FishMasterのロゴ

forum8

チニングで話題沸騰のOリグを紹介!作り方と使い方も解説します!

チヌのルアーフィッシングではワームも頻繁に使われます。ワームを使う上でリグは非常に重要な部分になります。

Oリグはチニングのリグとして非常に高い評価を集めています。そのOリグの効果的な使い方と作り方をまとめました。

当サイトおすすめ!
★ ルアー人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) ワーム アジング メバリング 月下美人 美尾ビーム 1.5インチ アソート ルアー

Amazonで詳細を見る

ダイワ(Daiwa) ワーム シーバス モアザン ミドルアッパー 3.5インチ 銀粉生イワシ ルアー

Amazonで詳細を見る

メガバス(Megabass) ルアー X-70 (SP) M ワカサギ

Amazonで詳細を見る

チニングで大活躍「Oリグ」

記事904の画像79595

出典:Stockvault

ワームで使うフックやシンカーなどをリグと呼びますが、Oリグもそのリグの一種です。チヌ(クロダイ)をターゲットとしたチニング用のリグとして開発されました。

ちなみに名称は製作者の方の名前が由来ですので、特に名称に意味はありません。

Oリグの特徴

ワームでチヌを狙う場合、ボトムをズル引きする誘い方になります。当然根掛かりが多くなりますので、ポイントによっては使うことが難しい面があります。

しかし、Oリグは根掛かりしづらい特徴があるので、根掛かりの多い場所でも活躍してくれます。また、根掛かりしづらいだけでなく、チヌへのアピールの仕方も非常に効果的で高い釣果も期待することができます。

チヌやキビレがターゲット

Oリグの使い方はチニングのワームのリグとして使います。ですので、チヌやキビレがターゲットとなります。また、チニングではカサゴなど外道として釣られます。カサゴに対してもOリグはやはり有効です。

Oリグ製作に必要な道具

記事904の画像79596

出典:Stockvault

  • フック:カン付きチヌ針4号〜6号
  • ワーム:チヌ用2〜3インチ
  • シンカー:丸オモリ1〜2号
  • ビーズ玉(発光玉):0号

Oリグの製作で必要な道具は以上の4つだけです。これをライン(ショックリーダー)に取り付けて製作します。

フックはヒネリありチヌ針

フックにはカン付きのチヌ針を使用します。Oリグはラインにカンを通して作りますので必ずカン付きにしてください。また、ヒネリの入った針はチヌへの針掛かりが良いだけでなく、Oリグでは根掛かり軽減の意味合いもありますので、ヒネリありのチヌ針を推奨します。

がまかつ(Gamakatsu)カン付チヌ(NSB)6号

メーカー:がまかつ
形状:チヌ(ひねり)
サイズ:6号
カラー:黒
11本入り

Amazonで詳細を見る

1.5号〜2号の丸オモリ

オモリには中通しの丸オモリを使います。サイズは狙うポイントの水深で調整してください。

タカタ(TAKATA)丸P 2号

メーカー:タカタ
サイズ:2号

Amazonで詳細を見る

2インチ〜3インチのワーム

ワームはチヌ用のワームがおすすめです。サイズは2インチから3インチで、針にうまくさせない場合はカットするなどしても使えます。

エコギア(Ecogear)ルアーチヌ職人バグアンツ2インチ#1218959

メーカー:エコギア
サイズ:2インチ
5本入り

Amazonで詳細を見る

ストッパーのソフトタイプ発光玉

ビーズ玉はフックとオモリが抜けないためのストッパーとして使いますので、サイズが合えばビーズ玉でなくても代用可能です。発光玉のアピールはチヌに対しても効果的ですのでおすすめです。また、ソフトタイプはクッション材としての役割も果たしバラシを軽減します。

東邦産業発光玉ソフト8H

メーカー:東方産業
サイズ:0号〜6号
カラー:ピンク、グリーン

Amazonで詳細を見る

音で誘うならガラス製ビーズ玉のストッパー

こちらもストッパーとして使うものです。上記のソフトタイプの発光玉かどちらかあれば大丈夫です。ガラス製でできており、フックと接触した時に音が出るので、視覚だけでな音でも誘いたいならこのロックサウンドビーズを使いましょう。

ささめ針(SASAME)P-330道具屋ロックサウンドビーズ

メーカー:ささめ針
サイズ:8mm
カラー:レッド、ブラック、グリーン
6個入り

Amazonで詳細を見る

Oリグにおすすめのワーム3選

Oリグの使い方は他のワームのチニングと同じですので、チニング用のワームを使うのがおすすめです。チニングは非常に人気が高いので、専用のワームも多数販売されています。

チヌは雑食性の魚で、イソメ、オキアミ、カニ、エビ、フナムシなどを食べるのでワームへの反応も高いです。特にチニング用のワームにはそれらの生物を型どった製品が多く、高い釣果を期待できます。

また、誘導式のOリグはフロートタイプのワームを使えば、海中を自然に漂いますのでチヌに対しても非常に効果的な誘い方をしてくれるのでおすすめです。

1.フロートタイプはOリグと相性抜群

ハイフロートのワームですので、誘導式のOリングと組み合わせればまるで本物の虫のような自然な動きでチヌを誘います。エビフレーバー入りニオイでもチヌにアピールする高い集魚力もあるのでおすすめです。

