FishMasterのロゴ

arusu

ワラサの釣り方はたくさんある!いろいろな釣り方を知っておこう!

ワラサというのはブリの出世前の呼び名です。複数の釣り方で釣れる上、大き目で数釣れるのです。しかもそこまで難しくはなく、釣り初心者のステップアップとしてもおすすめ。今回は、ワラサの釣り方について解説していきます。

ワラサ釣りの前に、ワラサについて知っておこう!

記事855の画像43050

出典:Visual Hunt

そもそもワラサとは、出世魚であるブリの一歩手前の呼び名なのです。場合によっては、関西と九州ではメジロ・東北ではアオ、北陸ではハナジロ、長野県と中国地方(岡山県を除く)と四国地方ではハマチ、富山県ではガンドとも言いますが、ワラサと呼ぶのが一般的です。

ワラサは60cm~80cm!

記事855の画像39346

出典:Foter

出世魚とされるワラサですが、60cm未満のものはイナダやハマチ(地方によって違います)、80cmを超えるものはブリと呼ばれます。ワラサは60cm~80cmで2.5kgのものを指すようです。
80cm以上且つ6kg以上のものはブリと呼ばれますが、ブリやワラサは青物に分類されます。青物は大きくなるほど脂の乗りが良くなるので、ワラサ釣りに混じってブリやイナダやハマチが釣れた場合は食べ比べてみても面白いでしょう。

ワラサ釣りの時期は秋!

記事855の画像43051

出典:Pexels

ワラサ釣りの時期は主に夏の終わりから秋と言われていますが、ワラサは大きく回遊するのが特徴。なので、シーズン中といえど全く釣れないこともあるのが特徴。逆にシーズン外であってもよく釣れることもあるので、釣り場のチェックや情報収集は怠らないようにしましょう。

ワラサ釣りは朝が狙い目!

記事855の画像43052

出典:Pexels

朝は日の出と潮の流れの変化が重なり、海の状況が大きく変化します。朝5時が特に狙い目の時間帯です。船釣りでもおかっぱりからの釣りだろうと一発勝負になり、朝10時以降になると釣れなくなるのです。朝を狙うのであれば、朝の4時ぐらいから早起きするぐらいの覚悟が必要です。
日の入りと潮の流れの変化が重なる夕方や活動中の夜でも狙い目です。早起きするのが苦手な方は夕方やナイトゲームを狙うのもおすすめ。暗い時間帯なので安全を確保してくださいね。

おかっぱりからのポイントは水深が深いところ!

記事855の画像43054

出典:Visual Hunt

おかっぱりからワラサを狙うのであれば、水深が深いところで釣りましょう。磯であればワラサをはじめ多くの大物魚が狙えるポイントなのでおすすめなのですが、危険な場所でもあるので初心者には厳しい環境かもしれません。

船からワラサを狙ってみよう

記事855の画像39331

出典:Foter

ワラサの船釣りには「コマセ釣り」「落とし込み」「オフショアジギング」の3種類があります。それぞれを簡潔に紹介します。

コマセ釣りはワラサ船釣りではポピュラー

コマセカゴを使った船釣りは、ワラサの船釣りでは一番ポピュラーな釣りです。大型の回遊が発生している状況では、いくつものワラサ狙いの船が周辺に止まり、どの船も大漁に釣れるという事が多い釣り方です。さらに、ポピュラーな釣り方故に船宿も多いです。
船釣り初心者におすすめの釣り方です。

コマセ釣りのタックル

無限ピュア船LF(ライト・ファスト) Spec180-100(50~120号)

■全長:184cm
■仕舞寸法:124cm
■継数:2
■標準自重:380g
■素材採寸:元/先径:10.0/2.0mm
■推奨オモリ負荷:100号(50~120号)
■適合ハリス:~12号

