FishMasterのロゴ

yuicafe

カンパチ釣りにベストな時期を解説!強烈な引きと絶品の味を楽しもう

引きの強さと味の良さで釣り人を夢中にさせるカンパチ。ここでは、カンパチ釣りにベストな時期、時期ごとの釣りの傾向に迫ります。生態と釣り方もおさえて、好奇心旺盛なフィッシュイーター・カンパチを狙ってみましょう!

カンパチ釣りにベストな時期は7月〜11月!

出典:Foter

地域によって多少異なりますが、カンパチ釣りにベストな時期は7月〜11月です。
この時期の前半は、2kg~3kgの小型がメインに釣れますが、成魚も混じり大型が釣れることもあります。後半は成長して脂ののった10kg〜30kgぐらいの大物の数釣りが楽しめます。

この時期がベストなのはなぜ?

ほぼ1年中釣ることができるカンパチですが、7月に入ると大きな潮の流れに乗り、小型のムロアジやイワシなどのベイトフィッシュを追って沿岸を回遊するため、1年の中でも7月~11月は特に釣りやすくなります。

この時期はカンパチの食味の旬でもあります。

この時期のカンパチ釣りの魅力

この時期、エサとなるベイトフィッシュを追いかけて沿岸の浅場に寄ってくるので船からだけでなく、岸からも釣りやすくなります。
カンパチの活性が上がるこの時期は、特に小型の数釣りが楽しめます。小型でも引きが強いことが魅力のカンパチですが、大型がヒットすればさらに強烈なファイトを楽しむことができます。

また、カンパチは小型でも美味しいのが特徴です。絶品の食味が味わえるのが、この時期のカンパチ釣りの醍醐味でもあります。

カンパチ釣りの魅力

カンパチは、ブリ、ヒラマサと並ぶ青物御三家のひとつ。その中でも大型の魚で、最大で体長2m・体重80kgにもなります。ブリ、ヒラマサ以上に引きが強く、小型でも驚くほどのパワフルなファイトで釣り人を魅了します。

若魚は頭部に「八」の字型の黒い帯があるのが特徴で、カンパチの名前の由来にもなっています。カンパチは成長とともに呼び名が変わる出世魚。地域によって異なりますが、60cmまでのものはショッコ、シオゴ、シオ。60cm〜80cmぐらいのものはカンパチと呼ばれています。

東北以南に広く分布し、暖かい水温を好むため特に南日本で釣り場が多いです。春から夏にかけて北上し、初冬から春にかけて南下。水深20m~300mの海域に生息し、沿岸から沖合にかけて群れで回遊したり、中には単独で根回りに居つくものもいます。若魚は比較的浅場を回遊しながら成長をしていきます。

産卵期は3~8月。寿命はおよそ10年です。
ムロアジ、イカナゴ、アジ、イワシ、サバなどの小魚やイカ、エビなどの甲殻類を好んで捕食します。

カンパチの食味

カンパチの食味の旬は、夏から初秋にかけて。釣りにベストな時期と同じです。
養殖ものも多いカンパチですが、天然ものの方が身が引き締まっていて特に美味しいと言われています。上品な旨みとさっぱりとした味わいは天然ものならではです。
コリコリとした食感が特徴なので、刺身やしゃぶしゃぶなど、生に近い状態で食べるのがおすすめです。

カンパチが釣れる場所

カンパチ釣りは、岩礁帯やカケアガリなど海底に変化がある場所が狙い目です。
船釣りならカモメなどの鳥が群れているトリヤマや小魚の群れが大型の魚から逃げてナブラが湧いている場所もおすすめです。岸釣りなら潮通しの良い磯や堤防などから狙いましょう。
小型のものは表層から低層、大型のものは200m前後の海底近くで釣れることが多いです。

