FishMasterのロゴ

pokoni

泳がせ釣りの仕掛け徹底解説!対象魚ごとに選択や使い方を基本から!

釣れれば大物間違いなし!更にターゲットは大物青物であるブリやイナダ、大物根魚のハタ類、ヒラメやコチなどのフラットフィッシュ、更に一工夫を加えればアオリイカまでもターゲットに出来るという魅力的な泳がせ釣りの仕掛けを紹介していきます!

泳がせ釣りってどんな釣り方?

出典:foter

泳がせ釣りってどんな釣り?と思う方も居ると思います、まずは泳がせ釣りとはどんな釣りなのかをお伝えします。
結論から言うと生きた魚を餌にした釣りです、生きた魚を餌にするという事はフィッシュイーターがターゲットになりますので、釣れる魚は基本的に大物が狙えて美味しい高級魚が多いのも魅力的。
ウキは使う場合と使わない場合があります、竿は基本的には万能竿か磯竿を使います、狙うターゲットにより多少のタックルの変化も必要ですのでそちらも紹介していきます。

泳がせ釣りで釣れる魚は?

泳がせ釣りでどんな魚が釣れるか、基本的には前述したようなフィッシュイーターです。
河口や堤防などではおなじみのスズキ、回遊にうまく当たれば高級青物のブリやヒラマサ、ボトム狙いでも高級魚であるキジハタやオオモンハタ、クエなども狙えてしまいますし、ヒラメやコチのようなフラットフィッシュも対象です。
もうお分かりでしょうが、基本的に釣れたら嬉しい美味しいおさかなばかりですね!

泳がせ釣りの中にはアオリイカの抱きかかえる習慣を狙った釣り方もあります。

以下では対象魚ごとに解説していきますのでぜひ参考にしてみてください!

青物狙いの泳がせ釣りの仕掛け

出典:foter

青物狙いの泳がせ釣りに適した仕掛けはウキを使った泳がせ釣りで、表層から中層のタナを自身で調整しながら狙えるものがあります。
青物は基本的に表層から中層で捕食行動を行うので、青物狙いの仕掛けとしては最適な仕掛けになります。
引きも楽しめて食べても美味しい青物をターゲットにした泳がせ釣りの仕掛けを解説していきます。

青物狙いの泳がせ釣りの仕掛けで釣れる魚は?

これらの仕掛けで釣れる青物はブリ、カンパチ、ヒラマサなどの大型回遊魚です。
ブリも80センチを超えるようなサイズもかかる事もあるので大物への期待感が高まりますね、大物の青物は食べても美味しいのも嬉しいですね。

青物狙いの泳がせ釣りにおすすめの仕掛けスペック

青物狙いの泳がせ釣りにはウキの仕掛けが良く使われます、その仕掛けの紹介をしていきたいと思います。
まずは共通して言える事は、青物狙いである以上大物がかかった時の為にタックルはタフな物を用意した方がいいという事。
竿は万能竿や磯竿で3号から4号が一番安心感ありますが、最悪2.5号あれば時間はかかりますが取り込みも可能になってきます。
リールは4000番台のスピニングリール、両軸(ベイトリール)は意外にもこの釣りには向いています、ベールを起こして糸を出さないといけないスピニングに比べるとクラッチを切るだけで糸出しが出来たり、待ちの時間はドラグ調整も楽なのでスピニングよりも手返しはいいです。
ただ、飛距離が必要な時は不向きですので、足元で充分な水深があったり船での泳がせの際に本領を発揮します。

ウキ釣りの仕掛けですが、道糸になるラインはナイロンかPEの4号を選びましょう、生き餌の動きを自由に出せるのはPEですが、その分仕掛けに絡まりやすくなったり、生き餌の針に絡まったりすることが有るので慣れない方や不安な方はナイロンを使いましょう、フロロは生き餌のハリスに使用します。

仕掛けの順番はリール側から、道糸、ウキ止め、シモリ玉、ウキ(4号)、ウキストッパー(道糸とハリスを結ぶサルカンやスナップにウキが当たらないように)、オモリ4号(ウキが沈む時は軽くする)、中型のサルカンかスナップ(道糸とハリスを結ぶ)、ハリス(フロロ6号で2ヒロ)、針(真鯛針12号やセイゴ針の12号)の順です。
ここで大事なのは泳がせ釣りは生きた小魚を泳がせるので、小魚の潜ろうとする動きでウキが沈み込んでしまうといざ本命のアタリが来た時にアタリが分からないなんて事になってしまいます、それに生き餌に良く使うアジは下へ下へと潜っていく習性が有るので、折角ウキで棚を決めてもボトム付近まで落ちて行ってしまいます。
ですので、オモリの調整がシビアですが、大事になります。

