FishMasterのロゴ

peoplepeople

ハゼのウキ釣りは手返しが早い!ハゼを沢山釣るコツを紹介します

ハゼのウキ釣りの仕掛けから、狙うポイント釣り方までを解説します。9月~11月はハゼのベストシーズン。15cm程度の良型ハゼが浅場でバンバン喰いついてきます。のべ竿でハゼを釣る方法は?どんな場所で釣れる?ハゼのウキ釣りの方法を解説します。

ハゼはウキ釣りでどうやって釣るの?

記事836の画像65176

出典:visualhunt

ハゼのウキ釣りは、リールのない「のべ竿」に、ウキとハリとおもりのシンプルな仕掛けでハゼを釣る釣法です。餌を付けた仕掛けを投入し、ウキにあたりが来たら「さっと」釣り上げます。ハゼが抵抗するブルブルっとした感覚が楽しい釣りです。

シーズン中はバケツが一杯になるほどの「数釣り」ができます。のべ竿は手返し(一匹が釣れてから次の仕掛けを投入するまでの時間)が早く、どんどんと釣れます。
9月~11月のベストシーズンには15cm程度のハゼが非常に浅い水深でも釣れます。そうなると手返しが早い、のべ竿のウキ釣りが断然有利です。スピーディーに釣り上げましょう。

またファミリーフィッシングにも最適な釣りで、リールがついていないシンプルなタックルなので、小さなお子様でも釣りやすく家族みんなで楽しめます。
釣った後はハゼの天ぷらがおすすめです。江戸前天ぷらのネタには、ハゼが重要なメンバーでとっても美味しいです。

ハゼのウキ釣りは汽水域を狙う

記事836の画像65189

出典:visualhunt

ハゼの多く集まるポイントは、海水と淡水がまじりあった汽水域です。川が海に淡水を注ぎ込む河口付近が汽水域です。河口付近の水路、港、船溜まり等がハゼの好む場所です。ハゼは毎年同じ釣り場所で釣れます。去年釣れていた場所は今年も釣れる可能性が高いのです。それぞれの地域のハゼのポイントを釣具屋さんで聞き込み釣り場を選ぶのも釣果を伸ばすポイントです。

釣り場の具体的なポイント

釣り場所についたら、どこを狙うかも大きなポイントです。海底が砂底になっている場所をハゼは好みます。ゴロタ石の先が砂地になっていたり、砂地の船着き場、淡水が流れ込む水門あたりが最も好ポイントになります。

海底の状態 砂地
淡水が流れ込む 水路、水門
こんな場所にも 船着き場、護岸の壁

ハゼが釣れる時期

記事836の画像67532

出典:visualhunt

ハゼは1年で死んでしまう年魚です。1月~5月にかけて産卵し、産卵が終わると死んでしまいます。真夏の間は体長が5㎝程度であまり釣れません。秋口になると8センチ程度に成長し晩秋には15cmまで成長します。ハゼ釣りのピークは9月から11月です。冬になると深場に潜るため釣りにくくなります。

ピークの時期はどんな水深でもハゼは釣れます。あまり深場を狙わずに、出来るだけ浅い所を狙う事で手返しが早く釣果が伸びます。

釣れる時間帯は満潮前の2時間!

ハゼのウキ釣りは釣りやすい「狙い目の時間」があります。それは満潮前の2時間です。満潮に向け潮が上がってくると、大きなハゼが小さなハゼを追い越してどんどん浅瀬に集まってきます。最も釣果の伸ばしやすい時間帯で、大潮ならばその傾向がさらに顕著です。ハゼ釣りは満潮の時間を確認して釣行に出かけるのがポイントです。

他の魚と同様に、朝まづめ、夕まづめも活性が上がり釣りやすい時間です。

江戸時代にもハゼ釣りは人気だった?

江戸時代にも、現在の東京湾でハゼ釣りが盛んだったという記録が残っています。エサは東京湾でとれるハマグリでした。当時の東京湾は広大な干潟が広がっており、ハマグリやハゼが生息するには絶好の場所だったことが想像できます。ハマグリを採取しハゼを釣る。なんとも風流ですね。

ハゼのウキ釣りの釣り方

記事836の画像67568

出典:visualhunt

ハゼのウキ釣りは、広い河川や流れの速い場所よりも、小さな川やハゼの生息ポイントまでが近い場所で釣ります。ハゼが生息する好ポイントで釣りが出来れば、ほとんど入れ食いのようにハゼは掛かってきます。ウキがぴくぴくっと動いたらさっと合わせます。

遠いポイントはウェーディング

遠浅の海岸や干潟でのハゼ釣りでは、ウェーディングでハゼを釣る方法があります。
ウェーディングは水中に入水して釣る方法でウエーダーと呼ばれる専用のウエアを着用します。
ハゼ釣りの場合は比較的浅く、流れが穏やかな場所が多いのでウエーダーが無くても入水は可能です。
しかし入水での釣りは、思わぬ事故や怪我が発生することがあります。
十分に装備を整え細心の注意を払って釣りをしてください。

ダイワ フィッシングウェーダー(チェストハイ・フェルトソール) スラッシュグレー FW-4202R L

■サイズ:S(24.0~24.5)、M(25.0~25.5)、L(25.5~26.0)、LL(26.0~27.0)、3L(27.0~28.0)

