FishMasterのロゴ

mino0526

ヒラメの釣り方を徹底解説!抜群の食味のヒラメ釣りの魅力を知ろう

食味が抜群に良いことで知られるヒラメ。大好物にヒラメを挙げる人も多いでしょう。食味の良さもさることながら、ヒラメ釣りのゲーム性の高さからもアングラーには人気です。今回はそんなヒラメの釣り方からタックル、仕掛けまで徹底的に解説していきます。

釣り方の前にヒラメの生態を知ろう!

記事845の画像38552

出典:Visual Hunt

まずは、ヒラメがどういった魚でどのような場所に生息しているかなど、ヒラメの生態を知りましょう。ヒラメの生態を知ることでより効率的にヒラメを釣ることができるはずです。

ヒラメは、北海道から九州までの日本全国で広く生息しています。全国各地に有名ポイントが点在しており、数多い釣魚のなかでもその食味の良さ、希少価値、ゲーム性の高さなどから屈指の人気を誇る魚のひとつです。

ベストシーズンは9月ごろから翌年の2月ごろまでですが、船釣りであれば秋から翌年の夏、おかっぱりであれば通年狙うことができる魚です。最も釣れる時間帯は朝まずめ、夕まずめと呼ばれる、日の出、日の入り前後の時間帯ですが、日中でも釣ることができます。なお、俗にザブトンと言われる大型のヒラメは夜間に釣りやすくなります。

釣り方は多彩にあり、船釣りのほか、おかっぱりでも釣ることができます。また、餌釣りはもちろん、ルアーでも釣ることができます。

船からのヒラメの釣り方は2種類

記事845の画像38553

出典:Visual Hunt

ここからは具体的な釣り方について見ていきましょう。船釣り、おかっぱり、ルアーフィッシングとシチュエーションに合わせた釣り方を紹介していきます。

まずは船からのヒラメの釣り方を紹介していきます。船からヒラメを狙う方法として最もよく知られているのが「泳がせ釣り」と「落とし込み釣り」の2種類です。いずれも餌は生きた魚を使い、自然界の食物連鎖を利用した豪快な釣り方です。

それでは早速、それぞれの釣り方の詳細を見ていきましょう。

当たりが来てもちょっと待つのが肝心「泳がせ釣り」

記事845の画像38555

出典:Visual Hunt

「泳がせ釣り」は生きたイワシやアジが餌という豪快な釣り方で、「飲ませ釣り」とも呼ばれています。餌の動きが優先される釣り方なので、ヒラメの口に針をかけるタイミングが難しい釣り方ですが、それだけにヒラメの口に針がかかったフッキングの瞬間がこの釣り方の醍醐味です。

錘が海底に着いたら1~2メートルほど錘を上げ、さらに錘を着底させるという動きをしながら当たりを待ちます。当たりが来たら慌てて引き上げることはせずに、糸を送り込みながら本当たりを待つのがコツです。

竿は2.4~2.8メートルの専用竿がベスト

ダイワ メタリアヒラメ MH-265・R

全長(m):2.65
継数(本):2
仕舞(cm):137
自重(g):150
錘負荷(号):40~120
適合クランプサイズ:ss

Amazonで詳細を見る

カストキング RoyaleLegend/Whitemax

重量:7.5オンス/213g
最大ドラグ:17.6ポンド/8KG
ギア比 :7.0:1
ライン容量:0.26mm/180m、0.28/150、0.30/110
モノ容量:10ポンド/200ヤード、12/165 14/120

Amazonで詳細を見る

泳がせ釣りで使う竿は、2~2.4メートルのヒラメ竿を使うのがベストです。汎用的な竿でもヒラメを狙うことができますが、ヒラメ専用竿は効率的にヒラメを釣るための工夫や機能がついていますので、できればヒラメ竿を用意した方が良いでしょう。なお、竿の調子は本調子(6対4)が最もよく使われています。

