FishMasterのロゴ

yuicafe

初心者も楽しめるハゼ釣り時期を徹底解説!その魅力と釣り方もご紹介

初心者や子供にも簡単にできるハゼ釣り。全国どこでも1年中できますが、数釣りが楽しめるトップシーズンや一番美味しくなる好時期があります。時期ごとの釣り方・釣れ方を知れば楽しさ倍増!生態や魅力に触れながら徹底解説していきます。

ハゼのトップシーズンは8月から9月!

出典:Foter

ハゼ釣りは基本的には1年を通して楽しむことができますが、トップシーズンは8月~9月です。この時期ならではの数釣りを楽しみましょう。

この時期にトップシーズンになるのはなぜ?

基本1年中釣れるハゼですが、なぜ8月~9月がトップシーズンなのでしょうか。
ハゼは冬の終わりから春にかけて産卵、孵化した幼魚は6月頃から淡水と海水が混ざる河口域や汽水域で過ごし浅場で盛んにエサを食べるようになります。初夏から秋口にかけてよく釣れるようになりますが、特に真夏の8月~9月には10cm前後の大きさに成長したハゼが大きな群れをなしていて数釣り、いわゆる入れ食い状態が楽しめるので、8月~9月がトップシーズンと言えるでしょう。

トップシーズンのハゼ釣りの魅力

8月~9月のトップシーズンのハゼ釣りの魅力は、何と言っても安定して数が釣れることです。10cm前後になった幼魚のハゼが活発にエサを追いかけるので、他の時期に比べて食いがかなりよく釣りやすいのが特徴です。河川の下流や汽水域、内湾の浅場で陸から手軽に釣れるので、初心者も子供もチャレンジしやすく数釣りが楽しめます。

生態を知ってハゼ釣りを楽しもう!

出典:Visual Hunt

初心者でも簡単に釣りやすく身近にいるハゼは、人気の釣り魚です。
冬から春にかけては産卵期に入り、春に孵化したハゼは河川の下流や汽水域、内湾の浅場でアオイソメやゴカイなどを食べ6月頃には5cm~7cmぐらいの大きさの「ピンハゼ」に成長。徐々に数が釣れ出します。夏頃には10cmほどの「デキハゼ」に成長し、ハゼが最も活発にエサを求めるようになります。秋のお彼岸にかけてウキ釣り、脈釣り、ちょい投げで数釣りが楽しめます。

寿命は1年で産卵を終えると死んでしまいますが、中には成熟が遅く1年以上生きて産卵するものもいて、「ヒネハゼ」と呼ばれています。デキハゼが成長して秋頃には10cmほどの「彼岸ハゼ」、秋の終わり頃から冬にかけて20cm前後の脂がのった「落ちハゼ」へと成長します。成長とともに、水温が下がってくると海の深場へと移動していくので、夏頃に比べると数は釣れなくなります。そして12月頃になると、シーズン終了。この時期は難易度は高めですがボートや船で大型のハゼを狙うことができます。

このように、夏は数釣りが楽しめたり、大きく成長し脂がのったハゼは刺身や天ぷらで食べられ絶品の味を堪能できたりと、時期によって色々な楽しみ方があるところがハゼ釣りの魅力です。時期ごとに場所や釣り方を変えることで、ハゼ釣りを長く楽しむことができます。

時期ごとに変わるハゼの釣り方

出典:Visual Hunt

1月~5月は産卵期のため釣りづらい時期

南の地域ほど早くなりますが、1月~5月の間ハゼは産卵期に入ります。産卵を終えるとオスもメスも死んでしまうため、1月~5月のハゼ釣りは1年の中で最も釣りづらい時期と言えます。
深場にいるため、狙う場合はボートや船で沖に出て、投げ釣りでじっくりとアタリを待ってみましょう。

6月~7月は小さいサイズの数釣りが楽しめる

冬から春に生まれたハゼは、梅雨時期の6月頃には5~7cmぐらいの「ピンハゼ」に成長。浅場で徐々に数釣りが楽しめるようになります。ハゼ釣りのシーズン到来です。
サイズはまだ小さく、足元でも釣れるので、短い延べ竿を使ったミャク釣りがおすすめです。ポイントに仕掛けを落とし、アタリを感じたら釣り上げます。シンプルな仕掛けで簡単に釣れるので、初心者や子供でも数釣りを楽しむことができます。
ハゼの小さいサイズに合わせて、針とエサを小さくすることが重要です。

8月~9月は入れ食いが楽しめるトップシーズン!

真夏になるとハゼは10cm前後の大きさになり、より活発にエサを求めるようになります。「ハゼは秋の彼岸を過ぎてから」と昔から言われているように、9月以降はさらに成長して15~20cmぐらいに良型化した「彼岸ハゼ」の数釣りが楽しめます。
浅場に群れているため、初心者でも入れ食い状態を体験できることもあります。
釣り場が賑わうハゼのトップシーズンです。
釣り方は上述したミャク釣りの他に、ウキ釣りやちょい投げもおすすめです。ハゼは、砂地を好みますが、カキ殻などのある場所にも生息しています。このような場所を狙う場合はウキ釣りが良いでしょう。ウキを使うことで根掛かりを防いでくれ、風の強い日もミャク釣りではわからないようなアタリを教えてくれます。
また、リール竿を使ったちょい投げも天秤を使うため、根掛かりが減って釣りやすいです。初心者向けのちょい投げセットもあるので、気軽に挑戦できます。
ハゼは淡水と海水が混ざるポイントに生息しているため、潮の満ち引きの影響を受けます。潮の満ち引きで釣れ方も変わるため、潮が引いたらちょい投げで少し遠くの方を狙うなど、釣り方を変えると釣果がどんどん伸びるでしょう。
色々な釣り方で楽しめるのもこの時期のハゼ釣りの醍醐味です。

10月から12月は難易度高め!絶品の大型ハゼを狙おう

秋も深まり水温が下がってくると、ハゼは深場に下りていき釣りづらくなります。
初冬の時期には10mほどの深場にいるため、数は釣れなくなりますが、20~25cmほどに大型化し、「落ちハゼ」と呼ばれ脂がたっぷりのって絶品のため、人気があります。中には、越冬して30cm近くまで成長したヒネハゼも混じっています。難易度は高めですが、遠投の投げ釣りやボートや船での釣り、夜釣りで大型のハゼを狙ってみましょう。
手応えのある釣りが楽しめます。

まとめ

出典:Visual Hunt

「釣ってよし、食べてよし」のハゼ。ハゼ釣りは、数を釣りたい!絶品の味を味わいたい!など目的に合わせたり、時期ごとに釣り方を変えるなどして楽しむことができます。
生態をしっかり調べて、1年を通してハゼ釣りを堪能するのも面白いでしょう。ぜひ挑戦してみてください。

関連記事