Amazonで詳細を見る

ワラサ竿の50号の2m~3m
リールは中型の両軸リールか中型の電動リールを使用します。
ラインはPE5号~8号を使用します。

コマセ釣りの仕掛け

第一精工ラークカゴ大

撒き餌の放出が良いカゴです。

Amazonで詳細を見る

コマセカゴは放出量の多いものを使用します。
針は8号~11号程度、ハリスはフロロカーボンラインの4号前後、中型片テンビン、それにクッションゴムを使用します。
コマセや付けエサオキアミを使用します。釣具店で簡単に手に入るほか、船宿でも用意している場合があります。

落とし込み釣りは九州で人気

サビキ針と呼ばれる胴付き仕掛けの針を付けて、中層でアジやイワシを針かけたらそのまま深層まで落とし、ワラサを狙う釣りを落とし込み釣りと言います。
針かけたアジやイワシをそのまま餌にするので、餌の活きが良く、回遊しているワラサが狙っている魚なので釣果がとても高いです。

落とし込み釣りのタックル

ダイワ 落とし込みX MH-240

標準全長(m):2.4
継数(本):2
仕舞(cm):125
自重(g):235
錘負荷(号):60~180
適合ハリス ナイロン(号):~20

Amazonで詳細を見る

ロッドの長さは8フィート前後
リールはPE6号を300m巻けるもの
を使用します。

落とし込み釣りの仕掛け

ハヤブサ(Hayabusa)活き餌一撃喰わせサビキ玄海・平戸沖スペシャル10-18

強靭な針と万全の強度が特徴

Amazonで詳細を見る

仕掛けはアジやイワシのものではなく青物の太軸のものを使用します。
幹糸10号、ハリス8号、捨て糸6号のセッティングを使用します。針は7号~9号のものを使用します。

オフショアジギングはルアーを使う船釣り

引き抵抗の少ない、ロングのメタルジグを使った釣りです。
海流が速かったり水深が深かったりする場合は、重いルアーを使用する必要があります。
ワラサの引きを直接感じる釣り方で、そのゲーム性が人気を呼んでいます。

オフショアジギングのタックル

シマノ グラップラータイプJ S60-3

全長(m):1.83
継数(本):2
仕舞寸法(cm):130.7
自重(g):165
適合ジグウェイト(g):MAX180
適合ラインPE(号):MAX3

Amazonで詳細を見る

ロッドは6フィートでジギング向けでPE3号対応モデル。
リールはPE3号を300m巻けるもので水深が深い場合はベイトリール、そうでない場合はスピニングリールを使用します。
ラインはPE3号を使用。

しかし、海流が早かったり水深が深い場合は重量のあるルアーを使用する事になるので、その場合はタックルのスペックも1段階挙げる必要があります。

オフショアジギングの仕掛け

シマノ オシアスティンガー バタフライ ぺブルスティック

自重(g):120
サイズ(mm):143

Amazonで詳細を見る

フロロカーボンラインの8号~12号(30ポンド~40ポンド)をリーダーに、溶接リングとルアーの組み合わせを使用します。
スプリットリングは70ポンド、ソリッドリングは200ポンドのものを使用します。

おかっぱりからワラサを狙ってみよう

記事855の画像39335

出典:Foter

ワラサのおかっぱりからの釣りには「カゴ釣り」「泳がせ釣り」「ショアジギング」の3種類があります。それぞれを簡潔に紹介します。

カゴ釣りは青物に効果的!

岸から沖へ、コマセと針をカゴに入れた仕掛けを届かせる釣りです。その飛距離の高さが特徴で、時に100m以上の飛距離を出す場合があるほど。
おかっぱりからの釣りの中では大物が掛かる確率が高いですが、これを外道が多いというデメリットと捉えるか、大物のオマケが多いメリットと捉えるかは人それぞれです。

