FishMasterのロゴ

nuri

スピニングタイプのジギングロッド特集!種類と選び方を紹介

初心者でも扱いやすいスピニングタイプのジギングロッド。今回はその種類と釣り方やターゲットに合わせた選び方、おすすめの商品まで幅広く解説します。ジギングロッドの選定に迷っている方は、これで知識を付けてお気に入りの1本を見つけましょう!

当サイトおすすめ!
★ ジギングロッド人気ランキング ★

メジャークラフト スピニング ソルパラ ライトジギング SPJ-S60LJ

Amazonで詳細を見る

シマノ スピニング グラップラー BB ジギング S632

Amazonで詳細を見る

アブガルシア ベイト オーシャンフィールド OFLJC-62/120

Amazonで詳細を見る

ジギングロッドはスピニングとベイトの2種類!

記事774の画像40572

出典:visualhunt

ジギングはジグと呼ばれる金属の塊を疑似餌として用いて釣る方法のことをいいます。オフショアで大物を釣るイメージが強いと思いますが、実はアジングに使われるスプーンも金属なのでジギングと言えるのです。ジギングではアジやメバルなど小さめの魚から、ブリやヒラマサなどの大型魚まで幅広い魚種を釣ることができます。

ジギングで使用するロッドはスピニングリールを用いるタイプと、ベイトリールを用いるタイプに分かれます。スピニングリールはライントラブルが少なく、キャスティング向きで、初心者でも簡単に扱うことができます。ベイトリールは扱いが少し難しいですが、巻き取る力とラインの放出が簡単に行えるためベテランから人気を集めています。

初心者にはスピニングのジギングロッドがおすすめ!

ジギングは初めての場合は、まずスピニングタイプのロッドから始めましょう。底に落としてアクション掛けるのも良いですし、キャスティングにも適しています。多種多様な釣り方ができるのがスピニングタイプのメリットです。

スピニングタイプのジギングロッドに適した長さは?

記事774の画像40575

出典:visualhunt

ジギングロッドの長さは釣る場所や釣り方によって異なります。ここではそれぞれの状況に合わせておすすめの長さを解説します。

オフショアで使うなら短めが基本!

船やボートの下に落としてシャクる釣り方をする場合は、6.0ft前後と短めのジギングロッドがおすすめです。コンパクトなロッドにすることで操作性が増し、魚のアタリを感じ、フッキングまでうまく持ち込むことができます。キャスティングもしたいという方は6.6ft程度の長さもありますので、釣り方に合わせて選びましょう。

ショアは長めが基本!

キャスティングをする場合は9.0~10.3ft前後と長めのジギングロッドを選びましょう。おかっぱりではより遠くへ重いジグを投げる必要があるため、ロッドの長さとパワーが求められます。できる限り長い方が遠投性も上がりますが、初心者だと扱いにくいところもあるため、初めは9.5ft前後のロッドをおすすめします。

スピニングタイプのジギングロッドはパワーが大事!

記事774の画像40576

出典:visualhunt

ジギングロッドは基本的に大物を狙うときに使うことが多いため、ロッドパワーはM(ミディアム)からH(ヘビー)までが一般的です。10キロ以下の魚までであればL(ライト)タイプのロッドも存在します。釣りたい魚種によって狙うサイズが異なると思いますので、近海でアジやクロダイなどであればM、Lでアタリを感知しやすいタイプ、水深100m以上の場所でブリやマグロなどの大型を狙いたいときはMH、Hと強いロッドを選びましょう。

ジギングロッドの適合ルアーウェイト

出典:photo-ac

ジギングロッドの適合ルアーも釣り方によって異なります。ここでは船下で釣る場合とキャスティングする場合の2パターンに分けて解説します。

オフショアでジギングする場合

船下で釣る場合は、投げるわけではないため、50~180g前後と重めのオモリを使います。狙うターゲットの大きさによって使用するオモリの重さが異なりますが、一般的にこのくらいの重さに対応しているロッドを選んでおけば問題ありません。ただし、モンスター級の大物を狙いたい場合は、250g程度まで対応しているロッドを選びましょう。

ショアでジギングする場合

キャスティング用ジギングロッドの適合ルアーは、10~100前後に対応しているものがおすすめです。キャスティングで一般的に使用するルアーの重さは40g前後となります。大物を狙う場合は80~100gまで対応しているロッドを選びましょう。

スピニングのジギングロッドは軽さにも注目しよう!

