FishMasterのロゴ

motokikiki

イシモチの仕掛けを徹底解説!シーンに応じて仕掛けを全て紹介

釣りの対象魚として人気の高いイシモチですが、釣り方はいくつかあります。
それぞれ釣り方で仕掛けが異なりますが、おかっぱりの投げ釣り、ウキ釣りと船釣りを全てご紹介したいと思います。

3種類のイシモチの釣り方を理解しよう

出典:Visual Hunt

イシモチ釣りは船釣りとおかっぱりからの投げ釣りやウキ釣りがあります。
当然釣り方によって仕掛けも大きく異なるので、イシモチの仕掛けをそれぞれ理解しておく必要があります。

イシモチ釣りでは他にどんな魚が狙える?

イシモチ釣りは、メインのイシモチ以外にもシロギスやカレイ、マゴチなどが釣れてきます。
船釣りのイシモチの場合にはカサゴなども釣れることもあります。
イシモチ釣りの外道として釣れるのは、人気のある魚種が多い事も魅力です。

おかっぱりの投げ釣りでは天秤仕掛けを使用すること

出典:Visual Hunt

おかっぱりの投げ/ちょい投げは堤防や砂浜などで、投げて探りながらイシモチを釣る方法です。
気軽に楽しめる釣り方ではありますが、しっかりと仕掛けを理解しましょう。

イシモチの投げ/ちょい投げ仕掛け

おかっぱりの投げ/ちょい投げでイシモチを釣る仕掛けとしては、胴付き仕掛けと天秤仕掛けが良く使用されます。
イシモチの天秤仕掛けは、竿側からヨリモドシ、天秤、錘、ハリス、ハリになります。

投げ釣りではよく使われる天秤を使って、イシモチが生息している底をこすりながら探って釣るのが効果的です。

イシモチ釣りで良く使用されるのは飛距離が出せるジェット天秤と誘導式天秤です。
投げ釣りの登竜門とも言われる仕掛けのジェット天秤とダイレクトにアタリを感じる事が出来る誘導式天秤はアタリは取りやすいメリットがあります。

イシモチは昼間より夕方から夜にかけて釣れやすくなるので、夕方以降の釣行時にはアタリを感じやすい誘導式天秤を使用する事がポイントです。
錘がセットされている天秤もあるので、好みに応じて選びましょう。
錘は底の感覚が伝わりやすいナス型を使用する事が一般的で、使用する竿にもよりますが、6号~15号が使われています。

ゆっくりとこするようにして誘いをかけるイシモチ釣りでは飛距離を出した方が長く探りが出来るので、大きめの錘を使う事がポイントです。
ジェット天秤は錘がすでにセットされていますが、8号~15号がよく使われています。

ハリは丸セイゴバリなどの丸みのあるものを使用します。
丸セイゴバリは11号~15号、カイズバリであれば10号~13号が良く使用されています。
シロギスなどを合わせて狙う場合には、ハリ自体が細長い流線バリを使用すると食い込みが良くなるのがポイントです。

イシモチの胴付き仕掛けは竿側からヨリモドシ、ハリス、枝バリで最後に錘になります。
一番下に錘があるので底を感じやすく探りながらイシモチを狙う釣り方です。

錘はナス型の10号~15号、ハリは丸セイゴバリは11号~15号が良く使用されています。
イシモチは口が大きくハリを飲む事が多いので、枝ハリスには装飾品を付けない事がポイントです。

おすすめの仕掛けを紹介

おかっぱりの投げ釣り/ちょい投げでイシモチ釣りのおすすめの仕掛けを紹介させて頂きます。
ご参考にしてみてください。

TAKAMIYA(タカミヤ)ヒット天秤II遊動式5本入

サイズ:15号、20号、25号、30号、35号
本数:5本
カラー:シルバー

Amazonで詳細を見る

コストパフォーマンスの高いオーソドックスの誘導天秤です。
最初から90度に開いているので簡単に仕掛けを作る事が出来ますし、飛行体制も含めてバランスがとれているので投げた時に絡みも少ないです。
アピール面で考えるとカラーはシルバ―なので昼間の釣りにおすすめの天秤ですが、投げ釣りでの難点である根掛かりを考えても気軽に使う事が出来ます。

