FishMasterのロゴ

sin37

カレイが良く釣れる時期っていつ?トップシーズンで釣りたいカレイ

釣って楽しく喰って旨いカレイ。カレイを手軽に釣るなら、堤防からのミオ筋や駆け上がりを狙う、または砂浜からのワダチ狙いでの釣りです。カレイ釣りの時期は冬に狙うターゲットですが、本当のトップシーズンは何月なのでしょうか調べてみました。

カレイが釣れる時期は冬

記事945の画像43468

出典:foter

カレイは周年釣る事のできる魚ですが、釣りで狙うのは冬場です。冬場はカレイの食味も良くなり、産卵のために接岸して来ますから陸釣りでも簡単に狙うことができます。

シーズンとしては秋口から春先に掛けての冬場がメインとなります。産卵が始まるとカレイは、余り口を使わないので中休みのような状態になりますが産卵を終えると再び活発に捕食活動に入るので、そのタイミングで数釣りを楽しむ事ができます。

冬の時期に接岸するとトップシーズンに

カレイは冬場に産卵を行います。そのために浅場に向けて接岸してくるのが秋口です。そして産卵を行い、春先に再び深場へと戻って行くのです。

産卵中は殆どカレイは捕食活動を行なわない事が知られています。その為に産卵前後は活発な捕食活動を行い、体力を付けて産卵を行い、産卵後は再び深場へと戻るための体力をつけるために捕食をします。

数釣りができるのもこの時期で、特に産卵前のカレイは特に脂がのって食味が良くなります。これらの理由から冬場がトップシーズンと言われるのです。

トップシーズンに狙うカレイ釣りの魅力

トップシーズンを迎えると、前述したように産卵活動に伴う活発な捕食を行うため、数釣りが楽しめます。また接岸によって、陸から投げ釣りで手軽に狙えるようになり数はもちろんサイズも期待できます。

特に春先が一番のトップシーズンで3月から4月の頃いに数が良く出ます。カレイも良型になると引きも強く、釣り味も楽しめ、更にこの時期は食味も特に良くなるので、釣ったあとも楽しめる嬉しい釣りです。

カレイの習性に合わせた投げ釣りとその魅力

記事945の画像43469

出典:foter

カレイはその平べったい身体を上手く使って砂浜に隠れ、ゴカイなどの虫類や小エビやカニと言った甲殻類を好んで捕食し、時には小魚も捕食しています。なので釣りでは虫エサを中心に使用します。エサの動きに敏感に反応するので虫エサは目立つ物が良く、青イソメを房掛けしたり大型の虫エサを使用するのもそのためです。

カレイは基本的に動き回る魚ではありません。じっと潜んでエサが来るのを待って捕食します。釣りで狙う場合は、潜んでいると思われるポイントに向けて複数の竿を用意し広範囲を探るのがカレイ釣りの基本です。

カレイは複数で群れているこも多々あるので、1匹釣れたら同じ場所を狙うと再び釣れることが多いです。

爽快感のある投げ釣り

底を狙うため、投げ釣りが良く仕掛けも市販の仕掛けを使用できるので 手軽に釣りを始めることができ、初心者でも楽しめる釣りです。

海に向かって竿を振る投げ釣りは、爽快感のある釣りで飛距離も大切な要素ですが、単に遠くに投げるのではなく ポイントに確実に仕掛けを入れる事が大切で、遠中近と投げ分けて探るのが コツです。誘いとしては、砂煙や海底の音などを敏感に察知して反応するので、時々、竿を煽って仕掛けを動かし砂煙を立てるのも有効です。

カレイは捕食にじっくりと時間を掛けて行う魚ですから、じっくり針に掛かるを 慌てずに待ちましょう。カレイ釣りは待ちの釣りとも言われ、1日を総じて釣れる時間帯があります。朝夕のマズメ時と潮どまりの前後が良く釣れてくる事が多いです。

