FishMasterのロゴ

garaxypolice29

海の王者GT!!正しいリールの選び方を徹底解説します!!

釣り人であれば一度は夢見るであろうGTフィッシング。その暴力的な引きとトップウォータープラグに襲いかかる姿は魚類の域を超え、ハンティングとも呼べるほどの釣りになります。今回はそんなGTと対峙するためのおすすめのリールを紹介していきます。

そもそもGTってどんな魚?

記事997の画像111078

出典: visual hunt

GT(ジャイアントトレバリー)とはインド太平洋の熱帯・亜熱帯海域に分布する魚で、全長180cm、体重80kgにもなる大型肉食魚です。
日本では沖縄などの南日本でも釣ることができます。
関東地方でも沿岸まで若魚が寄ってきますが、冬の寒さに耐えきれず死滅してしまうため大きいサイズのGTを見ることはできません。
食性は主に小魚、甲殻類、頭足類になりますが鳥類を捕食することもあります。
また、GTは釣りのターゲットとして人気でその暴力的なパワーとど迫力のバイトから多くのアングラー達を魅了しています。
仕様するルアーは主にポッパーやダイビングペンシルなどのトップウォータープラグを使用します。

GTを仕留めるためのリール選び

記事997の画像112590

出典:visual hunt

GTを釣るためのリール選びですが、GTの引きは油断すると成人男性でも海に引きずり落とされるほどのパワーがあります。これは決して大袈裟ではありません。

そのため、GTフィッシングで使用するリールは必然的に剛性の高いものを選ばなければなりません。
ラインも高強度の太いラインが必要になるため太いPEラインを多く巻けるものをチョイスするようにしましょう。

また、リールのドラグ性能も重要です。40kg〜50kgのGTともなればドラグフルロックで対峙することはほぼ不可能ですのでGTの強烈な引きに対してスムーズにラインが出ていく、高性能なドラグシステムを搭載したリールが必要です。
安くてあまりメジャーでないリールだと表記されている最大ドラグ値を大きく下回り、GTの走りを止められないといったこともありますので注意しましょう。

GTに使用するリールはスピニングがおすすめ!

記事997の画像111099

出典:visual hunt

GTフィッシングに使用されるリールのそのほとんどがスピニングリールになります。ベイトリールのようにサミングの必要がなく、フリーにラインが放出される構造のため飛距離に優れています。石垣島などの浅いリーフエリアではGTのいるブレイク(急に水深が深くなっている場所)まで遠投が必要になるため、スピニングリールの飛距離は大きなアドバンテージになります。

また、ドラグ性能もスピニングリールの方が勝ります。魚の引きに対してドラグの反応が早く、ベイトリールと比べラインの出もスムーズです。

一方、ベイトリールですがGTフィッシングにおいて1番のネックとなるのがレベルワインダーの存在です。基本的にベイトリールのレベルワインダーはプラスティックでできているため、GTの強烈な引きに耐えきれずに壊れてしまう場合があります。
GTアングラーの中には海外製のレベルワインダーが付いていないものを使って大物を釣り上げている方もいますが初心者にはハードルが高くおすすめできません。
初めてGTフィッシングに挑戦するかたはスピニングリールを選ぶようにしましょう。

GTフィッシングのリールは大きめなものを選ぼう!

GTフィッシングに必要なリールの大きさについてですが、シマノでいえば10000〜14000番クラスのもの、ダイワでしたら5000〜6500番クラスのものを選ぶようにしましょう。
これより小さいサイズを選んでしまうとGTフィッシングで必要な太いPEラインを巻くことができない場合がありますので、上記のクラスで最低でもPE6が200m巻けるものを選ぶようにしましょう。また、ドラグパワーも落ちるのでGTの強烈な引きを止めることができずに、余計な時間がかかってしまいバラしに繋がります。

GTフィッシングのリールはドラグ性能と剛性が重要!

パワーのあるGTを釣り上げるには高性能なドラグ性能と高い剛性が要求されます。
ドラグは高負荷をかけているにもかかわらずラインが滑り出てしまうようなリールですとGTをキャッチすることは難しいでしょう。

特にシャローエリアでのショアの釣りではリーフや沈み根に擦れてラインブレイクしてしまう前に短期決戦で勝負を仕掛ける場合が多いので、できればドラグチェッカーを用いてリールの最大ドラグ値が正常か確かめておくと安心です。

リールの剛性についてはフルメタルボディーもしくは高強度アルミボディー、高強度ギアを搭載しているものがおすすめです。
マグネシウムなどを使っているボディーですとメタルボディーに比べ硬度が低いため歪みが生じやすくなります。その歪みによってリールが破損してしまう恐れがあります。

GTに使うラインは最低でもPE6号以上を巻こう!

