッドの感度が良くなるのと軽量化が図れます。
マイクロガイドにすることによってガイドが多く付けられ、多点的にガイドを付けることによりロッドのパワーを最大限に引き出すことができるからです。

ベイトフィネスロッドの長さはどう選べばいい?

記事771の画像60276

出典:visualhunt

ベイトフィネスロッドの長さの選び方ですが自分のよく行くフィールドに合わせて選びましょう。例えば小さな野池がメインフィールドとなる方は5.8ft〜6.4ftくらいまでのロッドが扱いやすいです。野池に多いオーバーハングがあるフィールドではフリッピングやピッチングといったキャストを多用するため水面を叩かないようショートロッドがオススメです。
大規模な湖や川がメインフィールドとなる方でしたら飛距離が必要な場面が多いため6.4ft〜7.10ftの間で選ぶと良いでしょう。

ベイトフィネスロッドの調子の選び方!

記事771の画像60281

出典:visualhunt

ベイトフィネスロッドの調子についてですが、ベイトフィネスはネコリグやスモラバなど竿先を小刻みに動かすワーミングが主になるので先調子(ファーストテーパー)のロッドが多くリリースされている印象です。または、小さなクランクやスピナーベイトなど巻物に特化したベイトフィネスロッドは胴調子(レギュラーテーパー)がよく見られます。。ロッドの硬さですが基本的には軽量ルアーが主になるためライトやミディアムライトのロッドがほとんどになります。

ベイトフィネスで使用頻度の高いルアーウエイトは?

記事771の画像60303

出典:visualhunt

ベイトフィネスで使用頻度の高いルアーウェイトですが、何グラムまでがベイトフィネスであるという明確な定義はないのですが一般的に2g〜8gがベイトフィネスで使用されるルアーウエイトかと思います。その中で4g〜6g程度が最もよく使うルアーウェイトになります。

ベイトフィネスロッドの最新技術!ナノカーボン!

記事771の画像60311

出典:visualhunt

ナノカーボンといえば老舗釣りメーカーのアブガルシアからリリースされているファンタジスタやメジャークラフトのスピードスタイルが有名かと思います。
ではこのナノカーボン一体何が凄いのかと言うと、みなさんご存知かとは思いますがロッドというのはカーボンシートを幾重にも巻くことでできています。
そしてロッドの強度を上げるには単純に巻く回数を増やせば強度を上げることができます。
ですがその弊害としてロッドの重量が上がってしまい、結果ロッドの感度も犠牲にしてしまいます。
そんな問題を同時にクリアしているのがナノカーボンになります。
そんなことが可能なのかと思われるかもしれませんがしっかりと数字にも表れており、なんと強度を平均48%向上しつつ、平均21%の軽量化に実現しているのです。
そして実際に重量約63グラムの「YABAI FNS-62SULS」で重量約2キログラムのペットボトルを楽々リフトアップしていました。
今後ますます進化するであろうナノカーボンに目が離せません。

ベイトフィネスロッドはこのようにして選ぶ!

記事771の画像60320

出典:visualhunt

ベイトフィネスロッドの選び方ですが前記した自分のよく行くフィールドの規模で選ぶ。例えば小さな野池や川幅の狭い川など飛距離を必要とせずロッドの取り回しを重視する場合はショートロッド。大規模なダム湖や川幅の広い川など操作性よりも飛距離やフッキング率を重視する場合はロングロッド。
あとはよく使うルアーのウェイトとロッドの適合ルアーウェイトを照らし合わせて決めると良いでしょう。

ベイトフィネス初めての1本にはこれだ!

記事771の画像60325

出典:visualhunt

初めてのベイトフィネスロッド。どんなロッドを選べばいいのかわからない。様々な種類がありすぎて決められない方に参考にしていただきたいロッドですが長さは6.4ft程度のバーサタイルに使える長さで、適合ウェイトは1.8g〜10.5g (1/16 - 3/8оz)と幅広く対応できるもの。
適合ラインは5lb〜12lbを扱えるものが良いでしょう。

ベイトフィネスおすすめロッド8選

ハイコストパフォーマンス機!

ダイワのバスXはデザイン良し、性能良しのハイコスパロッドです。
642LBは、ライトリグを繊細に操るベイトフィネスモデルで、スモラバやネコリグ、小型ハードベイトまで幅広く対応します。
実売価格は7500円ほどです。

ダイワ バスX 642LB

全長(m):1.93
継数(本):2
仕舞(cm):101
自重(g):98
ルアー重量:1.8~11g (1/16~3/8oz)
ライン(lb):5~12

Amazonで詳細を見る

小さなバイトも逃さない!感度に優れた1本!

