FishMasterのロゴ

guitaro44

サワラのシーズンは関東と関西で違う!トップシーズンの釣り方も紹介

サワラは春の魚というイメージや、水面付近の小魚を鋭い歯で狙う獰猛なフィッシュイーターで、ルアーで簡単に釣れるイメージがあると思います。しかし実はシーズンと地域によって大きく釣り方が変わりますのでこの記事でご紹介していきたいと思います。

サワラのトップシーズンは関東と関西で違う!

出典:photo AC

魚へんに春と書いてサワラですから当然トップシーズンは春だろうと思ってしまいますが、実際のサワラのトップシーズンは地域によって異なります。関西ではその名の通り、3月から5月のまさに春の時期にトップシーズンを迎えますが、関東では12月から2月の冬にトップシーズンを迎えます。

この時期のずれはサワラが回遊魚であることが関係しています。群れを作って回遊するサワラは季節によって場所を変えていきますので、その地域によって接岸するタイミングが異なっており、そのタイミングこそがその地域でのトップシーズンとなるというわけです。

関東では産卵期前の寒鰆が好まれる

関東地方では6月から7月頃にかけて接岸しますが、産卵を終えたばかりのサワラは脂ノリも悪く、食味がいいサワラにおいて唯一食べることの少ない時期です。しかし冬に入ると脂ノリも良くなり、身も引き締まってきますので、関東ではこの食味がもっとも良い冬のシーズンに最盛期を迎えます。

関西では産卵のために接岸した春にトップシーズンを迎える

関西では産卵のために水温が暖かくなってきた3月から4月にかけて接岸しますので、その時期にトップシーズンを迎えます。前述の通り産卵を終えると身がやせ細ってしまいますので、それまでが関西でのサワラの最盛期になります。

回遊魚なので群れを捕まえれば爆釣も!

サワラはトップ付近でイワシなどの小型の魚を狙っているイメージがあると思いますが、冬に最盛期を迎える関東では水深の深いところを回遊しています。ただ冬の時期の方がポイントを絞りやすいこともあり、群れを見つけるのが容易になります。

一方関西では活性が上がりはじめたサワラが接岸してきますので、トップをどんどん狙っていくことで群れが見つかれば次から次へと釣れます。釣りやすいのでルアーフィッシングの上達にもってこいですし、とても楽しい釣りになります。

サワラが釣れるシーズンサイクルをご紹介!

出典:photo AC

サワラは水温の上がる春から夏にかけて接岸しますが、産卵後から秋口までは回復の時期となるので、サワラを狙うにはあまり向かない時期になります。秋口以降水温の低下と共に徐々に気温の影響を受けにくい水深深くへと潜っていき、さらにはエサを求めて沖の方へと移動してしまうので、おかっぱりから狙うのは非常に難しくなってきます。関西ではサワラはオフシーズンに入りますが、関東では寒鰆が好まれるため、岸を離れたサワラを船釣りで狙いにいきます。

関西ではまた水温が上がる春を迎えるとエサを追ってサワラが接岸しますので、サワラのトップシーズンが再びスタートします。関東では関西での接岸から遅れること1ヶ月ほどでサワラの群れが接岸しますので、再びシーズンインという流れになります。

サワラのシーズン別の釣り方の変化をご紹介!

出典:photo AC

繰り返しになりますが、サワラのトップシーズンは関東で12月から2月、関西では3月から5月です。各シーズンでの釣り方をご紹介していきたいと思います。

関東の9月から11月は回遊する群れをつかまえられるかがポイント

産卵からの回復も終わり、秋口に入ってくるとまたサワラのシーズンとなります。水温の低下と共に沖目沖目へと移動して水深深くに潜っていってしまうので、ショアから狙う場合は水温が下がりすぎる前がいいでしょう。またトップシーズンと比べるとまだ群れがばらけているので、タナもそうですが、広く探れるルアーを使って群れをつかまえることが重要になります。

関東の12月から2月のトップシーズンは船から狙う

関東地方のトップシーズンに入りますが、サワラは沖深くへ潜ってしまっているので、ショアから狙うのは難しくなってしまいます。トップシーズンはもっぱらオフショアジギングがメインとなり、水深40m付近を中心に狙っていく形になります。

関西の3月から5月のトップシーズンはルアーでトップを狙う

関西でトップシーズン入る3月から5月はサワラの活性も高く、水面近くを泳ぐ小魚を狙っています。そんなフィッシュイーターである水面付近のサワラをルアーで狙っていくのですが、基本的にはワンピッチジャークで誘っていけばOKです。食い付きが悪い場合は速度を変えてあげたり、ルアーの色や大きさを変えてあげることで、アタリが出るようになります。

ルアーフィッシングの練習に最適といわれるほどによく釣れるので、楽しい釣りになることが多いです。

関西の6月から9月はベイトのいる場所を狙う

秋口まではまだサワラは接岸してますが、産卵シーズンを終えて群れもばらけているので、ベイトがいそうな場所を狙うのがセオリーになります。群れを見つけたら手返しよく投げていくことで釣果を狙います。

サワラはシーズンによって適した釣り方を選択しよう!

出典:photo AC

サワラに限ったことではありませんが、季節や気温、潮の流れ、釣り場によっても群れのいる場所は変わってきます。魚がいない場所に仕掛けを投げても釣れないのは当然のことで、事前にシーズンに合わせた釣り方やポイントを見極めてピンポイントで狙っていく必要があります。

サワラは群れを見つけてしまえば次から次へと連れる楽しい釣りですので、シーズンごとの釣り方をマスターし爆釣を目指してみてください!

関連記事