リールは両軸リール、糸は汎用性の高いPEラインの3~4号を用意しましょう。なお、リールの巻き量は300~400メートルは必要になります。

錘は50~80号のものを用意しよう

道糸と仕掛けを結ぶにはスナップサルカンを使用します。仕掛けの幹糸は6~8号のものを1~1.5メートル程度用意します。幹糸と錘を結ぶには親子サルカンを使い、錘は50~80号のものを使います。また、ハリスはフロロカーボン製のもので5~6号の太さのものを50~80センチ程度用意すると良いでしょう。

小魚を使っておびき寄せる「落とし込み釣り」

記事845の画像38556

出典:Visual Hunt

「落とし込み釣り」は、イワシやアジなどの小魚を食べるためにその群れの周辺を回遊するという習性を利用した釣り方で、九州地方で特に大きな人気を得ています。

落とし込み釣りが有効なポイントは漁礁や岩礁になっている場所です。こうした場所ではプランクトンが豊富で、プランクトンを餌にする小魚が元々豊富なので、自然とヒラメなどの大物も多くなります。

釣り方は、まずは仕掛けを海底まで落とします。泳がせ釣りと違い、特別に竿を動かす必要はなく、ポイントで当たりが来るのをじっと待ちます。

本当たりが来たら、まずは海底から10メートル程度は離しましょう。海底で魚の動きに合わせていると仕掛けが海底に引っかかってしまってバラシのリスクが高まってしまいます。海底から引き離したら、後はヒラメの動きに合わせて徐々に巻き上げましょう。

狙うヒラメのサイズによってロッドを使い分けよう

シマノ シーマイティX 50-300

全長(m):3.00
継数(本):2
仕舞寸法(cm):105.5
自重(g):210
錘負荷(号):30~100

Amazonで詳細を見る

シマノ フォースマスター600

ギア比:5.1
最大ドラグ力(kg):8.0
自重(g):495
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):53
糸巻量:PE[タナトル](号-m) 2-300、3-200 / フロロ(号-m) 3-210、4-160
スプール寸法(径/幅)(mm):33/30
スプール下巻ライン PE(号-m):2-200、3-100

Amazonで詳細を見る

泳がせ釣りの場合と違い、落とし込み釣りではヒラメ専用の竿は必要ありません。汎用竿である船竿で十分です。もちろん、ヒラメ竿を使っても問題ありませんが、泳がせ釣りの時ほどメリットは感じられません。

ロッドの長さは2.0~2.5メートル程度、調子は本調子(6対4)を選ぶことが多くなっています。また、ロッドの固さに関しては、狙うヒラメの重量によって変えると良いでしょう。5~6キロ級のヒラメを狙う場合、中くらいの固さで扱いやすいMHを、7キロ以上の大物を狙う場合は反発力の高いHのものをおすすめします。なお、錘負荷は80号程度が良いでしょう。

また、リールは両軸の電動リールを、糸はPEラインの3~4号を用意しましょう。なお、ラインの巻き量としては300~400メートル程度あると良いでしょう。

仕掛けはヒラメのサイズによって変えよう

道糸と仕掛けのつなぎ目にはサルカンではなく、クッションゴムをかませます。クッションゴムは3~5ミリの太さのもので、70センチから1メートルほど用意しましょう。

また、仕掛けの幹糸は12~16号、エダスは12~14号のものがよく使われています。なお、大物を狙う場合は強度の面からも、幹糸18号、エダス16号程度を用意した方が無難でしょう。

錘は50~100号が一般的ですが、船宿によって仕掛けの絡み合い防止のために錘を統一しているケースがあります。釣り人の錘がバラバラだとおまつりやトラブルの原因となってしまいがちですので、事前に船宿に錘の重さを確認しておくことをおすすめします。