Amazonで詳細を見る

エサは青イソメが一般的

ハゼ釣りのエサは定番が青イソメです。青イソメは海釣りの万能餌で色々な魚が釣れます。青イソメは全長が長いので3cm程度にカットして使います。カットすることで餌だけを持っていかれることを防ぐことができます。また、青イソメをカットした時に出る汁が魚を呼び寄せます。

ハゼのウキ釣りタックルを解説

記事836の画像65181

出典:visualhunt

タックルは、のべ竿、ウキ、ハリス、はりです。非常にシンプルな仕掛けです。ウキは棒ウキ、玉ウキを使います。感度の良いのは棒ウキですが、玉ウキが水面をボフッボフッと動くさまは独特の面白さがあります。ウキの大きさは3B程度です。はりは糸の付いた既製品を使っても構いません。

竿 渓流竿(万能竿) 3m~4.5m
道糸 ナイロン 1号程度
ウキ 玉ウキ 棒ウキ
おもり ガン玉 ウキサイズに合わせる
はり 流線型 6号~8号

ロッド編~専門の竿は必要か?~

ハゼのウキ釣りに使用するのべ竿は3.0m~4.5m程度を使用します。ハゼ専用の竿ではなく、渓流竿などの万能タイプの竿を使います。

足元を狙って釣るだけでしたら、短い竿のほうが釣りやすいです。堤防の上から釣る場合や深場を狙う場合はやや長めの竿を利用します。

おすすめダイワの渓流竿

ダイワ小継渓流X硬調36

全長(m):3.61
継数(本):12
仕舞(cm):39
自重(g):84
適合ハリス(号):0.4-0.8
カーボン含有率(%):78

Amazonで詳細を見る

ウキはこんなのを使う

ウキは棒ウキを使う場合が多いです。棒ウキのほうが当たり感度が高く合わせやすいのが理由です。風が強く海面が波立っているときなどは玉ウキのほうが視認性が良い場合もあります。状況に合わせて使い分けてください。

おもりはガン玉

おもりはガン玉を使います。ガン玉のサイズはウキの大きさによって決まります。ウキには浮力に応じたサイズがあり、ウキ本体に記載があります。サイズ記載があればそれに合わせたおもりを使います。

玉ウキや棒ウキにはサイズの記載がない場合も多いです。サイズの記載がない場合は、ガン玉を組み合わせてちょうど良いサイズに調整してください。おもりが軽いとウキが倒れます。重すぎると水中に沈んでしまいます。

デュエル(DUEL)STガン玉C/S入

ガン玉セット
ガン玉 ケース入
全魚種対応 ガン玉・割ビシ 丸型
セット内容:3/2/1/B/2B/3B

Amazonで詳細を見る

ウキが沈んでしまう場合

おもりが大きすぎます。軽いおもりに変更してください。

棒ウキが倒れる場合

おもりが軽すぎます。大きいサイズのおもりに変更してください。またウキからおもりまでのラインが長すぎると、おもりが海底についてしまい役目をはたしていない場合もあります。おもりはウキと海底の間に来るように調整してください。

道糸は何号を使う?

道糸は1号程度のナイロンラインを使います。ファミリーフィッシングで小さなお子様が一緒の場合は、3号などの太めの道糸を使うのも良い方法です。小さなお子様は上手に竿をコントロールできずに、道糸を絡ませてしまう事が多々あります。道糸が太いと絡まるトラブルは少なくなります。

ハリは何号?

ハリは流線型の4号~8号を使用します。流線型は、袖針の軸と丸セイゴの曲げを合わせた形状で、イソメなどの虫エサが付けやすく、外れにくい特徴があります。

ハリスの付いた既製品も市販されています。市販品であれば竿先に結べばすぐに釣りが開始できます。

ささめ針 H-100 ハゼ玉ウキ 2.7m

道糸(号):1.5
ハリス(号):0.8
ハリ(号):4

Amazonで詳細を見る

釣果を伸ばすポイントはこれ!

ハゼの釣果を伸ばすポイントは、ウキ下の長さです。ハゼは海底にいますのでエサが海底に着くようにウキの下の長さを調整して下さい。エサが海底から離れ宙を漂っていると釣果は各段に下がります。ウキから下は「少し長め」を常に意識してください。

こんな道具があると便利です

記事836の画像67634

出典:visualhunt

ハゼのウキ釣りにはエサ箱があるととても便利です。エサのイソメを購入すると透明のパックに入れてくれます。このパックのままでも釣りは可能ですが、パックの隙間からはい出てきたり、いちいちエサをとるのにしゃがみ込む必要があります。専用のエサ箱を使えば、きっちりとふたができます。ベルトに装着することで、エサの付け替えも楽で、手荷物も一つ少なくなります。

ダイワ(Daiwa)餌箱エサ箱ベイト280T471039

ダイワ製餌箱
2ルームに分かれた設計
ベルトの装着可能

Amazonで詳細を見る

秋の風物詩「ハゼ」をウキで釣りに行こう

ハゼは秋の風物詩ともいわれるファンの多い釣りです。その中でも手返しの良い「のべ竿」での釣りは数を伸ばしやすい釣法です。

ウキ釣りは、ベテラン釣り師から、小さなお子様まで同時に楽しむことができる釣りです。特に小さなお子様がいる場合は、河川敷や川原など落下の危険が少ないポイントでゆっくりと釣りができます。お弁当をもってドライブがてらハゼを釣りに行く。そんな釣りもいいですね。

今年の秋は一度くらいはハゼを釣りに行きましょう。

関連記事