関東エリアでは八丈島や小笠原諸島で大型がよく釣れ、南西諸島や沖縄では50kgクラスの大物を狙うことができます。

カンパチの釣り方

出典:Visual Hunt

好奇心旺盛なフィッシュイーター・カンパチには、色々な釣り方で釣ることができます。
ここでは、基本的な釣り方を3つご紹介します。

1.オフショアジギング

船から深場の岩礁帯などにいるカンパチを狙うときには、オフショアジギングが有効です。
メタルジグを海底かベイトがいる水深まで落とし、竿をシャクって跳ね上げ、ジグに動きをつけて誘う釣り方です。ショートピッチジャークで小刻みに動かすアクションで誘ってみましょう。
カンパチには200g前後のジグをおすすめします。

200mを超える深いポイントを攻めて40㎏オーバーのカンパチを狙う場合は、さらに重たい500g前後のジグ、強靭なタックルが必要になります。

ネイチャーボーイズ スイムライダー ショート ナクイグロー

タイプ:ショート
重さ:80g-205g
カラー:ナクイグロー

Amazonで詳細を見る

2.泳がせ釣り

ムロアジやサバなどの生きエサを泳がせて誘う釣り方。特に大物を狙う時にオススメの釣り方です。
エサとなる生きた魚を自由に泳がせるだけで難しいテクニックも必要なく、ターゲットの魚が反応良く食いついてくれるので、初心者でも大物が釣れることがあります。

生きエサは小型〜中型にはオキアミ、ムロアジ、サバ、イカなど。大型にはムロアジ、アカイカなどがおすすめです。

がまかつ 大物泳がせ仕掛 FD156 13号-ハリス10

号数:13
ハリス:10
入本数:2

Amazonで詳細を見る

3.カッタクリ釣り

「バケ」と呼ばれる擬餌針を使い、シャクって誘って釣る釣り方です。
コマセカゴにオキアミなどのエサを入れておびき寄せ、バケで食わせます。
小型〜中型を狙うのに適しています。
バケにはナマズ皮、ボラ皮、ハモ皮、バラフグ皮などがあります。
潮の濁り具合やカンパチの活性の度合いを見て、使い分けることをおすすめします。

マルフジ T-204 ナマズ皮 ピンク F18号

タイプ:ナマズ皮
サイズ:18号
カラー:ピンク

Amazonで詳細を見る

時期ごとにカンパチの釣り方を変えよう!

出典:Foter

カンパチ釣りにベストな時期は7月~11月ですが、カンパチは比較的年中釣ることができます。
時期ごとの釣りの傾向をおさえて、その時期に合った釣り方で好釣果を目指しましょう!

3月~6月はムラがある時期

3月頃から産卵期に入り、水温が高くなる5月頃から産卵が始まります。産卵前に荒食いするカンパチが狙えますが、個体によってエサ食いにムラがあることも。
泳がせ釣りで深場を狙ってみましょう。大型のヒットが期待できます!

7月~11月がベスト!数釣りが楽しめる!

水温が高く安定するこの時期には、カンパチの好物である小型のムロアジが群れをなして浅場に寄ってきます。それを追ってカンパチも浅場で回遊するので、この時期は泳がせ釣りの最盛期!磯や堤防などから大型も釣りやすくなります。

カッタクリ釣りで2㎏~5㎏の小型の数釣りも楽しむことができます。また、この時期の小型カンパチはルアーに対する警戒心が特に薄いため、ジギングでの釣りも有効です。

12月~2月は釣りにくい時期

水温が下がり海が安定しないこの時期はカンパチは釣りにくい時期と言えます。
オフショアジギングで水深200mぐらいの深場を狙えば、釣れることもあります。

カンパチ釣りにベストな時期7月〜11月以外も大型のヒットが狙える!

出典:everystockphoto

生きエサやジグなどにも果敢に食いついてくるカンパチは、パワーゲームの代表格でもあります。
カンパチ釣りにベストな7月〜11月はもちろん、その他の時期も多少釣りにくくはなりますが、深場を攻めれば大型のヒットも期待でき十分に楽しむことができます。

エキサイティングな釣りでカンパチとの対峙を楽しみましょう!1度釣ったらその面白さにハマること間違いなしです。ぜひ挑戦してみてくださいね!

関連記事