FishMasterのロゴ

garaxypolice29

荒磯の王者!ヒラスズキにおすすめなリールを徹底解説します!

日本に生息する固有種のスズキの中で、その風貌や生息環境から荒磯の王者の異名を持つヒラスズキ。
過酷な環境での釣りということもありタフなリールが求められます。今回はそんなヒラスズキゲームに是非おすすめしたいリールを徹底解説していきます!

ヒラスズキゲームにおすすめなリールの選び方!

記事987の画像59263

出典:visualhunt

ヒラスズキに使用するリールタイプについて

ヒラスズキゲームでは主にスピニングリールを使用しますが最近ではベイトリールを使用する方も徐々に増えてきています。ベイトリールを使うメリットももちろんあるのですがヒラスズキをこれから始めたい!という方にはおすすめできません。というのもベイトリールはスピニングリールに比べ、バックラッシュなどのライントラブルが多くなります。ライントラブルが多くなる=魚と出会うチャンスが減ってしまう。ですので今回はスピニングリールのみを紹介していきます。

ヒラスズキゲームにおすすめなスピニングリールの番手はこれだ!

ヒラスズキゲームにおすすめなスピニングリールの番手についてですが目安としてPE1.5号が150m以上巻けるラインキャパのあるリールを選ぶことをおすすめします。
シマノのリールは4000番、ダイワのリールはLT4000番~LT5000番クラスがベストと言えますのでその中から選ぶと良いでしょう。

ヒラスズキゲームで重要なのはリールのタフさだ!

ヒラスズキは基本的に根の荒い場所に好んで生息しており、海が荒れている時に良く釣れると言われています。つまずいて根にリールをぶつけてしまったり、波しぶきを被ってしまったりといったことは多々あります。ですのでそんな環境の中で重要になってくるのがリールのタフさです。ヤワなリールを使っていると塩がみしてしまったり少しぶつけただけで破損してしまったりして替えのリールを取りに戻ってる間に時合いを逃してしまうこともあります。ですのでヒラスズキを釣る上でリールの堅牢さは必須とも言える重要なファクターとなります。

ヒラスズキゲームに使うリールのラインは?

デュエル ハードコア スーパーX8 200m 5色マーキング

長さ:200m
太さ:1.5号

Amazonで詳細を見る

ヒラスズキゲームに使用するラインについてですがヒラスズキは根の荒いポイントに多く、時には強引なファイトが求められます。また、青物がヒットすることも少なくありません。そんな時、1号だと心もとなく2号だと強度は十分だが飛距離が犠牲になってしまう。そんな際に強度、飛距離共にある程度補えるのが1.5号のラインになります。ですので最初は1.5号を巻いておいて良く行くフィールドの地形や魚のサイズに合ったものをよく行くフィールドに何度か通い、自分なりにチョイスしていくと良いでしょう。

ヒラスズキゲームにおすすめできるリールの紹介

記事987の画像59271

出典:visualhunt

さて、ここまでヒラスズキに使用するリールのポイントや重要性について解説してきましたがここからは著者がヒラスズキゲームにおすすめできるリールを前記した内容を踏まえた上で紹介していきたいと思います。

コスパ重視!ヒラスズキ入門リールはこれだ!

記事987の画像60226

出典:visual hunt

ここからは入門者の方にオススメのリールについて紹介していきます。最初の一台で高いリールを磯に持って行くのは不安な方やとりあえずお試し程度にヒラスズキゲームをやってみたい方にもオススメのリールを紹介していきます。価格としては実売価格数千円〜1万円台のものになります。入門レベルとはいえ最近の低価格帯のリールの進化には目を見張るものがあります。
ぜひ参考にしていただけたらと思います。

コストパフォーマンス抜群の入門機はこれだ!

DAIWAレブロスはエントリーモデルになります。
低価格帯とは思えない性能を秘めています。
特出すべきはシルキーな巻き心地です。ミドルレンジのリールに迫るその巻き心地は釣り経験者の方も唸るような仕上がりになっています。
PE巻糸量は1.5号-200を確保しており最大ドラグ力が12kg。ラインの巻き取り量一回転あたり95cmとなっており、ヒラスズキはもちろんのこと不意の青物にも対応できるスペックになっています。
またヒラスズキに使うリールの重要な要素であるタフさですが高強度エアローターを採用、高精度マシンカットによる強度に定評のあるデジギヤを搭載しており抜け目がありません。また、防水面でも安心してお使いいただけます。
ヒラスズキゲームの最初の一台に自信を持ってオススメできるリールです。

ダイワ レブロス LT4000-CH

ギア比:5.6
1回転巻取り長(cm):89
標準自重(g):255
最大ドラグ力(kg):12.0
標準糸巻量(ナイロン lb-m):10-190/12-150/14-130
標準糸巻量(ブレイド 号-m):1.2-310/1.5-200/2.0-170

Amazonで詳細を見る

初心者のみならず中級者のセカンドリールにもオススメ!