出典:photo-ac

ジギングは重いオモリを付けてシャクりながらアクションをつけるため、かなりの体力が必要となります。そのため、ロッドはできる限り軽いタイプのものを選びましょう。オフショア用であれば100g前半、ショア用であれば200g前半のロッドがおすすめです。同じ性能、同じ長さの商品で迷っている場合は、軽い方を選んだ方がより楽な釣りをすることができます。

初めてでも失敗しないスピニング用ジギングロッドの選び方

スピニング用のジギングロッドを選ぶ際は、ショア・オフショア、キャスティングするか、釣るターゲットによって長さを選びましょう。まだターゲットが決まっていない場合は、オールラウンドタイプのロッドがおすすめです。できる限り短く、しなやかで軽いロッドにしておけばあらゆる状況で活躍することができます。

ジギングはキャスティングと着底した後のアクションが難しいと言われています。そのためオフショアでのジギングが初めての場合は、6.0ft前後のできる限り短めで軽いジギングロッドを選びましょう。おかっぱ理から狙うショアの場合は9.0~9.5ft前後がおすすめです。回数を重ねていくと慣れてくると思いますが、重いロッドは初心者にかなり負担です。低価格帯でも短めで軽いロッドはありますので、商品を選定する際は、このポイントを抑えて検討してみてください。

おすすめのスピニング用ジギングロッド12選

入門者向け!低価格帯のオフショアジギングロッド

メジャークラフト ソルパラ ライトジギング SPXJ-S64ML/LJ

ハマチ、タチウオ、シーバスなどのライトジギングにおすすめのロッドです。
価格は8,000円前後と入門者に優しい価格帯となっています。

メジャークラフト ソルパラ ライトジギング SPXJ-S64ML/LJ

ルアー:60-150g
ライン(pe):0.6-1.5
グリップ脱着式
全長(約)195cm

Amazonで詳細を見る

プロマリン クロノスター S572MH

こちらの商品も8,000円前後とお手軽に購入できるジギングロッドです。
5.7ftと短めながら、250gまでのルアーに対応できるため、大型も釣りあげることができます。
少し重めですが、青物を狙いたい入門者におすすめです。

プロマリン クロノスター S572MH

全長(m):1.71
継数:2
仕舞(cm):111
自重(g):227
適合ルアー:MAX 250g
適合ライン:PE MAX 3号

Amazonで詳細を見る

アブガルシア オーシャンフィールド スーパーライトジギング OFSS-672SLJ

魚とのやり取りを存分に楽しめるアブガルシアのスーパーライトジギングロッドです。
カーボンXテープで補強したブランクスで強度は問題ありません。
価格は10,000円前後です。

アブガルシア オーシャンフィールド スーパーライトジギング OFSS-672SLJ

全長 (ft/cm)6'7"/201
●仕舞 (cm)103
●標準自重 (g)102
●先径(mm)1.6
●ルアー (g)20-100
●PEライン (号)0.5'~1.2

Amazonで詳細を見る

入門者向け!低価格帯のショアジギングロッド

ダイワ ルアーニスト96MH

ダイワのおかっぱりから釣るジギング用ロッドです。
9.6ftと長めになりますが、20~30gと重めのルアーでも軽々投げることができるため、ジギング入門者におすすめです。
価格は6,700円前後とジギング専用ロッドとしては低価格で購入することができます。

ダイワ ルアーニスト 96MH

長さ:9.6ft
重さ:220g
適合ルアー:10~40g
PEライン:0.8~2.0号

Amazonで詳細を見る

コスパ良し!中価格帯のオフショアジギングロッド

シマノ グラップラーBB タイプJ S60-2

118gと超軽量のジギングロッドながら、150gのオモリまで対応し、シーバスやタチウオなどの近海からブリ・ヒラマサなどの青物まで狙える商品です。
価格は11,000円前後となります。

シマノ グラップラーBB タイプJ S60-2

全長(m):1.83
継数(本):2
仕舞寸法(cm):131.6
自重(g):160
適合ジグウェイト(g):MAX 160
適合ライン PE(号):MAX 2.5

Amazonで詳細を見る

アブガルシア ソルティーステージKR-XSXLS-632-120-KR

近海に潜むタチウオ、シーバスからタイラバまで対応しているアブガルシアのジギングロッドです。
120gまでのオモリを使うことが可能ながら128gの軽量でしなりも良いです。
価格は13,000円前後となります。