シーズンによるカレイ釣りの変化

記事945の画像43470

出典:foter

カレイ釣りのシーズンは周年ですが、陸から手軽に釣ることが出来るのは産卵による浅場への接岸の時期で、概ね11月中旬から4月ごろまでです。

陸から手軽に狙えるのもこの時期で、産卵後は再び深場へと戻って行くので陸から釣ることは出来なくなります。シーズン中は良型のサイズや数を求めて船から狙うこともあります。

船から狙う場合は、乗合船を利用するのが一般的ですが、乗合船も冬場のシーズン以外は他の魚種を釣っており冬場限定の釣り物と言えます。

シーズン外の5月から10月までのカレイ釣り

この時期カレイは産卵を終えて深場へと戻っており、狙う場合は船から狙う以外に方法はありません。乗合船もこの季節はターゲットが豊富で他の魚を釣っておりカレイを狙う船は基本的に無いと思っても良いでしょう。

北海道などの地域では夏場のカレイ狙いで出航している船もありますが、本州では殆ど無いのが現状です。したがって、シーズン外でカレイを狙う場合は、北海道などの地域によって営業している乗合船を探して出港するか、自己所有しているボートで狙う以外に選択肢はありません。

カレイシーズン初期である11月から12月の釣り

産卵のために浅場に接岸するカレイが見られるのは11月中旬ごろから始まります。この時期のカレイは抱卵しており、脂ものって特に食味が良いとされています。そして産卵に向けて捕食活動も活発になるので、数も狙えサイズも良型が多い時期。投げ釣りで手軽に狙えるので多くのカレイファンが砂浜や堤防に並びます。ただ、接岸が始まったばかりですので、当たりはずれの多い時期でもあります。

カレイの産卵中である1月の釣り

11月中旬から産卵のために浅場に接岸し12月後半から2月に掛けて産卵活動が活発化して来ると、カレイは捕食活動を殆どしないのでアタリが極端に少なくなります。中休みとも言われ、この時期はあまり期待できない釣りとなってしまいます。それでも沖にはまだまだ接岸して産卵するためのカレイが居るので、船で狙うカレイ釣りは盛況を迎えています。

シーズン終盤の3月から4月の釣り

カレイ釣りでのトップシーズンがこの時期で、産卵を終えたカレイが再び深場へと戻る前に活発に捕食行うことから釣りエサにも果敢に喰って来ます。産卵直後は痩せたカレイが多いのですが、春先に向けて太った魚体にもどり食味もよくなります。4月頃に釣れるカレイを花見ガレイと呼び、釣りシーズン到来を知らせる事で有名ですね。

今冬カレイ釣りを楽しんでみませんか

シーズン外のカレイは深場を好み、船からしか狙うことは出来ませんが、この時期には 他にもたくさんの釣り物があり、シーズン以外でのカレイ釣りは殆ど行われていません。投げ釣りで手軽に狙うことができるカレイは初心者でも簡単に狙えるので人気があり、冬場の数少ないターゲットです。この冬、寒さ対策を行って良型カレイを目指して大海原に向け爽快に竿を振って釣ってみては如何でしょうか?

まとめ

記事945の画像43471

出典:foter

カレイのトップシーズンは3月から4月で、シーズンの始まりは11月頃で抱卵したカレイが釣れ、食味も良く狙いどころなのですが、日にムラがありアタリ外れも多い時期です。その後、産卵で中休みがあり、3月頃から再びカレイ釣れ始め4月いっぱいで概ね終了となります。

群れで行動するカレイは1匹釣ると同じ場所で数匹が釣れることもあり釣った場所を記録してカレイ釣りマップを作製しているアングラーもいます。カレイは日本沿岸でシーズン中は簡単に狙えるので、自分が知るオリジナルポイントの発掘も楽しいでしょう。釣って楽しく食して旨いカレイ、新鮮なカレイを是非とも味わってみて下さい。

関連記事