青物狙いの泳がせにおすすめの仕掛け

OWNER(オーナー)セット一発泳がせのませ仕掛5-433628

サビキで釣った小アジや小サバをエサに青物(ハマチ・ツバス)・スズキを食わす。大型魚特有の強烈な引きを堪能しよう

Amazonで詳細を見る

中通しウキを使っているので絡まりにくい、泳がせ釣りではかなりポイントが高い部分なので面倒なトラブルを避けたい方にはベストな商品です。

がまかつ(Gamakatsu)遠投泳がせのませパーフェクトHO20111-6.

遠投泳がせのませパーフェクト!!これだけ買えばOK。

Amazonで詳細を見る

沖の青物を狙うには遠投性能も必要な時があります、生き餌への負担はありますがアプローチはかなり広く探れるようになるのでおすすめ!

がまかつ 海上釣堀 青物泳がせ仕掛 タナ取りオモリ仕様 KT01513-8

鈎:13号
ハリス:8

Amazonで詳細を見る

底付近を攻めても根掛かりしにくくなっており、底ギリギリを攻めることが可能な仕掛け。
エダスを短めに設定しているので、底付近から表層までのタナをピンポイントで狙えます。

フラットフィッシュ狙いの泳がせ釣りの仕掛け

出典:foter

フラットフィッシュと呼ばれる魚(ヒラメやコチ)用の仕掛けは、ボトム周辺を狙う仕掛けがメインになります、ぶっこみ釣りとエレベーター式と呼ばれるものがメインになります。
ヒラメやコチは餌を丸のみするまでの時間が青物よりもかなりかかります、「ヒラメ40、マゴチ20」なんて言葉が有るくらいです。
初期のアタリであわてて合わせてすっぽ抜ける。
なんて話はよく聞きますのでアタリが来てから40秒は待つのが正解です。
釣れれば美味しい高級魚のヒラメやコチをターゲットにした泳がせ釣りの仕掛けを解説していきます。

フラットフィッシュ狙いの泳がせ釣りの仕掛けで釣れる魚は?

釣れる魚はもちろんメインターゲットのヒラメやマゴチ、ボトム付近にいる根魚、キジハタやクエなども対象になってくるので、釣れれば美味しい高級魚ばかりです。
仕掛けを完璧に理解して美味しい高級魚をゲットしましょう!

フラットフィッシュ狙いの泳がせ釣りにおすすめの仕掛けスペック

フラットフィッシュ狙いの泳がせ釣りの仕掛けの詳細な解説に入りたいと思います。
まず、青物狙いでも書きましたが、竿は思わぬ大物がかかっても取り込めるように号数を大きめに用意します。
万能竿か投げ竿の4から5メートル程度で3号以上が理想的です。
リールは青物と同様4000番台を用意しましょう、ぶっこみやエレベーター式では、ダイワのQD(クイックドラグ)やシマノのTD(ツインドラグ)といったドラグ調整が速やかにできるリールが有ると便利です。
フラットフィッシュや根魚は餌に食いついてから丸のみするまでの時間がかなりかかるので、基本的に待ちの釣りになりますが、竿を置いて待ってる間に大物の初期アタリで竿ごと持ってかれた!なんて話もよく聞きます、逆にドラグを緩めすぎて合わせまでに時間がかかりすぎて根に潜られる…なんて事になります。
それを回避出来るのが先程紹介した二社のドラグシステムで、ドラグノブを一回転するだけで完全なフリーな状態からガチガチな状態まで可能なので手返しも良く、竿を置きっぱなしにする泳がせ釣りには最適なシステムと言えます。

