FishMasterのロゴ

nao0224

クエ釣りの仕掛けを徹底解説!夢の高級魚を釣るために必要な仕掛け

クエは幻の魚と呼ばれるほど釣り上げるのが難しい魚です。また体長が最大で2mにまで達するクエは大物釣りが好きな人にとっても目標となる魚です。

そんな夢のような魚を釣るために、この記事ではクエを釣るための仕掛けについて詳しく紹介します。

クエはパワフルな魚!

記事967の画像76330

出典:visualhunt

クエ釣りの仕掛けについて解説します。クエは基本的に水深10m-100m前後の潮通しが良い岩礁帯付近に生息しています。

そのためクエ釣りは船釣り、磯場などから狙う投げ釣り、そしてジグを使用したルアー釣りで狙います。またクエは大型な個体が多く、数十キロから時には100kgを超えるようなサイズもいます。

特に、岸から狙う磯場などでの釣りは荒磯と呼ばれるような波の荒い海岸なので釣りをする際は十分に気をつける必要があります。

そんな大型なクエを確実に仕留めるには、パワーのあるタックル、仕掛けが必要です。

クエ釣りの仕掛けで釣れる魚

クエ釣りの仕掛けは海釣りの仕掛けでも最強クラスの強度を持っています。またクエ釣りで使用するエサはムロアジやサバ、イカなどを使うため必然的に大型な肉食魚も捕食してきます。そのため海のギャングと呼ばれるウツボやエイ、ヒラマサ、カンパチ、サメなどの獰猛な肉食魚が釣れることがあります。

巨大クエも狙える!船釣り仕掛け

記事967の画像76339

出典:foter

船釣りから狙うクエの仕掛けは泳がせ釣り専用の仕掛けになります。

船から狙うクエ釣りではまず、モロコ竿や泳がせ釣り専用のロッドを使用します。モロコ竿とは西日本でのクエの呼称を指します。
クエの力強いパワーにも耐えられるようにバット部分が太いですが、竿先はアタリが取れやすいように繊細なティップなのが特徴です。

またリールはベイトリールがメインになります。中・大型のトローリングリールや大型の電動リールがおすすめでドラグは20kg程度あるものが良いです。

具体的な仕掛けは道糸の先に、中通しのオモリを通します。次にサルカンを通して、ハリスを取り付けて完成です。

クエ釣りの仕掛けは作ってみると実感しますが、一つ一つの仕掛けが太く、強度があります。パワフルなクエの引きに対応できるよう、しっかりとした仕掛けを作りましょう。

船のクエ釣りでおすすめな仕掛けスペック

ここではクエ釣りにおけるおすすめな仕掛けのスペックについて解説します。

船のクエ釣りでは中通しオモリ式の仕掛け、捨てオモリ式の仕掛けの2つがあります。ここでは主流な捨てオモリ式の仕掛けについて紹介します。

道糸の先に三又サルカンを取り付けます。三又ルカンは回転が良く、糸絡みを防ぐ効果があります。
次に30−35番台のワイヤーハリスをハリスとして2mほど結び、三又サルカンで結びます。

三又サルカンは、ハリを結ぶハリス側と捨て糸を結ぶためのサルカンの2つ穴があります。
三又サルカンにハリスを結んだら、各ハリスと捨て糸を結びます。ハリス側はワイヤーハリスの30-35番を1,2-1.5mほど取り付け、そしてハリはクエ針の30号前後を目安に選びましょう。また捨て糸はナイロン20号クラスを取り付け、先端にオモリ30号を取り付けましょう。

そしてハリスの先にクエ針の30号-40号を結び、エサとなるムロアジやサバ、イカなどの生きエサを取り付けて狙いましょう。

船のクエ釣りでおすすめな仕掛け

底までしっかり落とせるオモリを使おう!

景山 下オモリ(カン付) 100号 5本入り

重量:375g

Amazonで詳細を見る

100号と重めのオモリですが、クエ釣りは深場を狙うのでしっかりと底を取れるオモリを使用しましょう!

余裕のあるサルカンを選ぼう!

オーナー クレンスイベル 2/0

サイズ:2/0
強度:150㎏

Amazonで詳細を見る

クレンサルカンはオモリの負荷、クエの引きを考慮して高負荷にも耐えれるものを選びましょう。

80-100kgクラスのクレンサルカンが強い負荷にも耐えられるので、おすすめです。

パワーフィッシングで活躍する太さ!

大洋ベンダーズ ワイロン 10m 37er

全長10m、強度72kgです。

対象魚:
石鯛
タチウオ
フグ
大物

Amazonで詳細を見る

輪ゴムのように太いハリスですが、クエは岩礁帯などのハリスが切れやすいポイントに生息しています。そのためクエが掛かった際に根に潜られてしまい、ハリスが切られてしまうことを防ぐためにも太いラインを使用しましょう!