クレイジーオーシャン海毛虫HFハイフロート(チヌ根魚ワーム)#103オレンジゴールド

メーカー:クレイジーオーシャン
サイズ:2.5インチ
カラー:オレンジゴールド
8本入り

Amazonで詳細を見る

2.存在感抜群のハーフフロートのワーム

バグアンツは様々なターゲットに使われ、高い人気を持つ定番のワームです。チヌでも高い釣果を上げています。ハーフフロートで自然な動きを再現しながらボトムをしっかりと狙うことができ、Oリグとの相性もバッチリで高い釣果が期待できます。

エコギア(Ecogear)ワームバグアンツ3インチ82mmアボカドチャートハーフフロート#434ルアー

メーカー:エコギア
サイズ:3インチ
カラー:アボカドチャート
8本入り

Amazonで詳細を見る

3.ニオイでもチヌを誘う!チヌ専用ワーム

チヌ用として開発販売されているワームです。アピールの高い形状に加え、チヌ専用に配合されたニオイが配合されているので、チヌへのアピールは抜群です。

エコギア(Ecogear)ルアーチヌ職人バグアンツ2インチ#2879339

メーカー:エコギア
サイズ:2インチ
カラー:なにわピンク
5本入り

Amazonで詳細を見る

簡単に作れる!自作Oリグの作り方

記事904の画像79601

出典:Stockvault

Oリグは市販されていませんので必ず自作することとなります。低コストで簡単に自作できるのがOリグのメリットでもありますので、手先の器用な人でもなくても簡単に作ることが可能です。

Oリグの仕組みは簡単で、ラインに中通しのオモリとフックのカンをとおして、最後にフックとオモリが抜けないようにストッパーとしてビーズ玉を取り付けるだけです。ですので、ビーズ玉やフックは一応推奨している製品はありますが、自分で好みのものを釣りつけても構いません。

1.まずはフックをワームにセット

まずは、フックにワームを取り付けましょう。ワームの先端から通して横に抜ける通し差しで取り付けてください。フックは通常のチヌ針を使いますので、付けづらい場合はワームの先端をカットしてもOKです。ワームに付けた後、針の先端にソフトタイプのビーズ玉を付ければ魚がかかった時にワームが抜けるのを防止できますが、必ずしも必要ではありません。好みで取り付けてください。

2.ヒネリの向きに注意してオモリとフックをセット

次にラインに仕掛けを通します。まずはオモリを通してください。次に先程ワームを取り付けたフックを通すのですが、推奨しているヒネリありのチヌ針を使う場合は、オモリ側にヒネリが向くようにしましょう。こうすることで根掛かりの可能性を押さえることができます。Oリグは誘導式のリグですので、フックとオモリは固定しないようでOKです。というよりも固定しないのがOリグの特徴です。

3.最後にストッパーのビーズ玉をセット

オモリとフックを取り付けたらビーズ玉を通し、ラインの先端を結んでビーズ玉が抜けないようにします。使うビーズ玉はソフトタイプとガラス素材の音のでるビーズ玉がおすすめです。

ソフトタイプのビーズ玉は魚が掛かった時のクッション材になりバラしづらい効果があり、製作者の方が推奨してる方法です。音の出るビーズ玉は音でも魚にアピールすることができ集魚力が高い特徴があり、チヌにも有効と言われています。もちろんその他のビーズ玉でも作ることはできますが、色々工夫してオリジナルの0リグを作るのも良いでしょう。

Oリグを使ってチヌを釣り上げる

記事904の画像79599

出典:Foter

Oリグはフックとシンカーがフリーで動くので根掛かりがしにくいのが特徴です。さらにコストも非常に安いので例え根掛かりしたとしてもロストが怖くないというメリットがあります。ですので、場所を選ばず使うことができます。特に根掛かりの多い場所で活躍するでしょう。

使い方は一般的なワームのチニング同様、ボトムを這うようにゆっくりと引いていきます。キャストをしてボトムに着底したらゆっくりとリールとただ巻きします。目安としては歩く速度の半分くらいのスピードが目安です。根掛かりしにくいOリグの特性を活かして根掛かりしやすい海底でもズル引きしていきましょう。

チヌの主食はオキアミやフナムシ、カニなどです。それらの生き物を意識して、軽くロッドを縦にシャクる誘いも有効とされています。

大抵の場合、チヌはボトムにいる餌には一気に食いつかず、まずはついばむように食べます。その前アタリは見逃して、しっかり食いついてから合わせるようにしましょう。焦って合わせにいかないのがチニングのコツです。

根掛かりしそうな場所ではOリグでチヌを狙おう!

記事904の画像79600

出典:Stockvault

ワームを使ったチニングは根掛かりの多いポイントでよく用いられる方法です。ワームはロストしてもそれほど痛手にはならないのでよく用いられるのですが、できれば大切な釣具は失いたくないですよね。

そんな時には今回紹介したOリグが有効的です。超安価に作ることができて根掛かりをしづらい最適設計ですのでとてもおすすめです。何より作り方も非常に簡単で、数分でできてしまうが嬉しい部分でしょう。

高い釣果で話題を集めたOリグ。価格以上の価値があることは間違いないので一度試してみてはいかがでしょうか!

当サイトおすすめ!
★ ルアー人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) ワーム アジング メバリング 月下美人 美尾ビーム 1.5インチ アソート ルアー

Amazonで詳細を見る

ダイワ(Daiwa) ワーム シーバス モアザン ミドルアッパー 3.5インチ 銀粉生イワシ ルアー

Amazonで詳細を見る

メガバス(Megabass) ルアー X-70 (SP) M ワカサギ

Amazonで詳細を見る

関連記事