アブガルシア ソルティーステージ KR-X SXLS-632-120-KR

長さ:6.3ft
重さ:128g
適合ルアー:~120g
PEライン:~1.5号
アクション:レギュラーファースト

Amazonで詳細を見る

コスパ良し!中価格帯のショアジギングロッド

ダイワ ジグキャスターMX106MH

ショアジギングはなんといっても遠投!ということから軽量、肉厚、細いボディーで遠投性能を高めたダイワのジギングロッドです。
遠くのナブラを狙いたい、強い風の中ジギングしたいときにおすすめの商品です。
価格は18,500円前後となります。

ダイワ ジグキャスターMX 106MH

長さ:10.6ft
重さ:280g
適合ルアー:25~90g
PEライン:1.0~3.0号

Amazonで詳細を見る

メジャークラフト トリプルクロス ショアジギング TCX-1002HH

メジャークラフトのショアジギングロッドです。
TCX-1002HHはスーパーヘビーなパワフルモデルで、大型青物を狙うことができます。
価格は20,000円前後となります。

メジャークラフト トリプルクロス ショアジギング TCX-1002HH

継数:2本
全長10.0ft
ルアー:100g(±20)
アクション:レギュラーファースト
対応PE:1.5-4.0

Amazonで詳細を見る

こだわるなら!高価格帯のオフショアジギングロッド

シマノ オシアジガー コンセプトS S64-2

スピード感あふれる操作感が魅力のスピニングジギングをストレスフリーに楽しむために、軽さとバランス、強さの総合力を追求したロッドです。
価格は50,000円前後と高めですが、ジギングを極めたい人におすすめの商品です。

シマノ オシアジガー コンセプトS S64-2

全長(m):1.93
継数(本):1
仕舞寸法(cm):193.0
自重(g):145
適合ジグウェイト(g):80~160
適合ライン PE(号):MAX2.5

Amazonで詳細を見る

ダイワ ソルティガエアポータブルJ66XHS

仕舞時は103cmとコンパクトに収まるダイワのジギングロッドです。
飛行機を使った遠征でも追加料金なしで持ち込め、近海のヒラマサから、深場で狙うマグロ、大型カンパチなども狙えてしまう優れた商品です。
価格は50,000円前後と高いですが、色んな所でジギングを楽しみたい方におすすめです。

ダイワロッドソルティガエアポータブルJ66XHS

長さ:6.6ft
重さ:315g
適合ルアー:100~250g
PEライン:3.0~6.0号

Amazonで詳細を見る

こだわるなら!高価格帯のショアジギングロッド

シマノ コルトスナイパーXR S100MH

大物を狙う方向け、ミディアムヘビーのハイパワーなジギングロッドです。
シマノの独自技術のスパイラルXコアによってロッドのネジレを軽減し、キレよくブレのないキャスティングをすることができます。
価格は30,000円前後となります。

シマノ コルトスナイパーXR S100MH

全長(m):3.05
継数(本):2
仕舞寸法(cm):157.0
自重(g):313
プラグウェイト(g):MAX70 / ジグウェイト(g):MAX90
適合ライン PE(号):MAX4

Amazonで詳細を見る

ダイワ ショアスパルタン スタンダード 96H

ショアから大型青物を狙うために設計されたダイワのロッドです。
高密度HVFカーボンとX45を搭載したブランクによって、青物をしっかりと寄せる強さと、ジグをしっかりと操作する軽快さを兼ね備えています。
価格は33,000円前後となります。

ダイワ ショアスパルタン スタンダード 96H

全長(m):2.89
仕舞(cm):149
継数(本):2
自重(g):275
ルアー重量 プラグ(g):20-80
ルアー重量 ジグ(g):30-100
適合ライン PE(号):3-5

Amazonで詳細を見る

自分に合ったジギングロッドを見つけよう

今回はジギングロッドの特徴と選び方、おすすめの商品まで幅広く紹介しました。ジギングといってもおかっぱりから釣るショアか、船で沖へ出るオフショアで選ぶべきロッドのスペックは全く異なります。自分が釣りたいターゲットや釣り方に合わせてお気に入りの1本を見つけてみましょう。

当サイトおすすめ!
★ ジギングロッド人気ランキング ★

メジャークラフト スピニング ソルパラ ライトジギング SPJ-S60LJ

Amazonで詳細を見る

シマノ スピニング グラップラー BB ジギング S632

Amazonで詳細を見る

アブガルシア ベイト オーシャンフィールド OFLJC-62/120

Amazonで詳細を見る

関連記事