クレン親子サルカンで仕掛けのバランスを整えよう!

OWNER(オーナー)スイベルクレン親子スイベル4/0-3/0号155kgブラック72480

主な対応魚種:全魚種対応

サイズ:4/0-3/0号まであります。
強度:155kg

Amazonで詳細を見る

クレーン親子サルカンは3つ又式のサルカンです。
3つの穴があり、1つは主軸となるハリスです。もう2つは一方がハリ側のハリス、そして片方は捨て糸とオモリを取り付ける側です。
クエの引きがダイレクトに伝わる箇所なので、100kgを基準に強めのクレン親子サルカンを選びましょう。

口にしっかりと掛かるクエ針を使おう!

OWNER(オーナー)シングルフックOHスーパークエ40号10771

太軸設計のクエ釣り専用ハリです。

号数:40号
カラー:ブラック

Amazonで詳細を見る

クエの口周りは鋭いギザギザとした歯が乱立しています。
そんなクエの口をしっかりと貫通させるためにも、太軸のクエ専用のハリを使用して挑みましょう。

荒磯から狙うモンスタークエを釣るための仕掛け

記事967の画像76337

出典:foter

磯場のクエ釣りでおすすめな仕掛けはズバリ、捨てオモリ仕掛けになります。理由としては狙うポイントが磯場になり、仕掛けの根掛かりが頻発しやすいからです。

タックルは磯場で狙うクエ釣り用のロッドに、リールは大型の両軸リールを使用します。また仕掛けは道糸の先にサルカンを結び、ワイヤーハリスを取り付けます。

次に三又サルカンを通し、ワイヤーハリスと捨て糸を両方に取り付けます。ワイヤーハリスの先端にはクエ針を、捨て糸には30-50号クラスのオモリを取り付けます。

磯場のクエ釣りでおすすめな仕掛けスペック

磯場におけるクエ釣りも船釣りで使用するスペックの仕掛けと大きな違いはありません。

道糸はPEライン15号以上のものを使用します。そしてサルカンを通したら岩礁帯にも強いワイヤーリーダーの5-6号を先糸として1m-1.2mほど取り付けます。

次に三又サルカンを結び、再び30番を目安としたワイヤーリーダーをハリスとして取り付けます。一方は捨て糸を付け、30-40号クラスのオモリを取り付けて完成です。

船のクエ釣りでおすすめな仕掛け

パワーある引きに抵抗できるPEライン!

Agepoch高強度8ブレード100MスーパーストロングマルチフィラメントPEライン釣り糸12-18号150-300LB

長さ: 100M
最大荷重:150-300ld

Amazonで詳細を見る

パワーあるサルカンを選ぼう!

NTスイベル(N.T.SWIVEL)2リング付ベアリング溶接ニッケル#5

ベアリング効果が施されており、強いパワーにも対応できます。

サイズ:5本入り
入数:3個
強度:80kg

Amazonで詳細を見る

船釣り同様、磯場からの捨てオモリ仕掛けでもサルカンを使用します。クエの強烈な引きにも十分に対応できるサルカンを選びましょう!

根ズレに強いワイヤーベイト!

HARIMITSU(ハリミツ)リーダーイカワイヤーリーダー玄海5本用ワイヤー10m6号VR-32

根ズレに強いワイヤーリーダーです。

素材:ワイヤー
全長:10m
号数:6号

Amazonで詳細を見る

先糸とハリスで使用するワイヤーリーダーです。

船釣りではナイロンライン製のリーダーを使用しますが、磯場での釣りになるので仕掛けとなる先糸やハリスは岩礁でのラインブレイクを防ぐためにもワイヤーリーダーを使用します。

太さは5-6号クラスがおすすめです。

三又サルカンでハリスと捨て糸を分けよう!

NTスイベル(N.T.SWIVEL)パワーオヤコブラックハンガーパック50個入#3×4

80kgクラスの高負荷に耐えられる仕様です。

強度:81kg
入数:50個

Amazonで詳細を見る

三又サルカンはハリスと捨て糸を繋ぐ、重要なサルカンの一つです。
ハリスと近い距離なので、安心感のある強度が必要です。

クエ釣り専用のハイスペック仕様!

オーナー(OWNER)ストロングクエNO.1660230号

すっぽ抜けを防止、貫通力の高いクエ針!

