FishMasterのロゴ

nuri

イカ釣りで使うギャフとは?基礎知識からおすすめの商品まで解説!

イカ釣りでたまに見かけるギャフという道具。タモと比べてどのような違いがあるのかご存知でしょうか。今回はギャフの基礎知識から使い方、おすすめの商品まで幅広く解説します。メリットを知ってギャフを使ってみましょう!

ギャフの基礎知識

記事907の画像38670

出典:visualhunt

ギャフとは棒の先端にかぎ針がついている道具のことをいいます。通常の釣りではタモという編みカゴを使って魚を引き上げることが多いですが、タモに入りきらない程大きい魚やイカの場合は、ギャフを使って引き上げます。
イカ以外にマグロやカツオ、ブリなどの大型魚をあげるため、漁船で使用されていることが多いです。

イカ釣りにおけるギャフの使い方

イカ釣りでギャフを使う場合は少しコツが必要です。タモの場合はゆっくりイカを網の中に引き寄せて入れますが、ギャフでの掛け方は全く異なります。竿を立ててイカの頭が下になった状態で、下から一気に針を掛けます。この時ガッと大胆に刺さないとイカが逃げてしまうので注意しましょう。

何回か経験するとコツを掴むことができますので、失敗しても気にせず挑戦してみましょう。

イカ釣りでギャフが有利になる2ケース

イカ釣りでギャフを使うのに適している状況は、ラン&ガンで動き回ってエギングをするとき、磯やテトラなど足場の悪い場所で釣りをするときの2パターンあります。ここでは、それぞれの状況についてなぜギャフが良いのかを解説します。

ラン&ガンでエギングするとき

記事907の画像38873

出典:visualhunt

ギャフを使って便利なケースの1つは、ラン&ガンで動き回って釣りをする場合です。エギングでは釣る場所が大事になってくるので、同じ場所でずっと釣り続けても釣果は出ません。動き回りながらイカのいる場所を探すため、道具の持ち運びやすさが大事になってきます。タモと比べてギャフはコンパクトにまとまり、重さも片手で持てるほどなので移動する際邪魔にならずにすみます。

磯やテトラなど足場が悪い場所

記事907の画像38869

足場が悪い場所にタモを持っていくと片手が埋まってしまったり、大きな網が岩やテトラに絡まってしまったりして危険です。ギャフはハリの部分がコンパクトに収納できるため、腰にかけることもでき、足場の悪い場所でも楽々動くことができます。

イカ釣りでギャフを使うメリット・デメリット

記事907の画像38874

出典:visualhunt

ギャフのメリット3つ

イカ釣りでギャフを使うメリットはあるのでしょうか。ここではギャフのメリットについて3つ挙げ、それぞれ解説していきます。

大型イカが楽々上げられる!

ギャフはイカの胴体に直接針を刺して引き上げます。そのため大型であればあるほど針掛かりがしっかりし、上に引き上げやすくなります。タモの場合は大きいと中々網に入らなかったりするので、大型イカを楽々引き上げることができるのがギャフのメリットとなります。

タモと比べて持ち運びがしやすい!

使う状況で先述した通り、エギングでは動き回って釣ることが重要です。そのため、道具はできる限り持ち運びがしやすいものがおすすめです。ギャフはタモと比べてコンパクトにまとまるため、動き回るエギングや、磯やテトラ帯でのエギングなど、足場の悪い場所での釣行に向いています。

慣れれば確実にイカをゲットできる!

