FishMasterのロゴ

mokimoki

タコの釣り方について仕掛けとポイント別に徹底解説します!

タコの釣り方には、タコテンヤ、タコエギ、タコジグが使われます。
船とおかっぱりではどのように使い分けるのか、タックルの組み合わせ方について解説します。

タコ釣りのための生態

記事848の画像39517

出典:foter.com

タコは水深40m程度までの浅い砂礫や岩礁域で生息しています。貝やカニを主食としており、弱った魚を襲うこともありあます。
ターゲットとして狙うのは、イイダコ、マダコ、ミズダコの3種類です。夜行性で夜になると活発に動き出しますが、太陽の出ている日中でも釣ることができます。
タコのシーズンは6~8月がハイシーズンで数釣りが楽しめます。冬は活性が悪くなりますが、大物が狙えるようになります。
タコテンヤやタコジグ、タコエギといったタコ専用の仕掛けを使って釣ります。イカを狙ったエギングの外道として釣れることもありますね。
タコ釣りの仕掛けは基本的に船でもおかっぱりでも作りは変わりません。狙うポイントによって錘の号数を変えるので、合わせてタックルも変更するといったものです。
今回は、船で深い場所を狙った釣り方と、おかっぱりから浅い場所や堤防の足元を狙う釣り方の2種類に分けて解説します。

タコ釣りはエサのテンヤと疑似餌のエギとジグ

記事848の画像39518

出典:foter.com

タコの釣り方には船から深い場所を狙うタコテンヤ釣り、タコエギ釣りがあります。
おかっぱりからは同じようにタコテンヤ釣りとタコエギ釣り、そして堤防の足元ギリギリを狙うタコジグ釣りがあります。

タコテンヤ釣りは、テンヤと飛ばれるタコ専用のエサを括り付けて海底を引きずって誘う釣り方です。テンヤ自体が重量があるので、強めのタックルを組み合わせる必要があります。
タコエギ釣りは、餌木と呼ばれる疑似餌を使って釣るルアー釣りの一種です。エギングと似た仕掛けて海底を狙います。
タコジグ釣りは、専用のタコジグを使って堤防の足元ギリギリの壁面にへばりついているタコを狙う釣り方です。難しいアクションを必要としないので、タコ釣り初心者でも釣果を上げやすい釣り方です。

船からのタコテンヤ釣り

記事848の画像39519

出典:foter.com

タコテンヤとは、小魚や甲殻類などの生エサや形を模したワームを巻きつけてタコを狙う釣り方です。タコテンヤは主にエサを使うのでタコを引き寄せる効果が強く、複雑なアクションも必要としないので初心者でも簡単にタコを狙えます。
船からタコテンヤを使う場合は、水深が深いポイントが多いので60号の重いタコテンヤを使うことがあるので、重量に負けないパワーのあるタックルが必要です。

船釣りのタコテンヤはパワーのあるタックルが理想的

船からタコテンヤを使用するタックルは6~7ftで取り回しがしやすく、30~60号まで対応しているロッドが最適です。
リールはパワーのあるベイトリールでラインは最低でもPEの3号は欲しいですね。大物が釣れるポイントでは海底から引きはがす力が大きくなるので5号のPEを使う場合もあります。
船からタコテンヤ使うには、重いタコテンヤをボトムずる引き&シェイクできるパワーを兼ね備えたタックルが必要です。
ロッドを使った釣り方が一般的ですが、テンヤを使った手釣りをする地域もあります。

タコテンヤの仕掛けはエサを使ってタコを誘う

タコテンヤの仕掛けは2本針のタイプが一般的です。中には3本針にしてキャッチ力を高めたものや、アピール力を高めた集奇を取り付けたタイプもあります。
取り付けるエサは冷凍のアジやイワシなど青物を使用するのが一般的で、豚の背油を使用するのも効果的と言われています。
錘の号数に関しては他のアングラーとオマツリ防止のために船宿によって決められている場合がほとんどなので、事前に確認しておきましょう。

ヤマシタ(YAMASHITA)タコ掛投用M10TKNM10

サイズ:M
鉛(号):10
小型でも大型でも問わず、掛かり易さを基準に選ばれた針を採用
エサの取り付けがし易く、刺して使いやすいエサ止め採用
深場でも有効なピンクの本体が、遠くのタコにまでアピール

Amazonで詳細を見る

船からのタコエギ釣り

記事848の画像39520

出典:foter.com

タコエギはタコテンヤのようにエサを使わないで、イカを釣るエギングに似たルアーで釣る方法です。ルアーフィッシングなのでエサを使用するタコテンヤよりも、ゲーム性の高い釣り方が特徴です。