肝心な仕掛け自体は凄く簡単、リール側から、道糸(PEかナイロンで4号)、中型スイベル(道糸と幹糸を結ぶ)、幹糸(フロロの5号で長さは生き餌が自由に行き来出来る任意の長さ)、幹糸に中型スイベルを通してハリス(フロロ5号の30センチ前後)を結ぶ(エレベーター式のキモでスイベルが幹糸の間を走れるようにしておく)、ハリスの先に針はチヌ針の7号~9号と孫針にトレブルフックをセットすると更に安心。
幹糸の先にまた中型スイベルを設置してその間は自由に行き来出来る様になるのがエレベーター式の最大の特徴です。
最後に中型スイベルの下に捨て糸と呼ばれるフロロの1号程度の50センチのリーダーの先のナス型オモリの8号以上を付けて完成です。

捨て糸は回収出来たらそのまま使用しますが、根掛かりしやすい場所ではナス型オモリだけ根掛かりする事が多いので、回収する際に捨て糸だけ犠牲に他は回収できるので便利です。
ナス型オモリと捨て糸用のリーダーの予備は多めに準備しましょう。

フラットフィッシュ狙いの泳がせにおすすめの仕掛け

ハヤブサ(Hayabusa)ちょいマジ堤防ぶっこみ胴突飲ませ移動式2段鈎HD3005/4-5-7

ハリスを短くした事でトラブルを軽減するだけでなく、餌踊りも良いのでアピール効果が高まります。また、ライントラブルを未然に防ぐパワー親子サルカンの採用や、岩場で多発する根がかりを考慮した捨て糸仕様などうれしい機能が満載です。

Amazonで詳細を見る

エレベーター式の稼働巾が60センチの仕掛けです、捨て糸システムを採用していたりとかなり便利に使えるフルセットの仕掛けです。

がまかつ(Gamakatsu)ヒラメ泳がせ1本鈎仕掛HS0235号-ハリス4.45533-5-4-07

ヒラメのカタクチイワシ泳がせ釣り用仕掛の1本枝仕様。替え鈎には好評発売中の「11426 ヒラメ替鈎」の使用をお勧めします。チヌ鈎 使用 全長1.5m

Amazonで詳細を見る

こちらはエレベーター式の稼働巾が100センチなので上のハヤブサよりも生き餌がより自由に動けます、が、ここは正直個人の好き嫌いぐらいの感覚なので好きな方を選んで良いです。

OWNER(オーナー)仕掛け泳ガセ入門城トリプル2号5号65cmH-3364

サビキで釣れたアジやイワシをセットして、波止の大物スズキ・ヒラメ・青物を狙う専用仕掛。シングル仕様でアジやイワシの泳ぎが抜群で、更にホログラムシールのキラキラ感で濁った潮でも大型魚へのアピール効果があります。

Amazonで詳細を見る

オーナーから発売されているフラットフィッシュ用の泳がせ仕掛け、しっかりとトレブルフックが付いているのが安心感ありますね、絡み防止の機能や、集魚板なども組み込まれているのも嬉しい。
迷ったらこれ!

アオリイカ狙いの泳がせ釣りの仕掛け

出典:foter

泳がせ釣りの亜種的な釣法ではありますが、泳がせ釣りではアオリイカを対象にした仕掛けもあります。
アオリイカは生き餌を丸のみするような事はありませんが、マメアジを捕食する際、貪欲に対象を抱きかかえる習性があります、多少の事では抱えた獲物を離しません。
これを利用してアオリイカを釣るというものです、一般的にヤエン釣りとも呼ばれています。
泳がせ釣りの仕掛けでよく見るのは跳ね上げ式とハリス式です、互いにメリットもデメリットもあるのでその辺りも併せてアオリイカの泳がせ釣り仕掛けの解説をしていきます。

アオリイカ狙いの泳がせ釣りの仕掛けで釣れる魚は?

ターゲットはもちろんアオリイカですが、泳がせ釣りである以上他のフィッシュイーターも釣れる事はあります。
跳ね上げ式の場合は仕掛けに違和感が大きくあるのでなかなか外道はかからないですが、ハリス式はアオリイカ以外も掛かります。

アオリイカ狙いの泳がせ釣りにおすすめの仕掛けスペック

アオリイカをターゲットにした時に今まで紹介してきた泳がせ釣りとは少し違う部分があります、今までは予期せぬ大物にも対応できるようにと竿も大きめの号数でオススメしてきましたが、アオリイカのみ違います、もちろん投げ込みの際や不意な大物外道がかかった時は大きい号数の竿の方が対応は可能ですが、アオリイカは針を飲み込む訳では無く、捕食対象を抱きかかえている時に補助針をアオリイカを刺すというイメージなので取り込みの際にある程度の柔軟さがないとバレてしまう確率がぐんとあがってしまうのです。
なので竿はチヌ竿の1.5号くらいがベストです、万能竿や磯竿でもなるべく先調子の同じくらいの号数で用意しましょう。
リールは3000番程度で問題ないです、大きすぎず手返し重視で選びましょう。