TAKAMIYA(タカミヤ)遊動キス天秤

サイズ:8㎝、10㎝、12㎝、15㎝、18㎝、21㎝
カラー:シルバー
本数:3本

Amazonで詳細を見る

名前はキス天秤ですが、イシモチ釣りで活躍してくれるコストパフォーマンスの高い天秤です。
天秤自体に錘は付いていないので、ナス型錘を付ける事が出来ます。
イシモチ釣りには18㎝または21㎝の大きめを使用すると良いです。
ハリ側のガイド穴が大きいのが特徴的で誘導仕掛け時にハリを後から通す事も出来るのも魅力です。

富士工業(FUJIKOGYO)ジェット天秤2JO15号

サイズ:15号
入数:2個
蛍光オレンジキャップ
オモリ部:鉛
対象魚:キス、カレイ、イシモチ、ハゼ、アイナメ、メゴチ、マゴチ

Amazonで詳細を見る

オーソドックスなジェット天秤で、初心者でも扱いやすい魅力があります。
特筆すべきは浮き上がりの速さで、本格的な投げ釣りからちょい投げまで幅広く対応しています。
形状から根掛かりをしにくく、折りたたみ式なので持ち運びにも便利な天秤です。

がまかつ(Gamakatsu)丸セイゴフック白15号釣り針

号数:15
入本数:18
カラー:シルバー

Amazonで詳細を見る

イシモチを含めたセイゴやカレイなどを狙う事が出来る万能ハリです。
掛かりも早く大型の魚にも対応しています。
価格を考えても18本入りでたっぷり使えるのでイシモチ釣りには用意しておきたいハリです。

OWNER(オーナー)仕掛け投イシモチ五目2本赤バリ12号1.1mN-3659

主な対応魚種:イシモチ、カレイ、アイナメ、セイゴ
鈎本数:2本
使用鈎:赤バリ
号数:12号
全長:1.1m
入り数:4組
特徴:赤パイプ

Amazonで詳細を見る

イシモチ専用の投げ釣り仕掛けで、天秤に付けるだけで簡単にイシモチ釣りが出来ます。
特徴としてはハリスに赤パイプがあり投げ釣りでよくある絡みを防止してくれます。
ハリは虫エサに馴染みやすい赤バリを使用していて、2本仕掛けの4組セットになっているので使いやすくお得です。

ウキ釣りはウキに合う中通し錘を使用すること

出典:Visual Hunt

イシモチのおかっぱりでのウキ釣りは、昼間よりも夕方や夜を狙って行うと良いです。

大型のイシモチは海底よりも少し上を回遊しているので、ダイレクトに狙う事が出来るのがウキ釣りのメリットです。

イシモチのウキ釣り仕掛け

イシモチのウキ釣りでは大型の泳層をダイレクトに狙うことが出来るメリットがあり、遠投が出来るように大きめのウキを使用することがポイントです。

イシモチのウキ仕掛けは竿側からウキ止め、電気ウキ、ゴム管、中通し錘、ハリス、ハリになります。
ウキは4号~5号を使用して錘はウキに合わせた3号~4号が良く使用されています。
ウキ釣りで使用するハリは、丸セイゴバリの11号~15号を使用すると良いです。
ハリスは大型のイシモチにも根擦れにも強いフロロカーボンの2号~3号を使用することがおすすめです。

イシモチのウキ釣りでは、海底からエサが付かないように棚を合わせることが大事ですが、潮の流れは変わるので状況に応じて調整する必要があります。

おすすめの仕掛けを紹介

出典:Visual Hunt

イシモチのウキ釣りの仕掛けをご紹介させていただきますので、チェックしてみてください。

冨士灯器FF-C40超高輝度電気ウキ4号

使用電池:FB-03を1本 or BR435を1本
電池寿命:約15時間
発光部:高輝度LED
サイズ:180×φ25
本体重量:18.16g
適合オモリ:4号

Amazonで詳細を見る

LEDのオールマイティー高輝度電子ウキで、より明るくより見易く抵抗が少ない特徴があります。
アタリが取りやすいので、様々な釣りに対応できるウキです。
電池1本で使用できるので、耐久性や視認性も大きなポイント。