号数:30号
本数:3本入り

Amazonで詳細を見る

クエ釣り専用のハリで、生きエサが元気よく泳ぐためにも軽量化が施されています。また軽量なハリなため、クエの口の中での違和感も軽減する効果があります。数少ないチャンスをモノにするためにも、準備しておきたいハリです。

クエをルアーで釣るための仕掛け

記事967の画像76342

出典:foter

最後はクエをルアーで狙う方法について解説します。

クエは食性が肉食なので、エサ釣りの仕掛けでは生きエサを使用することを先述しました。そのためルアーでも狙える魚です。

タックルは遠投ができる7ftクラスのジギングロッドを使用しましょう。またリールはスピニングリールがメインとなり、最低でも4000番以上がおすすめとなります。

また重めのメタルジグを船ならば真下に落とし、磯からの場合は遠投をして狙います。

クエのルアー釣りでおすすめなスペック

ここではクエをルアーで狙う方法について紹介します。

メインラインはPE4-6号がおすすめで、リーダーにはフロロカーボンラインの20-30号を目安に選びましょう。
ジグの重さはフィールドの状況にもよりますが、深場狙いの釣りになります。そのため基本的には100g-200gあたりの重めなジグを使い分けます。

この釣りで重要なことはジグに取り付けるスイベル、スプリットリング、フックになります。これはクエの強烈な引きでスプリットリングが壊されたり、フックが伸びてバラしてしまうことがあるからです。

まずスイベルはジグの先端に取り付けることで、リーダーのヨレを大幅に低下してくれます。強度を保つためにも、スイベルは取り付けるのがおすすめです。

またスプリットリングは破断値の高い100kgクラスを使用し、貫通力の高いマグロ釣りなどで使用するアシストフックが良いです。

クエのルアー釣りでおすすめな仕掛け

8本編みの強度なライン!

クレハ(KUREHA)PEラインシーガーPEX8300m6.0号86lb(39.0㎏)5色分け

8本編みの高強度PEラインです。

全長:300m
号数:6.0号
素材:超強力ポリエチレン繊維(イザナス)

Amazonで詳細を見る

クエのルアー釣りでは伸びの少ないPEラインがメインとなります。ジグの重さをダイレクトに感じるためにも、しっかりとしたラインを選びましょう。

高強度なフロロリーダーライン!

よつあみ(YGK)ラインガリスシーハンター5M100LB(20号)

耐磨耗性が抜群のリーダーラインです。

太さ:100ld

Amazonで詳細を見る

ナイロンとポリアリレートが複合されているショックリーダラインです。クエ釣りのリーダーラインは20-30号クラスがおすすめで、根ズレに強いものを選びましょう。

リーズナブルだけど本気仕様!

メジャークラフト ジグパラ バーチカル ショート

重量:150g
全長:145mm

Amazonで詳細を見る

ジギング専用のモデルです。6層マルチレイヤードコーティングを施しており、ジギングの悩みである塗装落ちなどを気にせず使えます。深場にいるクエにダイレクトに届くようなジグを使用しましょう!

糸よれに強いスイベル!

シャウト!412PBパワフルBBスイベル3

高強度なパワースイベルです。

破断強度:140ld

Amazonで詳細を見る

ステンレス製の強度スイベルです。ジグとの糸絡み軽減、糸ヨレを防ぐ効果があります!

100kgクラスの破断値を持つスプリットリング!

がまかつ ソリッドリング S 100kg以上 10個

サイズ:S
強度:100kg以上(破断強度)
入り数:10個
内径:5.0mm

Amazonで詳細を見る

フックとジグを繋ぐスプリットリングはクエに壊されないぐらいの強さが必要です。100kgクラスと並大抵の力では曲げられないスプリットリングを使用しましょう!

バラし軽減!貫通力の高いアシストフック

カツイチ ツインパイク DJ-88

色:シルバー
サイズ:3/0

Amazonで詳細を見る

2本のチラシ針が特徴的なアシストフックです。
細軸ながらも貫通力と強度を持っており、ヘッドシェイクなどによりバラしを軽減してくれます。

クエ釣りの仕掛けで大物を釣りあげよう!

記事967の画像76333

出典:foter

今回は超高級魚であるクエを釣るために必要な仕掛けについて紹介しました。

クエは最大で2mクラスにまで達する巨大魚で、荒波が立つような岩礁帯や深場となる水深に生息しています。
また仕掛けは船釣り、磯場での投げ釣り、そしてルアー釣りの3種類あります。いずれもクエの強い引きに耐えられるような仕掛けが必要です。

容易に釣れる魚ではありませんが、粘り強くクエのアタリを待てるかが鍵となります。難易度が高い釣りだからこそ、クエが釣れた時の感動は大きいでしょう。

ぜひそんな、夢溢れる釣りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連記事