GTフィッシングに使用するラインについてですが最低でもPE6号を200m以上巻く事をおすすめします。
GTの引きに耐えるためにPE6号以上を巻くことはもちろんなのですが、GTフィッシングで使うルアーは50〜250gまでの重量のあるルアーを使用することが多いです。

細いラインですとキャスト時の高切れが起こる可能性があるため最低6号を巻くようにしましょう。
リーダーですがPE6号の場合ナイロンショックリーダーの130ポンド、PE8号の場合でしたら140ポンドをセットすると良いでしょう。

GTの走りをガッチリ止める!

極限のテストを繰り返して出来上がった究極のGT専用ラインです。
比較的張りのある作りで、トップウォータープラグの操作性は抜群です。

バリバス アバニGT スーパーマックスパワー 600m 8本 ステルスグレー

号数:10号
全長:600m
強度:150lb
8本編み
カラー:ステルスグレーベースのマーキングライン

Amazonで詳細を見る

実際にGTフィッシングにおすすめできるリール4選!

記事997の画像111109

出典:visual hunt

ここからはGTフィッシングに必要なスペックを持ったリールをいくつか紹介していきますので是非参考にしてください。

シマノの超実戦型リール!

ツインパワーはシマノの上位モデルリールになります。
最上位モデルであるステラSWにも採用されている最先端テクノロジーが随所に散りばめられています。
全体的にバランスの良い仕上がりになっておりGTフィッシングの入門機におすすめできる1台です。

シマノ ツインパワーSW 14000XG

ギア比:6.2
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):134
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):14.0/25.0
自重(g):660
ナイロン糸巻量(号-m):10-195、12-155、14-140 / PE糸巻量(号-m):6-300、8-200、10-165

Amazonで詳細を見る

フラッグシップ機に迫るダイワの上位モデル!

2012年モデルのキャタリナから大幅な進化を遂げた2016年モデルで、筆者も愛用させてもらっているリールです。

ボディーにはこの価格帯ながらスーパーメタルボディが採用されており、持っただけで剛性感が伝わってきます。
ギアにはジュラルミンの1.6倍の強度を誇るハイパーデジギアが組み込まれており、シルキーな巻き心地と強力な巻き上げ力を両立しています。

ドラグには設定値のパワー変化が少ないATDドラグシステムが採用されています。10kgのヒラマサを釣った際にもスムーズに魚を追従してくれ、安心感を持って釣り上げることができました。

また、ラウンドノブにEVA素材が使われているので滑りにくく手にフィットしてくれるのでファイトがしやすいです。
価格以上のポテンシャルを持ったリールで、GTフィッシングにはもってこいの1台です。

ダイワ(Daiwa)スピニングリール16キャタリナ6500H

GTフィッシングに重要な剛性と高性能なドラグシステムを有したリールです。

Amazonで詳細を見る

GTフィッシングに間違いなしの最終ウェポン!

ビッグゲームを制するためのリールといっても過言ではありません。世界中でも高い評価を受けているシマノの最高峰リールです。
強さ、耐久性、巻き心地、ドラグ性能どれをとっても最高。
巨大なGTと真っ向勝負したいアングラーにおすすめです。

シマノ ステラSW 14000XG

ギア比:6.2
実用ドラグ力(kg):18.0 / 最大ドラグ力(kg):25.0
自重(g):675
ナイロン糸巻量(号-m):10-195、12-155、14-140
PE糸巻量(号-m):6-300、8-200、10-165
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):134

Amazonで詳細を見る

ダイワのテクノロジーを集約した最高峰リール!

過酷なビックゲームでこそ真価を発揮するダイワのフラッグシップモデルです。タフなリールが求められるGT釣りにおいてまさにうってつけの1台になります。ギアにはデジギアを上回る耐久性を持つ大径の「ハイパーデジギア」が組み込まれており、高い剛性と巻き上げ力を持っています。

また、ダイワが誇るオンリーワンテクノロジー「マグシールド」がメインシャフト、そしてハンドル軸、ラインローラー部に設けられており海水の侵入を完全にシャットアウトすることに成功しています。これは波しぶきを受けることの多いGTフィッシングにおいて大きなアドバンテージになります。

ドラグにはダイワ独自の「ATD」ドラグが搭載されており、ビックゲームの弱点であるドラグ力の低下を軽減することに成功しています。
過酷なGTフィッシングにおいて頼れる相棒となってくれるリールです。

ダイワ ソルティガ 18000-P

巻取り長さ(cm/ハンドル1回転): 101
ギア比: 4.5
自重(g): 875
最大ドラグ力(kg): 30
標準巻糸量 PE(号-m): 6-400、8-300

Amazonで詳細を見る

しっかりしたリールを選んでGT釣りを楽しもう!

記事997の画像111081

出典:visual hunt

ここまでGTフィッシングのリールの選び方とおすすめリールについて解説してきましたがいかがでしたか?
GTは数ある魚種の中でも上位に入るくらいパワーのある魚になりますので、生半可なリールではGTを手にすることは難しいです。

そのためリール選びは慎重に行うようにしましょう。
今回紹介させていただいた4機種はどれもGTとファイトするために必要な性能を持っていますのでフィールドのアベレージサイズや価格面を吟味して選ぶと良いでしょう。

関連記事