カゴ釣りのタックル

シマノ ホリデー磯 3号 450PTS

全長(m):4.45
継数(本):5
仕舞寸法(cm):103.0
自重(g):205
錘負荷(号):5~8
適合ハリス(号):3~7

Amazonで詳細を見る

竿は遠投仕様の磯竿3号~4号の5m或いは投げ竿25号~30号の4m
リールは中型のスピニングリール
ラインはナイロンラインの5号~7号
を使用します。

カゴ釣りの仕掛け

ナカジマDASH遠投カゴ釣り仕掛け7号

初心者向けのカゴ釣り仕掛け

Amazonで詳細を見る

木製の玉ウキ5号~10号に中通しコマセカゴ、クッションゴムに胴付き仕掛け。幹糸はフロロカーボンラインの5号~6号、エダスはフロロカーボンラインの3号、針はスキンサビキの7号~9号を4本以下にします。
撒き餌にはオキアミを使用します。粉餌を混ぜるのも効果的ですが、外道の確率が高まります。コマセカゴは網目のものがオキアミを放出できるので、網目タイプを選びましょう。付け餌はハードタイプの方が外れにくいです。

泳がせ釣りは生きたアジを餌に使う!

飲ませ釣りとも呼ばれます。生きたアジを使った仕掛けなので警戒心を持たせにくいです。大
型のワラサやブリも狙えますが、餌が針掛かりしたアジになるので、餌の調達まで時間がかかるのがデメリットです。
大物が多い回遊ポイントの情報が手に入ったときは試してみてください!

泳がせ釣りのタックル

ダイワ(Daiwa)磯竿スピニングリーガル4-45遠投釣り竿

濡れ手でも快適に振り回せる取っ手部分、コンパクトに持ち運べる6本継ぎと使い勝手のいい竿。

Amazonで詳細を見る

大物が多い故にタックルも強力な引きに耐えられる磯竿4号
リールは遠投向けの5000番前後
ラインはナイロンライン8号或いはPEラインの2.5号を使用します。

泳がせ釣りの仕掛け

OWNER(オーナー)セット一発泳がせのませ仕掛6-533628

操作しやすく視認性の高い仕掛け

Amazonで詳細を見る

底を探りやすい仕掛けを使います。
ハリスは誘導式の8号を使用し、中通しウキ、クッションゴム付きのオモリ、チヌ針か青物針を使用します。オモリをつなぐ糸は仕掛けの中で最も弱くなるように、スイベルとシモリ玉を付けます。

ショアジギングはメタルジグを使う!

直接感じるワラサの引きが人気のエキサイティングなショアジギング。磯からはブリも狙える釣りですが、小さいサイズであれば堤防やサーフでも狙えます。

ショアジギングのタックル

ダイワ ジグキャスター 96MH・N

全長(m):2.90
継数(本):2
仕舞(cm):150
自重(g):230
対応ルアー重量(g):15~65
対応ジグ重量(g):20~80
適合ライン PE(号):1.5~3

Amazonで詳細を見る

スピニングロッド或いはベイトロッドの5フィート~6フィート
リールは大型スピニングリール或いは大型ベイトリールの3500番~4000番以上、
ラインはPEラインの1.5号~5号
を使用します。

ショアジギングの仕掛け

ダイワメタルジグルアーサムライジグ40gMGピンクバック

基本性能がとても高いルアー

Amazonで詳細を見る

仕掛けの構成はリーダー・リング・ルアーのシンプルな構成です。
アシストフックの3/0~5/0、リーダーはナイロンラインの12号~22号を使用します。
ルアーは飛距離と沈む速度の速さが特徴のメタルジグを使用します。重さは60gがおすすめですが、大物のブリになると深層に沈むので、大きいサイズのメタルジグも用意しましょう。

まとめ

ワラサ釣りには様々な種類の釣り方が存在します。船からでもおかっぱりからでも狙えるのですが、数を釣れる船釣りか大物が釣れるおかっぱりかどちらを選ぶかは人それぞれ。
ワラサ釣りを考えている方も、これからワラサ釣りを楽しもうとしている方も、いろいろな釣り方を試してみてくださいね。

関連記事