船からのタコエギタックルは錘の号数を必ず確認

船からタコエギを使う場合は、上記で解説したタコテンヤで使うタックルと同じで大丈夫です。重い仕掛けに対応して、張り付くタコを引きはがせるパワーを持つタックルですね。
タコエギは餌木部分の他に錘を装着してボトムに沈めるので、船宿の指示に対応できる重量の錘を用意しておきましょう。

タコエギの仕掛けはエギングに似たルアーを使用

タコエギ本体の自重は3.5~4号程度です。エギングで使用するルアーと同じくらいですね。
船からタコエギを使用するには、ほかに船宿の指示する錘を用意する必要があります。一般的には30~60号の錘を使用するので、必ず確認して対応する号数の錘を用意しておきましょう。
タックルの重さに対応できるスナップも欠かせません。

TAKAMIYA(タカミヤ)ルアーエギタコエギボンバーオーロラホワイト3.5号

エギ本体:(自重)約18g、(素材)プラスチック、(ボディカラー)夜光
使用針:角型×3本、ステンレス製、1.2mm
オモリ号数:3号
対象魚:マダコ(蛸)

Amazonで詳細を見る

おかっぱりからのタコジグ釣り

記事848の画像39521

出典:foter.com

おかっぱりからのタコ釣りは気軽にチャレンジできるハードルの低い釣りです。
メインとなる釣り方は、堤防足元のキワを狙うタコジグ釣りです。タコジグを使った釣りは、簡単なアクションで気軽にタコを狙えるのがメリットです。
タコを釣るのは難しそうなイメージを持つ人もいると思いますが、足元にタコジグを落とすだけで以外と簡単に釣れるものです。

おかっぱりからのタコジグタックルは7ft前後のロッド

おかっぱりからタコジグを使うタックルは7ft程度の40~60グラムまで対応しているロッドが最適です。
リールはパワーのあるベイトリールが最適ですが、スピニングリールに慣れている方はそちらでも構いません。おかっぱり専用タコロッドは、ベイトとスピニングどちらも販売されています。
ラインは最低でもPEの3号は欲しいですね。おかっぱりなので船から狙うタコよりもサイズが小さくなりがますが、不意に大物もかかるので用心しておくべきです。

タコジグは複数カラーを用意すると便利

タコジグは堤防足元のキワにいる小型~中型のタコを狙います。サイズはメーカーによって様々ですが、ほとんどが10号前後の重さで設計されています。錘とハリスが一体化しているので、タコジグ1つあればすぐにタコ釣りを始められます。
カラーバリエーションが赤、白、紫と別れて、中には黄色まで様々な種類があります。タコが興味を示すカラーはその日のコンディションによって変わるので、複数カラーを準備しておくとよいでしょう。
連結させてそれぞれ違うタナを探れるようにするのも効果的です。

ヤマシタ(YAMASHITA)タコゆらハンターSRG

サイズ:S (10号相当)
カラー:RG (レッド・金ラメ)
タコベイトの脚先の動きを強調する「アピールソックス」を全アイテムに採用
ベイトが踊る「ゆらゆらヘッド形状」
連結に便利な「連結リング」付き

Amazonで詳細を見る

おかっぱりからのタコエギ釣り

記事848の画像39522

出典:foter.com

おかっぱりからのタコエギ釣りは船からのタコエギ釣りと仕掛けがほとんど変わりません。狙うポイントが浅くなるので、錘を軽くして対応すれば大丈夫です。
船釣りの時よりも、さらにルアーフィッシングとしての側面が強まるので、繊細なルアーコントロールが可能なロッドを使うのがおすすめです。
おかっぱりから狙うポイントは、海底に変化のあるポイントを狙いましょう。具体的にはケーソンの間や船の通り道です。

おかっぱりからのタコテンヤ釣り

おかっぱりからのタコテンヤ釣りは、船からのタコテンヤ釣りと仕掛けがほとんど変わりません。
しいて言えば、船で狙うポイントよりも浅くなるので錘の号数は軽くして大丈夫です。それにあわせてタックルも軽量化して使いやすいようにしましょう。
おかっぱりからタコテンヤで狙うポイントは、タコエギと同じように海底に変化のあるケーソンや船の通り身がタコが潜んでいるポイントです。

タコ釣りおすすめのロッド

記事848の画像39523

出典:foter.com

タコ釣りにおすすめのロッドをおかっぱりと船釣りに分けてご紹介します。
今回紹介したタコテンヤ、タコエギ、タコジグに対応した入門者用の使いやすいロッドを紹介します。