おかっぱりのヒラメの釣り方は2種類

記事845の画像38557

出典:Visual Hunt

ここまでは、船からのヒラメの釣り方を紹介してきましたが、ヒラメは堤防やサーフ(砂浜)からも狙うことができます。釣り方によっては、船からのヒラメ釣りより釣果を期待できる可能性も高く、「ヒラメ釣りと言えばおかっぱり」という方もいるほどです。おかっぱりでのヒラメの釣り方は「ぶっこみ釣り」と「浮き釣り」の2種類があります。さらに、餌釣りはもちろん、ルアーでも狙うことができます。

状況によって、船、おかっぱり、さらに餌釣り、ルアー釣りを使い分けられたら、憧れのヒラメにグッと近づけると思いませんか?ぜひ船釣りだけではなく、おかっぱり、さらにルアーでのヒラメ釣りもマスターしてください。

堤防や砂浜からの「ぶっこみ釣り」

記事845の画像38558

出典:Visual Hunt

「ぶっこみ釣り」は、仕掛けと餌、錘を獲物がいる場所にピンポイントに放り込む釣り方です。獲物がいそうな場所にピンポイントに、まさに「ぶっこんで」釣る釣法ですので、ぶっこみ釣りで重要なのは、ポイント選びにあります。ぶっこみ釣りで釣果が期待できるのは、以下の場所になります。

・潮の流れが緩い
・海底に大きな変化がない
・水深が2メートル以内

上記の条件を満たす場所を選ぶことが重要なポイントです。これらの条件を満たす場所となると、小さな河川の河口、内海向けの堤防になります。大きな河川の河口や外洋向けの堤防は水深や潮の流れの面から不向きと言えるでしょう。

ぶっこみ釣りの竿は磯竿の遠投モデルを

ダイワロッドリバティクラブ磯風3-45遠投・K

ヒラメはもちろん、ヒラメ以外にもメジナ、マダイ、サバなどに適した汎用性の高いロッドです。扱いやすく丈夫な設計が特徴で、堤防からの釣りにぴったりのロッドに仕上がっています。

Amazonで詳細を見る

ぶっこみ釣りに使用する竿は磯竿の遠投モデルを選ぶと良いでしょう。
長さは4~5メートルのものが最も一般的です。ぶっこみ釣りでは、置き竿で十分対応できますので、自分が不自由なく自在に扱える範囲であれば、重量はあまり気にしすぎる必要はないでしょう。

リールは中型のスピニングリールをおすすめします。糸は汎用性の高いPEラインで太さは1号程度のものを使用すると良いでしょう。

ダイワ レブロス LT3000D-C

ギア比:5.3
1回転巻取り長(cm):80
標準自重(g):230
最大ドラグ力(kg):10.0
標準糸巻量(ナイロン lb-m):10-260/12-200/16-150
標準糸巻量(ブレイド 号-m):1.2-430/1.5-300/2.0-230

Amazonで詳細を見る

ぶっこみ釣りの仕掛けはシンプル

船から狙う仕掛けに比べると、非常にシンプルな仕掛けなのがぶっこみ釣りの特徴のひとつです。メインのラインに錘とハリスが主な仕掛けと、とても簡単な仕掛けになっています。錘は25号程度で遠投が可能なものを用意しましょう。ハリスは餌を海底から浮かせる必要があるため、フロロカーボン製のもので、サイズは2.5~3号を使用します。

かけあがりのヒラメを狙う「浮き釣り」

記事845の画像38561

出典:Visual Hunt

ヒラメ釣りではあまり一般的ではありませんが、浮きを使っても釣りことができます。浮きを使うポイントは、水深が深いところから浅いところへと海底が傾斜している、いわゆる「かけあがり」と呼ばれる場所です。かけあがりは、魚が集まるポイントとして知られていますので、浮き釣りをマスターすればヒラメに一歩近づくことができると言えるでしょう。

