FishMasterのロゴ

guitaro44

ぶっこみ釣りの餌をターゲット別に紹介!付け方でアタリも変わる!

置き竿スタイルで多種多様な魚種を狙えるぶっこみ釣り。ターゲットが広いということはターゲットに合わせた餌の種類も豊富にあるということです。今回はターゲット別のおすすめの餌と、状況によっての付け方をご紹介したいと思います。

ぶっこみ釣りでターゲットによって餌を変える!

出典:photo AC

ぶっこみ釣りはハリとオモリだけのシンプルな仕掛けを流し、置き竿スタイルでアタリを待つといった釣り方になります。
何が釣れるか分からないという五目釣り的な楽しみもありますし、クロダイやマダイの大物が掛かったりなど幅広い楽しみ方ができます。
そんなターゲットの広い五目釣りですから、餌についてもターゲットに合わせて変えていく必要があります。
ここではターゲットと餌についてご紹介したいと思います。

ぶっ込み釣りの万能エサ、イソメ類!

出典:photo AC

クロダイも根魚も狙える!

五目釣りでも力を発揮するのはやっぱり万能餌のアオイソメです。
さらにはクロダイや根魚も釣れますので、ぶっこみ釣りのファーストチョイスとしておすすめです。
アオイソメはその動きで魚を引き付ける効果がありますが、イワイソメはそのにおいで魚を引き付けることができます。
その日の状況でアタリの多い方を選択しましょう。
万能餌といわれるだけあってターゲットを広く狙え、且つ安価に手に入るおすすめの餌です。

アオイソメは餌取りに注意!

そんな万能でおすすめなイソメ類ですが、万能ゆえのデメリットとして餌取りに狙われやすいというのがあります。
あまりに餌取りにやられてしまうようであれば、餌を変えていく必要があります。

まずはアオイソメで様子見を

ぶっこみ釣りで狙える範囲でアオイソメで釣れない魚はいないといっても過言ではないほどに、アオイソメはあらゆる魚種をターゲットにすることができます。
また、あくまで餌はアオイソメで、ポイントを変えていくことで、ターゲットを変えていくというような釣り方もできます。
何が釣れるか分からない五目釣りの醍醐味を存分に味わえますし、餌取りやアタリの感じなど様子見としてもアオイソメは使用できます。

ぶっこみ釣りで大型狙いならユムシ!

出典:photo AC

腰を据えて大物狙い

大型のクロダイ、マダイ狙いであれば断然おすすめなのがこのユムシです。
サイズが大きく餌取りに狙われづらいので、腰を据えてサイズを狙うという勝負の時におすすめです。

退屈な釣りになりがち

ユムシは圧倒的にアタリが少なくなりますので、得てして退屈な釣りになりがちです。
大物狙いと割り切って1時間でも腰を据えられる方にはおすすめですが、やり取りなどを楽しみたい方には少し手持ちぶさたになってしまうかもしれません。

ぶっこみ釣りで餌取り対策にはイワガニ!

出典:photo AC

ポイントを狙える

万能餌として紹介させて頂いたアオイソメ、イワイソメの弱点である餌取り対策としておすすめなのが、このイワガ二です。
クロダイやブダイ、イシガキダイなど甲殻類を好んで捕食する、鋭い歯を持った魚がターゲットになってきます。
餌取りには殻が固すぎるため餌をターゲットのポイントまで運べる可能性が高くなります。

弱らせずに付けるには慣れが必要

イワガニを弱らせずに付けるにはある程度の慣れが必要になります。
詳細は次項でご紹介しますが、弱らせないために際に付けすぎるとハリ外れの原因になります。

ぶっこみ釣りで底狙いの時は切り身がおすすめ!

出典:photo AC

根魚におすすめ!

カサゴやメバルなどの根魚もぶっこみ釣りのターゲットになってきます。
岩礁に仕掛けを投入することになるので、根掛かりのリスクはありますが、置き竿でのんびり根魚を狙うにはいいでしょう。

安価に調達できる

ひとえに切り身といっても色々なものがありますが、今回おすすめするのはサンマ、サバ、イカです。
共通していえる特徴として、価格がそこまで高くないというメリットがあります。
この中で、サンマ、サバについては身の持つ脂とにおいで根魚を誘う効果があり、イカについては餌持ちのよさが特徴となります。
根魚は目線が上の餌を捕食しますので、上から誘う意識が重要です。

下処理が必要

根魚には切り身がおすすめですが、キャスト時の身切れを防ぐために事前の下処理が必要で少し面倒くさいところがあります。
詳細は次項でご紹介したいと思います。

ぶっこみ釣りには手に入りやすいオキアミもおすすめ!