タモは網にイカを入れるため、入ったと思っても逃げられてしまうことがあります。一方でギャフは、針で直接イカを刺すため、確実に上まで引き上げることが可能です。しっかり針を刺すためには少しコツがいりますが、数回やれば慣れますので、使いこなせばタモより便利です。

ギャフのデメリット2つ

ギャフのデメリットはタモと比べて汎用性がないこと、魚やイカの体が痛みやすくリリースが難しいことの2つあります。それぞれデメリットの詳細を以下で解説しています。

タモと比べて汎用性がない

タモは小さい魚からある程度大きい魚まで引き上げることができますが、ギャフは小さい魚だと針にかけるのが難しく、向いていません。色んな釣りをしたい場合は、普段の魚釣りではタモを使用し、船で大型魚を釣りに行く場合や、エギングをする際にギャフを使うなど、使い分けることも検討しましょう。

魚に使うと弱ってしまいリリースできない

ギャフで魚やイカを掛けると体が痛んでしまい、リリースできないことが多いです。ギャフで引き上げる際は持ち帰る前提で使用しましょう。

ギャフはタモと併用で使おう!

ギャフかタモ、どちらが良いかと迷うよりも、使用する状況に合わせて使い分ける方が良いです。五目釣りなど色んな種類の魚を狙う場合や、釣った後はリリースする前提の場合はタモを使い、動き回ったり足場の悪い場所に行く際はギャフを持っていくという使い方がベストです。

イカ釣りにおすすめのギャフ5選!

ギャフ初心者におすすめ!ハラ EG-CLAWHEXA290

重さが288gと軽量で、仕舞時には30cm以下ととてもコンパクトになるギャフです。長さは短めですが、初心者でも扱いやすく、1キロのイカも楽々上げることができます。価格も5,000円以下とお手頃です。

ハラ(TIGA)EG-CLAWHEXA290

長さ:2.9m
仕舞時:28cm
重さ:288g

Amazonで詳細を見る

人気が高い!第一精工 オートキングギャフCS300ガンメタ

釣り人たちから人気の高いギャフです。仕舞時には32cmとコンパクトになるため、持ち運びがしやすいのが特徴です。3mという長さなので足場の高い堤防だと届かないこともありますので、使用する場所を考慮して検討しましょう。価格は11,000円前後となります。

第一精工オートキングギャフCS300ガンメタ

長さ:3m
仕舞時:32cm
重さ:410g

Amazonで詳細を見る

ラン&ガンにおすすめ!タカ産業 ショートギャフCN-100390

先端のギャフが小さく、コンパクトにまとまるため、腰掛けで持ち運びがしやすい商品となります。長さも約4mと長めです。ギャフの小ささゆえにイカを掛けるのに少しコツがいりますが、慣れれば使い勝手が良くなります。価格は5,600円前後とコストパフォーマンスの高い商品です。

タカ産業(タカサンギョウ)ShortGaffCN-100390

長さ:3.9m
仕舞時:44cm
重さ:396g

Amazonで詳細を見る

高い堤防で釣るなら!第一精工 オートキングギャフ630 ガンメタ

6.3mまで伸びる長いギャフです。足場の高い堤防で活躍します。普段は背中にしょって、必要な時にキャップを開けるだけで針と棒が出ていくので、引き上げる作業がスムーズにできるのが特徴です。価格は15,000円前後と高めですが、使いやすいと釣り人から評判の商品です。

第一精工オートキングギャフ630ガンメタ

長さ:6.3m
仕舞時:62cm
重さ:665g

Amazonで詳細を見る

ボートで活躍!タカミヤ REALMETHOD フォールディングエギングツール

ギャフの他に、イカ締めピックとカンナチューナーがついたコンパクトな商品です。腰に掛けられるようリングがついているので持ち運びも楽々。長さはないですが、ボートや磯で足元まで持ってこれるような釣り場で活躍します。価格も1,560円前後とお手軽です。

TAKAMIYA(タカミヤ)REALMETHODフォールディングエギングツールイカギャフ付きJL-1302レッド

長さ:約14cm
仕舞時:8.5cm

Amazonで詳細を見る

大型イカを狙うならギャフを使おう!

今回はギャフの基礎知識と、イカ釣りで使う際有利になる状況やメリット、おすすめの商品まで幅広く紹介しました。足場の悪い場所でエギングをすることが多い人や、これからエギングで数釣りや大型のイカをゲットしたい方は、是非ギャフに挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連記事