SHIMANOサハラは2017年にブラッシュアップされたエントリーモデルになります。
特出すべきはシマノ独自のギア機構であるX-SHIPが搭載されているということです。X-SHIPとはドライブギアを大径化し、ピニオンギアを2つのベアリングによってサポートすることによって負荷に強くて軽快な巻き心地が得られる機構になります。
もうひとつはシマノ独自のテクノロジーであるHAGANEギアの搭載です。HAGANEギアは金属の塊を200tの圧力でプレスし、精密冷間鍛造を施したものです。この技術により粘り強く剛性に優れたギアとなっています。
また、耐久性に優れた大径ドラグが搭載されているのでこれにより操作性がより高くなりヒラスズキとのファイト中も速やかかつ細かなドラグ調整が可能になっています。
PEラインの糸巻き量は十分なキャパシティを備えており、ドラグは実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):6.0/11.0
最大巻上長は一回転あたり99cmとなっています。
このように17サハラはエントリーモデルながら十分すぎる性能が織り込まれています。

シマノ サハラ 4000XG

ギア比:6.2
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):6.0/11.0
自重(g):295
ナイロン糸巻量(号-m)/フロロ糸巻量(号-m)/PE糸巻量(号-m):3.5-170、4-150、5-125/3-190、4-145、5-115/1-500、1.5-320、2-210
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):99

Amazonで詳細を見る

一つ上のステージへ。中級者用ヒラスズキリールはこれだ!

記事987の画像60231

出典:visual hunt

ここからはヒラスズキにオススメしたい中価格帯のスピニングリールを紹介していきます。
実売価格は2万円台〜3万円台になります。近年のミドルレンジモデルはフラッグシップに迫る性能を秘めています。この紹介で自分に見合ったリールが見つかれば幸いです。

質実剛健な中価格帯リールのイチオシ!

ダイワのブラストLTは2018年に発売されたモデルになります。
そして驚くことにこのブラスト中価格帯でありながらフラッグシップモデルのソルティガに採用されているテクノロジーがふんだんに盛り込まれているのです!
回転性能を長期間持続させるダイワ独自の「マグシールド」をはじめ、剛性・耐久性に定評のあるエアローター、スーパーメタルボディが搭載されています。
そしてこのブラストの1番のオススメがATD(オートマチックドラグシステム)になります。このシステムにより従来のドラグよりもスムーズな滑り出しが可能になりランカーサイズのヒラスズキはもちろんのこと予期せぬ青物にも対応ができます。また、ドラグ設定値のパワー変化が少ないのも特徴で従来のドラグはドラグを引き出す長時間のファイトを繰り返し行った場合、ドラグ力の低下が起こっていましたがダイワ独自のワッシャー構成と幾たびのトライアンドエラーによって最小限に抑えられています。

ブラストの糸巻き量はPE1.5号が200m。最大ドラグ値は12kg。巻き取り長が99cmとなっています。
エントリーモデルを使い倒して次のステージへ上がりたい方にオススメできるリールです。

ダイワ ブラスト LT4000-CXH

巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):99
ギア比:6.2
自重(g):270
最大ドラグ力(kg):12
標準巻糸量 PE(号-m):1.5-200、2-170

Amazonで詳細を見る

シマノテクノロジーを惜しげなく搭載したオススメ中価格帯リール!

SHIMANOストラディックSWはその洗練されたデザインと滑らかな巻き心地で人気のリールになります。そして高性能ながら手の出しやすい価格設定となっています。
インフィニティドライブの搭載で巻上げのパワーが向上し、主導権を離しません。
Xプロテクトの搭載で防水面も心配なしです。

シマノ ストラディックSW 4000HG

ギア比:5.8
実用ドラグ力(kg):6.0 / 最大ドラグ力(kg):11.0
自重(g):300
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):95
糸巻量:ナイロン(lb-m) 3.5-170、4-150、5-125 / PE(号-m) 1-490、1.5-320、2-240

Amazonで詳細を見る

ヒラスズキ最高峰リール!高価格帯モデルの紹介!