出典:photo AC

五目釣りにもってこい

オキアミもイソメ類同様、魚種によらず釣ることができますので、五目釣りに最適な餌です。
ポイントを変えることである程度ターゲットを絞れますので、メバル、カサゴ、アジ、マダイ、クロダイなど幅広く狙っていくことができます。

どこでも手に入りやすい

オキアミも付け餌としては定番中の定番といえる餌です。
オキアミも万能餌として幅広いターゲットを狙うことができますし、比較的手に入りやすい餌ですので、近くの釣り具やで手に入れることができるでしょう。

餌取りには要注意

オキアミも餌取りに狙われやすい餌になります。
あまりにも餌取りにやられてしまうようであれば、ボイルをしたものを使うことで対策できることがあります。

ぶっこみ釣りで使う餌の付け方を徹底紹介!

前項でターゲット別でおすすめの餌をご紹介しましたが、ここではそれらの餌の付け方をご紹介したいと思います。
付け方を変えるだけでも食いのよさがかわることがありますので、状況に応じた付け方も併せてご紹介します。

イソメ類は基本通し刺し!

基本の付け方

基本的なイソメ類の付け方は通し刺しになります。
頭から針をカモフラージュするようにハリを通して、腹側からハリ先を出します。
ハリを上手にカモフラージュすることで、食い込みがよくなります。

アタリがない時の付け方

アタリがない時は通し刺しをした後に頭を落とします。
頭を落とすことで、餌を食べやすくする効果と体液が誘いになって魚を引き付ける効果があります。

大物狙いの時の付け方

大物狙いの場合は房掛けがおすすめです。
通し刺しをして出した針先に2匹目、3匹目とイソメの頭を付けていきます。
ハリの形状や大きさに合わせて刺す数を考えないとキャストの際にハリから外れてしまいます。
また2匹目以降のハリを通す場所は固い頭の部分でないと、やはりキャストの際にハリから外れる原因となってしまいます。
複数匹のイソメが動き回るのでアピール効果は抜群です。

カニ類は尻掛け!

カニ類は基本的には尻掛けで問題ありません。
カニのふんどし部分(お尻の部分)にハリをかけます。
あまり真ん中の方にかけてしまうとカニが弱りますし、端っこ過ぎてもハリから外れる原因になりますので、注意が必要です。

ユムシは水分を抜こう!

基本の付け方

ユムシは体内の水分量が多いとキャスト時に身切れしてしまう可能性があります。
まずはしっかりと体内の水分を抜くために軽く握ってあげます。
ある程度水分が抜けたら、水を吐き出していた穴にハリを通し、胴体脇にハリ先を貫通させます。

アタリがない時の付け方

ユムシは非常に餌持ちがいいのが特徴で、内臓を取り除いてもすぐに死んでしまうことはありません。
内臓を取り除くことで、体液による誘いをかけることができます。

オキアミで針をカモフラージュ!

オキアミは餌を魚がくわえた時に違和感を感じないようにハリをカモフラージュする形で付けてあげるのがおすすめです。
頭からハリを通し、ハリの形状に合わせて尾の方からハリ先を出します。
ハリの色が同系色だと、よりカモフラージュの力が高くなるといわれています。

切り身は外れにくさがポイント!

切り身は生のままだと身切れしてしまう可能性が高いので、塩で漬けた後に短冊状にカットします。
短冊状に切った切り身は一度ハリをかけるだけだと、ハリから外れやすくなってしまうので、皮の方から身の方へハリを通したら、再度身の方から皮の方へハリを通してあげることで、ハリから外れにくくなります。

ぶっこみ釣りで必ず用意すべき餌はアオイソメ!

出典:photo AC

ターゲットによっておすすめの餌は変わってくるのが当然ですが、万能餌であるアオイソメは必ず準備していただきたい餌になります。
安価でどこでも手に入るというのもポイントが高い理由で、まずはアオイソメで様子を見てみるということができます。
あとは状況によって餌を変えていける汎用性があると最終的な釣果につながっていくでしょう。

ぶっこみ釣りで釣果をあげるには餌だけでなく付け方も変化させる!

ターゲットによって餌を変えるのは当たり前のことですが、その日の食い気や状況に合わせて付け方も変えていけるようになると、最終的な超過は大きく変わってくると思います。

また地域によっても釣れる餌が変わってきますので、初めて訪れる場所では近くの釣り具店やベテランの釣り師の方にターゲットを狙える餌を聞いてみるのもいいでしょう。

多種多様なターゲットや、その日の環境や食い気にあった餌をチョイスできるように、餌についても引き出しを多く持っておくことをおすすめします。
五目釣りでもターゲット狙いでも、ぜひ餌にこだわってぶっこみ釣りを楽しんでみてください。

関連記事