メジャークラフト ソルパラ SPXJ-B602H/TACO

メジャークラフト ソルパラ 船タコモデル SPXJ-B602H/TACO

ルアー:MAX 60号
2ピースロッド
全長(約)182cm

Amazonで詳細を見る

「SPXJ-B602H/TACO」はメジャークラフトのソルパラシリーズから展開されているタコ専用モデルです。
船で軽めのタコテンヤを扱うように設計されています。
船からのタコテンヤとタコエギは同じアクションで誘うので、タコエギにも適しているロッドです。
6ftで取り回しがしやすく、ベイトモデルなので、海底のタコを引きはがすパワーも申し分ありません。
本体価格が8,800円なので、船からのタコ釣り入門に最適なロッドといえるでしょう。

メジャークラフト ソルパラ 岸タコ SPX-S702H/TACO

メジャークラフト ソルパラ 岸タコ SPX-S702H/TACO

ルアーMAX:42g
ライン(pe):1-4
スピニング
全長(約)213cm

Amazonで詳細を見る

「SPX-S702H/TACO」はメジャークラフトのソルパラシリーズから展開されているタコ専用モデルです。
おかっぱりからタコジグやタコエギを扱うのに最適なロッドで、スピニングリールに対応しているモデルです。
タコ釣りにおいてスピニングリールは、ベイトリールにタコを引きはがすパワーこそ負けますが、遠投性能に優れているので、おかっぱりから広い範囲のポイントを探れるメリットがあります。
船用モデルのタコロッドよりも、タコジグとタコエギを自由にコントロールできるのもこちらの「SPX-S702H/TACO」です。
最大で42グラムまで対応して本体価格が8,800円なので、おかっぱりからのタコ釣り入門者にはおすすめのロッドです。

タコ釣りおすすめのリール

タコ釣りにおすすめのリールを紹介します。
初心者でも扱いやすいスピニングリールと、タコを海底から引きはがす力に優れたベイトリールに分けて紹介します。

ダイワ レブロス LT3000D-C

ダイワ レブロス LT3000D-C

ギア比:5.3
1回転巻取り長(cm):80
標準自重(g):230
最大ドラグ力(kg):10.0
標準糸巻量(ナイロン lb-m):10-260/12-200/16-150
標準糸巻量(ブレイド 号-m):1.2-430/1.5-300/2.0-230

Amazonで詳細を見る

「レブロス」はダイワから販売されているスピニングリールです。
レブロスシリーズは10000万円以下の入門者向けスピニングリールの中でも高いコストパフォーマンスを発揮して特に人気のあるシリーズです。
小型から大型の番手まで広く展開していますが、タコ釣りには「LT3000D-C」がおすすめです。
3000番代のリールはタコ釣りに必要な性能を持ちつつ、他の釣りにも代用できる汎用性の高いモデルです。
冬の大型のタコをメインに狙うなら、1つ上の4000番手もおすすめです。

アブガルシア BLACKMAX

アブガルシア(AbuGarcia)ベイトリール16BLACKMAXバス釣り

自重(g):202
ギヤ比:6.4:1
最大ライン巻取(cm):66
最大ドラグ力(kg):6
ラインキャパシティ:0.31mm/14lb:130m 0.33mm/16lb:115m 0.370mm/20lb:90m
ボール/ローラーベアリング:4/1

Amazonで詳細を見る

「BLACKMAX 」はアブガルシアから販売されているベイトリールです。
ベイトリールの入門としてリーズナブルながら高いパフォーマンスを発揮するモデルとして人気で、その性能はソルトゲームのタコ釣りにおいても発揮されます。
タコを海底から引きはがすパワーと、ライントラブルを回避するマグネット方式の「Magtraxブレーキシステム」を搭載しています。
タコ釣りだけでなく、スピニングリール以外にベイトリールも試してみたい!と思う人にもお勧めのベイトリールです。

タコの釣り方まとめ

タコの釣り方について解説しました。
タコテンヤはエサを使ってそこをずる引きするだけで良型のタコが釣れるので、初心者でも楽しめます。
タコエギはエサを使わずにルアーと錘だけでタコを狙うので、ゲーム性の高い釣りが楽しめます。
タコジグは堤防足元を狙うので、気軽で簡単にタコ釣りを楽しめます。
タコを釣るのは難しいイメージがある人もいると思いますが、道具さえあれば意外と簡単に釣れるものです。特にタコジグはいつもの防波堤で足元に落とすだけでタコが釣れる可能性があるくらいに簡単な仕掛けです。専用ロッドではなく、今お使いのロッドでもすぐに始められる釣りなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。
タコ釣りに関して禁止している海域もあるので、必ずポイントの確認をしてから始めてみてください。

関連記事