記事987の画像60229

出典:visual hunt

ここまでエントリーモデル、ミドルレンジモデルと紹介してきましたがいよいよフラッグシップモデルの紹介です。
価格帯は実売価格3万円台後半~と安くはありませんが何年も使用できる事を考えれば高い買い物ではありません。
高価格帯となれば各社の顔とも言えるリールとなりますので各々が社の威信をかけ、最先端のテクノロジーを駆使して開発したリールになります。
釣りを極めたい!釣りという趣味を一生楽しみたいという方に自信をもって紹介できる製品ですので是非ご覧下さい。

軽くて強い!ソルトゲームにはコレ!

軽快な使い心地が魅力のMGLシリーズの最強モデルがこのツインパワーXD。
マイクロモジュールギアⅡとサイレントドライブを搭載し、巻き心地の軽快さも安定感も抜群!
また、ロングストロークスプールの採用で飛距離の向上も狙えます。
ドラグは大物とのやり取りを想定し、耐久性が高いカーボンドラグワッシャーが採用。
そして、スプールリングにはこれまで次に紹介するステラSWにしか搭載されていないバリアコートスプールリングを採用されていてタフさに磨きがかかっています。

軽快でタフなリールなので、ヒラスズキ狙いにはピッタリです!

シマノ ツインパワーXD 4000XG

ギア比:6.2
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):101
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):6.0/11.0
自重(g):245
ナイロン糸巻量(号-m):3.5-170、4-150、5-125 / フロロ糸巻量(号-m):3-190、4-145、5-115 / PE糸巻量(号-m):1-490、1.5-320、2-240

Amazonで詳細を見る

数あるリールの最高峰!スピニングリールの完成形!

いよいよフラッグシップモデルであるキングオブスピニングリールSHIMANOステラSWの紹介です。
巻き心地、剛性、キャストフィーリング、防水性能、デザインと全てを兼ね備えたリールです。
特に注目したいのが巻き上げ力で、根の荒い環境に生息するヒラスズキを強引に寄せなければ獲れない状況でとても大きなアドバンテージとなります。
ステラの糸巻き量はPE1.5号320m。
ドラグは実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):7.0/11.0。
巻き取り長は一回転あたり101cmとなっています。
価格は安くはありませんが何かを犠牲にすることなく全ての性能を高次元で体感できるのがステラです。
何年もの間第一線で使えることを考えれば決して高い買い物ではありません。

シマノ ステラSW 4000XG

ギア比:6.2
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):7 / 11
自重(g):355
ナイロン糸巻量(lb-m):3.5-170、4-150、5-125
PE糸巻量(号-m):1-490、1.5-320、2-240
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):101

Amazonで詳細を見る

世界に誇るダイワの高剛性モデル!

ヒラスズキでダイワのリールを使うならこれ!
ダイワのセルテートは言わずもがな剛性に優れたユーザー評価も高いリールです。

全モデルまでは剛性があるゆえに、やや重たいという印象もありましたが、今作はLTコンセプトとして生まれ変わり、高い剛性はそのままに軽さも手に入れています。
巻上げのトルクや剛性感、操作性はかなりユーザー評価が高いです。

ダイワ セルテート LT5000D-CXH

巻取り長さ(cm/ハンドル1回転): 105
ギア比: 6.2
自重(g): 250
最大ドラグ力(kg): 12
標準巻糸量:ナイロン(lb-m) 20-170/ PE(号-m) 2.5-300

Amazonで詳細を見る

信頼できるお気に入りリールでヒラスズキを釣りに行こう!

記事987の画像60272

出典:visual hunt

さて、ヒラスズキのリールについて解説・紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?
ヒラスズキゲームに適したリールはPE1.5号を150m以上巻ける物。
波しぶきを被るような環境で釣りをする為防水性能・耐久性に優れている物。
これらを備えたリール選びが重要です。
自分のお気に入りのリールが見つかったら早速ヒラスズキを釣りに行きましょう!
あのヒラスズキの金属的なバイトを1度味わってしまうと病みつきになる事間違いなしです!
この記事を参考にしていただき、信頼できるリールを見つけていただけたらと思います。

関連記事