シマノ ポイズンアドレナはフルカーボンモノコックグリップを搭載していることで感度が大幅に向上しており、水中の様々な情報がダイレクトに手に伝わるため、さらなる釣果アップへと繋げてくれます。
また、高強度素材カーボンテープを使用したスパイラルXコアを採用しておりネジレ強度とツブレ強度がアップしています。
低活性時のショートバイトを逃したくないシチュエーションなどに頼もしい相棒となってくれる一本です。

シマノ ポイズンアドレナ163L-BFS

強度と軽さを兼ね備えたバランスの良いロッドに仕上がっていますので最初の一本にオススメです。

Amazonで詳細を見る

高弾性カーボンを搭載したハイパワーロッド!

SHIMANOエクスプライドは高弾性カーボンをハイパワーX
で締め上げており、感度・強度・操作性などハイエンドモデルと遜色ないほどの性能を持っている高コスパロッドです。
バランスがとても良く持ち重りが少ないのも特徴で竿先を動かす頻度の多いベイトフィネスに大きなアドバンテージをもたらしてくれます。

シマノ エクスプライド 164L-BFS

剛性はそのままに最大10%以上の軽量化と高バランス化に成功しており、CI4のリールシートが軽量化はもちろんのこと外観アップにも貢献しているバランスの良い一本です。

Amazonで詳細を見る

チューブラーティップ搭載で遠投性を強化した1本!

シマノ バンタム166L+-BFSはエキサイトトップと呼ぶシマノ独自のロッド設計技術を採用した最先端ロッドになります。
高感度のチューブラーティップを搭載して、先端部を硬く、中間部をやや柔らかくといったセクションごとに硬さに段階をつけることで遠投性能を向上させるテクノロジーになります。
それに伴い粘り強いロッドに仕上がっています。

シマノ バンタム 166L+-BFS

SHIMANOバンタム166L+-BFSはシマノ独自の技術を惜しげも無く盛り込んだロッドになります。1ランク上の操作性を求める方にオススメです。

Amazonで詳細を見る

ベイトフィネスロッドの優等生!

メジャークラフト デイズ DYC-68L/BFはベイトフィネスロッドの中でも汎用性の高い1本になります。
スモールミノーやスモールクランクなどのサーチベイトをストレスなく操作でき、状況に応じてスモラバやノーシンカーなどの食わせの釣りにも対応できるロッドです。

メジャークラフト デイズ DYC-68L/BF

re:1/16-1/4oz
line:4-12lb

Amazonで詳細を見る

コスパ抜群!汎用性優れたロッド!

アブガルシアといえばアンバサダーなどのリールが有名ですがロッドメーカーとしても定評があります。
クロスフィールドXRFC-662ML-BFは2g〜18gまでの幅広いルアーウェイトを扱うことができ、扱いやすいロッドに仕上がっています。
また、コストパフォーマンスに優れ、特に初心者にオススメできる1本です。

アブガルシア クロスフィールド XRFC-662ML-BF

クロスフィールドXRFC-662ML-BFは誰が使っても扱いやすい設計となっていますので初心者の最初の1本にオススメです。

Amazonで詳細を見る

感度と操作性に特化したベイトフィネスロッド!

ダイワのブラックレーベルSGは感度と操作性に特化したシャープなロッドシリーズです。
641LFBはLパワーとは思えない強めのバットとベリーを備えていて、キャスティングもピッチングもしやすいです。
スモラバやソフトベイトのフィネスアプローチの精度もかなり高まります。

ダイワ ブラックレーベルSG 641LFB

全長(m):1.93
継数(本):2 ※グリップジョイント
仕舞(cm):167
自重(g):94
ルアー重量:1.8~11g (1/16~3/8oz)
適合ライン:5~12lb

Amazonで詳細を見る

ハイパワーXでランカーバスをぶっこ抜き!

シマノ ゾディアス164L-BFSは軽量ながら、シマノ独自のハイパワーXで全身を締め上げておりシャキッとした設計で、河川のスモールゲームなどにオススメできる一本です。
ウィードやごろた石などのマンメイドストラクチャーの多いフィールドで頼もしい一本となってくれます。

シマノ ゾディアス 164L-BFS/2

全長(m): 1.93
継数(本): 2
仕舞寸法(cm): 99.2
自重(g): 92
適合ルアーウェイト(g): 4~12
適合ライン ナイロン・フロロ(lb): 6~12

Amazonで詳細を見る

ベイトフィネスロッドを使いこなそう!

ここまでベイトフィネスロッドの特徴やオススメのロッドなどを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?
著者もベイトフィネスを数年前から楽しんでいるのですが、ベイトフィネスでしか獲れない魚が確実にいます。
この記事を読んでくれた方がベイトフィネスを始めてその楽しさに気づいてくれたら嬉しいです。

関連記事