イシモチに限らずタチウオやスズキ、メバル釣りにも多用することが出来ます。

第一精工ゴム管オモリ丸型4号

形状:丸型
個数:4個
全魚種対応

Amazonで詳細を見る

ゴム管がオモリの穴のキズから釣り糸を保護してくれる錘で、糸切れの心配もありません。
錘の固定も出来ることに加えて全魚種対応の中通し錘として多様性も魅力です。
見た目もスタイリッシュに使用できるイシモチのウキ釣りにはおすすめです。

ダイワ タフロングレイトZカスタムEX 2.25号 70m ナチュラル

フロロカーボン
全長:70m
2.25号
ナチュラル

Amazonで詳細を見る

しなやかさと適度なハリもあり扱いやすいフロロカーボンで、巻きグセが取れやすいことも魅力的です。
引っ張る事で巻きグセも取れるので、巻きグセによってハリが回転して食いが落ちる事を回避してくれます。
イシモチに加えてサバやアジなど突然の大物にも余裕で対応してくれます。

イシモチの船釣りでは胴付き仕掛けを使用すること

出典:Visual Hunt

イシモチの船釣りは数を釣る事が出来るメリットがあります。
サイズも大型を狙うことも出来ますが、しっかりと仕掛けについて理解する必要があります。

イシモチの船釣り仕掛け

船でイシモチを釣るには穂先が柔らかい先調子の竿を使用することが食い込みが良くなるのでお勧めです。

イシモチの船釣りでは、下に錘を付けた胴付き仕掛けがポピュラーです。
胴付き仕掛けは、竿側からハリス、枝針、一番下に錘というシンプルなものです。
ハリスは根擦れに強いフロロカーボンの2号~3号を使用すると良いです。
錘は20号~30号が使用されていますが潮の流れや釣るエリアにもよって異なるので、船宿の指定する錘を使用すると良いです。
ハリはウキ釣りやおかっぱりの投げ/ちょい投げ釣りと一緒で丸セイゴハリの様な丸みのあるハリを選びましょう。

イシモチの船釣りではイシモチが合わせてくれる向こう合わせで良いので焦らず竿をゆっくりとしゃくりながらアタリを待ちましょう。

船釣りのイシモチの仕掛けを紹介させていただきますので、参考にしてみてください。

おすすめの仕掛けを紹介

OWNER(オーナー)仕掛け胴突イシモチ・アイナメ3本ケン付セイゴ12号3号1.1mN-475

対応魚種:イシモチ アイナメ
鈎本数:3本
使用鈎:ケン付セイゴ
号数:12号
ハリス号数:3号
幹糸号数:6号
全長:1.1m

Amazonで詳細を見る

ハリにケンがついているので、かかった魚を逃しにくく船で活躍する仕掛けです。
胴付きの一番下のハリが少し長くなっているので、より食いが良くなる工夫がされています。

OWNER(オーナー)仕掛け胴突イシモチ五目2本赤バリ14号85cmN-3660

対応魚種:イシモチ アイナメ カレイ
鈎本数:2本
使用鈎:赤バリ
号数:14号
全長:85cm
入り数:4組

Amazonで詳細を見る

イシモチ専用仕様の胴付き仕掛けで、潮の速い場面で活躍してくれます。
赤パイプが特徴的で船釣りでの絡み防止やハリも赤いので虫エサにしっかりと馴染み、釣果アップが望めます。
2本バリで船でも手返しが良く使いやすい事に加えて4組なので長く使用できるメリットがあります。

シーンに応じた仕掛けを使おう

イシモチ釣りの仕掛けについてスポットを当ててご紹介してまいりました。

イシモチ釣りの仕掛けや釣り方はそれぞれ違いがありますが、強烈なイシモチとのやり取りをどの仕掛けでも感じることが出来ます。
シーンに応じてイシモチの仕掛けを理解して楽しくイシモチ釣りをしてみてください。

関連記事