肝心な仕掛けですが、リール側から、道糸はナイロンかPEの3号程度で用意しましょう、ウキ止めを結び、シモリ玉を入れます、棒ウキや中通しウキの3号から5号をつけ、仕掛けに絡まない様にウキストッパーを入れてから中通しオモリをウキに合わせて通す。
最後に中型スイベルを結べばベースは完成です。

これからは市販の跳ね上げ式の仕掛けか、ハリス式の仕掛けを結んでいくのですが、ここでワンポイント。
跳ね上げ式はアオリイカが捕食対象を抱えて逃げようとする動きに反応して、補助針が向こう合わせでアオリイカに刺さる仕組みですので初心者の方でもチャレンジする際はおすすめです、ただその為にワイヤーなどの一見大がかりな仕掛けになっている物が多いです。
実際に透明で濁りが少ない潮の日には食いつきは悪くなりますので覚えておきましょう。
ハリス式は補助針もハリスで結んでいるので、跳ね上げ式と違いスレたフィールドでも食いの良さはダントツです、ただその分合わせのタイミングやフッキングに技術が必要です。
なるべく竿は立ててフッキングしましょう、アオリイカが縦に向くようなイメージでフッキング出来れば理想です、よくアオリイカの進行方向にスイープしてフッキングしている人を見ますが、それでは掛かりはしませんね、掛かってもすぐにバレてしまいます…。

一長一短ですが、初めてアオリイカを泳がせ釣りで狙う人は跳ね上げ式でアタリの取り方や、乗る際の挙動を覚えていき、ステップアップにハリス式に移行していくといいですね!

アオリイカ狙いの泳がせにおすすめの仕掛け

がまかつ お墨付き アオリイカ仕掛 ハネアゲ式 IK103(3L)

6本錨 使用
全長:1.67m
号数:5

Amazonで詳細を見る

跳ね上げ式の仕掛け。
針でね上げ式の仕掛け有名ながまかつの超鋭利な補助針がアオリイカにしっかりフックアップ!
6本針2本で確実にアオリイカを捕えれます!

ダイワ(DAIWA)ラクラクテコ式イカ仕掛R15cm-2段針727594

らくらくテコ式アオリイカ仕掛け●イカリ針は「8本立て」で身切れが少なく、針の重さは「らくらくフローター」が相殺してくれる理想的な針を採用。●餌針は編み込み移動式「チヌ針」。 青物が回ってる時には「快適アオリイカ背カン」によりフッキング率大幅アップ■イカが乗って引けば、テコの原理で針がイカ方向に跳ね上げるから、自動で掛かる。

Amazonで詳細を見る

跳ね上げ式の仕掛け。
補助針が8本針でカエシ付き、アオリイカをを逃さないという意思が強く感じられる作りです、どうしても取り込みの時に逃げられるって方におすすめです。

カツイチ イカ一番 アオリスペシャル IS-22M

ハリス:ブラックハリス3号
入数:2セット

Amazonで詳細を見る

ハリス式の仕掛け、スレたフィールドでも戦える黒糸と拘りも強い商品です。

泳がせ釣りの仕掛けを理解して目指せ高級魚!

出典:foter

色々な泳がせ釣りの仕掛けを紹介、解説してきましたが、どの泳がせ釣りにも共通して言える事が「釣れたら美味しい高級魚」という事です!
これだけでも泳がせ釣りをやってみようと思う気持ちが増しますよね!
しかも仕掛けもほぼフルセットで揃う商品もあり、手軽にチャレンジできます、サビキでマメアジを釣っている傍らで泳がせ釣りも仕掛けて置くなんて人も多いです。

餌が入手困難な時は釣具屋さんに行ってみましょう、生き餌を取り扱っている所もどんどん増えています!
この機会に是非あなたも泳がせ釣りを始めてみてはいかがでしょうか!
目指すは美味しい高級魚!

関連記事