浮き釣りのロッドは4~5メートルのものを選ぼう

シマノ ボーダレス 495M-T

長さ:4.95m
適合ルアーウエイト(g):3-30
継数(本):4
仕舞寸法(cm):133.0
自重(g):155

Amazonで詳細を見る

シマノ シエナ 4000

ギア比:5.2
実用ドラグ力(kg):4.0 / 最大ドラグ力(kg):8.5
自重(g):320
糸巻量(号-m):ナイロン 3.5-170、4-150、5-125 / フロロ 3-190、4-145、5-115 / PE 1-490、1.5-320、2-240
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):82

Amazonで詳細を見る

浮き釣りに使うロッドは4~5メートルの磯竿を、リールはスピニングリールの3000~4000番を選びましょう。
ラインはPEラインの3~4号が最もよく使われています。

一般的な浮き釣りの仕掛けでOK

ヒラメの浮き釣りの仕掛けは特別な仕掛けは必要なく、一般的な浮き釣りに使用する仕掛けで十分です。浮きは3~5号のものを選びましょう。針は根掛かりの心配が少ないため、フッキングさせやすいというメリットがあるトリプルフックが使用できます。

近年とくに人気があるルアーでのヒラメ釣り

記事845の画像38563

出典:Visual Hunt

過去にはヒラメ釣りでルアーを使うことは一般的ではありませんでした。ところがこの20年弱、道具の進化や専用アイテムの充実もあり、ルアーでのヒラメ釣りもポピュラーなものになってきました。今ではルアーフィッシングの中でも、有数の人気を誇るターゲットになっています。

さて、ヒラメのルアーフィッシングで最も重要になてくるのが、他のおかっぱりでの釣り方と同様にポイント選びになります。ルアーでのヒラメ釣りに向いているポイントを以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

  • 離岸流
  • 河口付近
  • 水中に岩礁帯があるエリア

上記のうち、とくに河口付近と水中に岩礁帯があるエリアは、栄養豊富なプランクトンが多数集まるため、ヒラメの餌となるベイトフィッシュが集まりやすいことでも有名です。積極的に狙っていきましょう。

ロッドはシーバスロッドを使用

メジャークラフト ソルパラ シーバス SPX-962M

推奨ルアー (g):15-42
ライン(lb):8-20 ライン(PE) 0.8-2.0
アクション:レギュラー

Amazonで詳細を見る

ダイワ クレスト LT3000-CXH

1回転巻取り長(cm):93
ギア比:6.2
最大ドラグ力(kg):10
標準自重(g):240
標準糸巻量:ナイロン(lb-m) 8-150 / ブレイド(号-m) 1.0-200

Amazonで詳細を見る

ルアーでのヒラメ釣りで使うロッドは、シーバスロッドを使用します。
長さは8~10フィート(約2.4~約3メートル)程度、硬さはMもしくはMLが扱いやすいでしょう。
リールは3000~4000番クラスのスピニングリールが最もポピュラーです。
ラインはPEラインであれば0.8~1.2号、ナイロン製であれば8~12lbクラスをおすすめします。

高活性なヒラメを狙うフローティングミノー

メインラインとルアーとの結束法は、ビミニツイストからのセイカイノットを用います。ビミニツイストはメインのラインをダブルライン(二重)にする方法で、セイカイノットはリーダーラインをダブルラインにする結束法です。

ルアーは高活性な魚を狙うのに最適なフローティングミノーを使用します。フローティングミノーで食いつきが悪い場合は、シンキングミノー、ジグヘッドワームと徐々に狙うレンジを下げていくルアーローテーションを試してみてください。

まとめ

今回は食味の美味しさが抜群で、さらにゲーム性の高さから釣魚としても大人気のヒラメの釣り方に焦点を当てて詳しく解説してきました。今回の記事を読んで頂けるとお分かりのように、ヒラメを狙うには餌釣り、ルアーフィッシング、船釣り、おかっぱりとさまざまな選択肢があります。どの釣り方にしても特有の魅力があり、それぞれにメリットがあります。ぜひ自分にぴったりの釣法を見つけて、楽しくヒラメをゲットしてくださいね。

関連記事